2010年06月19日

互角の戦いだった

あぁ〜惜しかったですね〜。
ワールドカップ、日本vsオランダ。惜しくも0-1で敗れてしまいました。
しかし、戦いとしてはほぼ互角と言っても過言では無いと思います。
優勝候補の一角でもあるオランダと、互角に渡り合えたのは素晴らしかったと思います。

日本は中村俊輔や玉田等を投入し、最後までオランダゴールを攻めましたが、後一歩のところで敗れてしまいました。
最後のチャンスは惜しかったですね。一瞬入ったかと思ったのですが、ボールが浮いてしまいました。

しかし、今回のワールドカップは、強豪が次々と敗れています。
様々な試合で番狂わせが起きています。
日本のカメルーン撃破もその一つだったと思いますが、他にもフランスやドイツ、スペイン等が敗れる波乱が起きています。

一つはボールが変わった事、そしてもう一つは話題になっている、アフリカの応援ブブゼラの影響もあるかも知れません。
何せ凄い音のようで、試合中ず〜〜〜〜っと、あの音が鳴り響いているんですからね。
テレビで観ていると、大量の蝿か蜂が飛んでいるのか?って思うくらい、ず〜〜〜っと鳴り響いています。
選手間の声も聞えないでしょうし、集中力も切れやすくなるのでしょうね。

番狂わせ続きで、オランダ戦でも勝利したら・・・なんて、期待しないふりをしながら微かに期待していましたが、やはり難しかったですね。
でも、本当にオランダ相手に互角の戦いをしたので、次のデンマーク戦に繋がったと思います。
次は勝利して、決勝戦への切符を手にしたいですね。

頑張れ日本!!本番はこれからです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記