2010年06月30日

感動した試合でした

感動しました。素晴らしかったです。
昨夜のワールドカップ日本vsパラグアイ、リアルタイムで観戦した人も多いのではないでしょうか。
私も23時からテレビの前に座り込んで、ずっと観戦していました。
正直、延長そしてPKまで行くとは思いませんでした。
「もしかしたら勝てるかも」くらいの期待度しか無かったのです。

試合の状況からしても、大量得点を取られてもおかしくないくらい、本当に何度も何度も攻められました。
しかし、その度にDFがしっかり守り、キーパーがしっかり守り、本当に守備は完ぺきに近い状態だったと思います。

日本も本当に惜しいゴールや、ゴール前でのボールが何度かありました。
しかし、結果は引き分けで延長線へ。
15分・15分の延長も決着がつかず、最終的にPK戦となりました。
しかし、これまでの鉄壁の守護神川島選手がいるので、絶対に勝てると信じて見ていました。

でも、駒野選手の順番になった時、アップで映った駒野選手の横顔を見た瞬間、嫌な予感がしました。
何でしょう。本当に直感と言っていいと思います。
「あっなんかヤバイ!」そんな気がした瞬間、外していました。
私は日頃はサッカーは詳しくない、ワールドカップの時だけ盛り上がる、そんな人間です。
だから、正直、駒野選手がどんな選手なのか、全く知らない。
しかし、直感が当たってしまった。

その後は、「何とかゴールを止めてくれ!」と願いましたが、願いも届かずベスト8進出の夢は破れてしまいました。
試合が終った後も、何故かテレビを消す気になれなくて、ボーッと見ていました。
泣き崩れる駒野選手を、一人ひとりが慰め、抱きしめ肩を組んで歩いてくれる。
皆、目に涙を浮かべながら、本当に本当に精一杯戦ったけど、敗れてしまった悔しさを噛みしめているようでした。

今回のチームは、本当に前評判が悪くて、ワールドカップ直前まで、親善試合で負けが続いていました。
でも、いざワールドカップが始まってみると、素晴らしい団結力で、本当に素晴らしいゲーム内容をしてくれました。

今回のチームは、本当に全員が一致団結したチームだったようです。
皆がチームの事を考えて、行動し頑張っていた、そんなチームだったようです。
その現れとして、試合前の国歌斉唱の時に、これまでは一人ひとり立って国歌斉唱していましたが、全員で肩を組んで国歌斉唱をしていました。
そしてPK戦の時も、全員で肩を組み、一致団結している姿を見せてくれました。

PKを外してしまった駒野選手は、本当に悔やんでも悔やみ切れないでしょう。
でも、選手も監督も、そしてサポーターも、多くの日本国民も、誰も攻めないと思います。
むしろ「感動をありがとう」と言う気持ちの人が多いと思います。

技術面ではまだまだ、世界の強豪には太刀打ち出来ない、日本のサッカー。
しかし、それを団結力と諦めない精神力でカバーして、ここまで勝ち進んできたのが、今回の日本代表だと思います。
まさしく「サムライブルー」の名にふさわしいチームだったのではないでしょうか。

私は今回の日本代表チームに、本当の日本人の姿を見た気がします。
全員で同じ目標に向かって、しっかりと和を作って団結しました。
「下手くそなりの試合を」という謙虚さ。
そして「皆のためにチームのために」という個人を重視しない気持ち。
失敗しても攻める訳でなく、それを全員でカバーして助け合う精神。
日本人の強さここにあり。と言った気持ちです。

今回は惜しくもベスト8に入れませんでしたが、本当に日本のサッカー史に残るチームだったと思います。
次の大会に向けて、今回の戦いは本当に自信になったと思うし、次に繋がる大会だったと思います。
本当に感動しました。
ありがとう日本代表。ありがとう岡田監督。
そして本当にお疲れ様でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記