2010年09月01日

泥試合の党首選

テレビのニュースは、民主党の代表戦の事ばかりです。
見ていてウンザリしますね。
どっちが総理でも、何も期待できない感じがします。
菅総理は、鳩山前総理大臣から総理を引き継いでも、何も成果もあげられないまま、全く存在感がありません。
一方の小沢前幹事長は、僅か3ヶ月前に責任を取って幹事長を辞めたのに、今度は総理になるおつもりですか?
ふざけるのもいい加減にしてはいかがかと思う。

会社で言えば、会社運営で失敗した社長と専務がいて、責任を取って専務を辞めたハズの人が、今度は「私が社長をやります」と手を挙げているようなものです。
一般社会で言えば本当に笑い者です。
小沢は総理大臣になれば、検察審査会の手から逃れられると考えているのでしょうね。
でも、国会では野党から質問攻めになるのは必至です。
今まで国会での答弁を逃げまくっていましたが、総理になれば逃げる事はできません。

一方で、代表戦で敗れた場合はどうなるでしょう?
一気に求心力は堕ちて、民主党を割って出る可能性は高いです。
その時に何人の人が付いていくかがカギですね。
どっちにしても小沢は、かなり厳しい状況だと思います。
必至で平常を装っていますが、内心はかなり追い込まれているのではないでしょうか?
行くも地獄、退くも地獄なのかも知れません。
まぁ、本人が蒔いた種ですからね。

それにしても、マスコミは全く批判しないのですね。
たった3ヶ月前に責任を取って辞めた幹事長が、今度は総理大臣を目指そうとしているのに。
これが自民党だったら、もうバンバン叩いているのでしょうね。
本当にマスコミの報道は偏っていて、完全に民主党擁護の報道です。
だから尚更見ていてウンザリするのです。

衆議院解散総選挙から、ちょうど1年が過ぎました。
民主党政権が誕生してから、1年近く、いったいどのような成果があったでしょうか?
評価出来る点があれば教えてほしいくらいです。
景気対策は全く進まないまま、ますます日本の景気は悪くなりそうです。
円高も放置、株価の下落も対策無し。
ムダの削減と言うのなら、何も対策が出来ない民主党政権が一番のムダだと思います。

日本の政治は堕ちるところまで落ち、今泥沼の中にいる気がしています。
これから民主党代表戦で、泥試合が行われ、まさしく足の引っ張り合い、相手の不正の暴露合戦が始まるのかも知れません。
どちらも勝つためには手段は選ばないでしょう。
「国民の生活が第一」などと言いながら、第一なのは自分の事のようですね。

どっちが勝っても、民主党に大きな負の遺産を残すことになるでしょう。
堕ちる所まで落ちたら、次は上がっていかなくてはなりません。
史上最低の政権次代から、少しずつまともな政権に向けて、私たち国民がしっかりしないといけないと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと