2010年06月24日

事実のねじ曲げ方

いよいよ選挙戦がスタートしました。
本当は選挙なんかやっていないで、宮崎の口蹄疫を撲滅して、しっかりと対策を行ってから選挙をして欲しかった。
この大変な時期に、選挙をするだけのエネルギーが、宮崎にあるのだろうか?
宮崎県の方々は、どのように感じているのでしょうか?
「選挙なんかやってる場合じゃね〜よ!!」と言いたいのではないでしょうか?

それでも選挙戦に突入した以上、選挙がスタートしたわけで、各地で街宣活動が活発化されています。
そんな中、前代未聞のトラブルがあったようです。
それは、たちあがれ日本と民主党との間で起きました。

すでに産経Webでも紹介され、mixiニュースにも上がっていたので、ご存知の方も多いかも知れません。
しかし、産経Webとmixiニュース(読売)では記事の書き方が違います。

---産経Web引用---------
タイトル:【参院選公示】石原都知事が激怒、演説中の「白真勲コール」に「日本人ならルールを守れ!!

「日本人ならルールを守れ!!」
 都内で行われたたちあがれ日本の参院選第一声の際、“応援団長”として演説をしていた石原慎太郎・東京都知事が激怒する場面があった。演説中に近くで民主党比例代表候補の白真勲氏に対する「白真勲コール」を聞かされたためだ。
 新宿駅西口の小田急百貨店前で24日午前11時すぎ、たちあがれが演説を開始した。ところが、与謝野馨共同代表の演説中に、100メートルも離れていない京王百貨店前に白真勲氏の宣伝カーが止まり、鈴木寛文部科学副大臣らが演説を始めた。
 与謝野氏は演説を終えると、すぐさま白氏の宣伝カーに直行、「公党間の約束で決めた場所に勝手に入ってくるな」と白陣営に抗議した。鈴木氏らは一時演説を中断させたが「公道でやるのだから自由だ」と拒否し、結局演説を強行した。
 与謝野氏はその後、怒りを抑えきれないまま、記者団らに「政治生活でこんな選挙妨害をされたのは初めてだ。これこそ民主党の姿だ」。
 小田急百貨店前では共産党、たちあがれ、公明党の順で街頭演説をすることになっていた。
--<引用終り>-------------

----mixiの読売引用-------
タイトル:石原知事「うるせーよ!」、民主候補とバトル

たちあがれ日本が24日、東京・新宿のJR新宿駅前で行った参院選の街頭演説会の最中、近くで民主党候補が演説し、“一触即発”となる場面があった。

 民主党候補が演説会場から数十メートル離れた場所で演説を開始。たちあがれ日本の応援団長を務める石原慎太郎東京都知事が、民主党内に積極論のある永住外国人への地方選挙権付与を「とんでもない」と批判していると、民主候補が候補者名などを絶叫調で連呼。石原氏は「おい、うるせーよ! どこの人間なんだ」と怒りをぶちまけた。

 同候補の陣営は「俺の島だからどけ、というのは、天下の公道では言えない」と反論、火花を散らした。
--<引用終り>-------------

どうですか?同じ記事でもこうも違います。
まず、mixiの方には「白真勲」の名前が出てきません。
そしてタイトルだけ見たら、まるで石原都知事が難癖つけているように感じます。
こうやって印象操作をやるのですね。
さらに詳しく書いている記事があります。
それは「やまと新聞」。
口蹄疫の問題に号外を出して、ボランティアで配布を行った、真実を伝える唯一の新聞と言っても過言ではありません。

やまと新聞ホームページ

----やまと新聞引用-------

新宿西口ロータリー
マイクを通して石原都知事の声が響く「うるさい!日本人ならルールを守れ!選挙にもルールがあるんだ!」

新宿西口ロータリーでは午前11時過ぎからたちあがれ日本が演説を開始。与謝野肇共同代表が演説を始めたその時、前代未聞の光景が広がった。わずか100メートルのところに民主党白真勳候補の宣伝カーがやってきて鈴木寛文部科学副大臣らが突然演説を始めたからだ。 この日はたちあがれ日本、共産党、公明党がこの場所で演説をする事になっており、民主党の予定は入っていなかったのだから、たちあがれ日本側からすれば怒りも当然だ。
演説を終えた与謝野氏はすぐに白真勳候補の宣伝カーに向かい抗議をしたが白陣営は「公道なのだから自由だ」と抗議を拒否し演説を続けた。その演説も聴衆がまるでサッカーの応援のような一体感で拍手やかけ声をするもので、石原都知事がたちあがれの応援演説を始めた時も、ものすごい拍手に都知事の声がかき消される状況だった。
双方の支援者が集まる新宿西口ロータリーは騒然とし「怖かった」「こういうことはやめてほしい」と聴衆からも声が上がった。公道を使う宣伝活動は一歩間違えば大きなトラブルになる。それをさけるために事前に「公党間で話し合って決めた」(与謝野氏)としているのに、市民の安全を考えず、自分勝手に宣伝活動をするのは誤りであり、危険な行為である。
従来、選挙期間中に選挙カーがすれ違う際はエール交換をし、街頭演説をしている候補者の前を選挙カーが通る際は、車側がボリュームを落とすなど敵対候補に対しても敬意をはらうのがマナーとされている。
与謝野氏は記者団に「政治生活でこんな選挙妨害をされたのは初めてだ。これこそ民主党の姿だ」と述べた。

--<引用終り>-------------

何故mixiの読売では「白真勳」の名前を出していないのでしょう?
石原都知事の名前は出しているのに、アンフェアだと思いませんか?
そして事の経緯を曖昧にして記事にしています。
mixiの記事だけ読むと、まるで民主党の演説に石原都知事が暴言を吐いたような印象を受けます。
しかし、元々各党で決めたところに、勝手に入ってきた民主党白真勳議員がおかしいのです。
それなのに、民主党がルールを守っていない事も、白真勳の名前も出さない。
全く以てアンフェアです。これが今の日本のマスコミの正体なのです。

もし、マスコミが石原都知事やたちあがれ日本を、煙たい存在だと思っていたら、テレビで扱う場合もmixi読売記事のような扱いになるでしょう。
「石原都知事が暴言」というような扱いだと思います。
そして映像があれば、石原都知事が抗議をしているところだけを流すでしょう。
こうやって事実はねじ曲げられ、捏造された情報が国民に届けられるのです。

こんなやり方で政権交代を作り出し、民主党の支持率が下がってきたら、鳩山&小沢を叩いて菅総理に交代し、今度は一気に持ち上げて支持率回復を演出する。
もううんざりです。しかし、それに騙される国民が殆どなんでしょうね。
それに気づいている人間が、少しでも周知していくしかないのでしょう。
マスコミの情報を鵜呑みにするな!!
テレビ・新聞だけでなく、ネットの情報と両方を見比べよ!!
そのことを知らせていかなくてはいけませんね。
なかなか難しいですが、地道に広げましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと