2010年07月12日

なんで続投?

参議院選挙が終り、結果は各社予測よりもさらに悪い、民主党44議席でした。
自民党は51議席、みんなの党が大躍進で10議席となりました。
それでも、政権交代後の民主党政権運営の状態を見ていたら、44議席でもまだまだ多いと私は思います。
比例で民主党に入れた人が結構いるようで、まだまだ民主党に期待している人がいると言う結果なんですね。

民主党に期待している人って、一体何を期待しているのでしょう?
言った事は何も守らない、それどころかマニフェストに書いてない闇法案と言われいている三法案を通そうとする。
「外国人地方参政権」「選択別夫婦別姓」「人権擁護法案」この三つは、日本解体法案と言われています。
民主党に期待している人って、この闇法案の事、全く知らないのでしょうね。
知っていても、この法案が可決されたら、日本が日本で無くなる事を解らないのでしょう。

この闇法案を特に押し進めていたのが、今回の選挙で落選した、千葉景子法務大臣です。
何でこんな法案ばかりを通そうとするのか、全くもって理解に苦しみます。
それ故に、今回千葉法務大臣が落選した事で、この法案に反対する多くの人が喜んでいます。
本来、落選した人の事を喜ぶべきではありませんが、この人は残念ながら多くの人が喜んでいます。
それだけこの闇法案に必死になっていた人だったと言う事です。

ところが、喜んだ多くの人が仰天する事がおきました。
何と、仙谷官房長官が「千葉法務大臣続投」の方針を表明したのです。
これには私も思わず開いた口が塞がりませんでした。
だって、民意で落選したんでしょう?
そんな人が何で大臣を続けるの?
何のための選挙だったの?

民主党にとっては、「民意」という言葉は、自分たちの都合でどうにでもなるようです。
今回の惨敗は明らかに、民主党政権に対して国民がNOを叩き付けたのです。
それでも、菅総理も枝野幹事長も、誰も責任は取りません。
揚げ句の果てに、落選した大臣をそのまま大臣として続投させるなんて。
完全に国民をバカにしている証拠です。

仙谷官房長官は、選挙前にも以下のような発言をしています。【産経Webより抜粋】

7日の記者会見で、1965(昭和40)年締結の日韓基本条約で韓国政府が日本の植民地をめぐる個人補償の請求権を放棄したことについて「法律的に正当性があると言って、それだけで物事は済むのか。(日韓関係の)改善方向に向けて政治的な方針を作り、判断をしなければいけないという案件もあるのではないかという話もある」と述べ、政府として新たに個人補償を検討していく考えを示した。

何で終った事をわざわざ蒸し返す必要があるのでしょうか?
しかも、自国を貶めるような発言をするのか?
こんな人が日本の政権の中枢にいる事が信じられません。
そして今回の千葉法務大臣続投発言です。
なぜ、マスコミはもっとこの事を大きく報道しないのでしょう?
自民党政権時に同様の事していたら、もう完全にノックアウトされるくらいに打ちのめされています。

どこまでも日本国民をバカにしている民主党政権。
そして、それをフォローするマスコミ。
それに騙され続ける日本国民。
こんな事で日本が持つわけがない。

このつぶやきを見ている人は、もう民主党のおかしさ、そしてマスコミの異常さに気付いている方だと思います。
しかし、悲しい現実として、まだまだテレビだけの情報で生きている人が大半です。
これだけ民主党がおかしな事をしても、それでもなお民主党に期待するのです。
9月の民主党代表戦に向けて、いろいろと動きが出てきます。
流れによっては解散総選挙もあり得ます。

本当に日本国民のために政治をしてくれる政治家。
日本国を護るための政権を担う政党を、私たちは指示していかなくてはいけません。
これ以上バカにされてなるものか。
まずは首相官邸に抗議のメールを行いましょう。

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | 私の思うこと