2010年06月20日

勝てませんでした

いつもの日曜よりも早起きした本日。
今日は息子の剣道の試合の日でした。
朝7時半集合だったので、6時前には起床して朝ご飯食べて、7時過ぎには家を出ました。

今日は奈良市内で試合です。
鴻池道場が主催する試合に、息子も副将として出場。
さらに個人戦も出るので、息子も「今日こそは1勝したい」と思っていたようです。

午前中は個人戦、午後は団体戦が行われました。
個人戦に出るのは、息子と同級生の男の子。
どちらも同じ時間帯の出場で、同級生の男の子が終った直後くらいに、息子の試合でした。
4面の試合場があり、同級生の男の子が第一試合場、息子は隣の第三試合場でした。
どちらも撮れるように、二階席に上がって上からビデオを回しました。

同級生の男の子は、残念ながら面を2本決められてしまい敗戦。
息子も面を1本決められて。惜しくも敗戦しました。
しかし、どちらも以前よりも動きも良く、試合内容としてもとても良かったと思います。

午後からの団体戦は、第1試合目でした。
他の選手の保護者と共に、子供達の健闘を見守っていましたが、団体戦も惜しくも敗戦してしまいました。
結果は先鋒が引き分け。
次鋒が2本取られて敗戦。
中堅が2本取って勝利。
続く息子の副将でしたが、2本取られて敗戦。
最後の対象も1本取られて敗戦してしまいました。

力・技の差はそんなに無いと感じました。
先生方も常日ごろ言ってますが、やはり足りないのは気力だと思います。
残念な結果でしたが、先生方も「もう一度気持ちを切り替えて指導をする」とおっしゃって下さったので、私たち保護者も「もっとしごいてあげて下さい」とお願いしました。

何も勝つ事が全てではありませんが、負けた事への悔しさをもっと全面的に出して欲しいですね。
そして勝つ事の喜びを知って、ますます剣道を好きになってくれたらと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記