2010年06月14日

ありがとう「はやぶさ」

日本の技術力の高さを証明した瞬間だったのではないでしょうか。
小惑星探査機「はやぶさ」が、約7年間の長旅を終えて、最後は大気圏で燃え尽きました。
しかし、小惑星で採取したと予測されるカプセルは、オーストラリアの砂漠に着地。
無事に回収を終え、中に砂などが入っているか解るのは約2週間後との事。
もし仮に小惑星の砂や石等が入っていれば、とてつもない偉業です。
でも、入っていなかったとしても、苦難を乗り越えて無事地球に帰ってきた事は、日本の宇宙技術の大きな実績です。

途中、様々なトラブルがありながら、一時は完全に通信が途絶えながらも、予定より3年遅れてですが、地球に帰ってきた「はやぶさ」。
最後は燃え尽きてしまう映像に、拍手と共に涙した方も多いのではないでしょうか。
小惑星探査機という機械なんですが、何故か燃え尽きる姿に敬意を表したくなります。

JAXAの担当者が会見で話していましたが、通信が途絶えた2ヶ月間は、本当に苦しかったそうです。
プロジェクトが失敗に終わる可能性も、十分に感じながらも、神頼みをしたそうです。
そしてまさに神がかったように、微弱の電波をキャッチする事が出来、そこから指示を出す事が出来たそうです。

科学技術の最先端の人々が、遠く離れた宇宙空間をさ迷うはやぶさを想い、神に祈る。
科学と神、まるで相反するような言葉ですが、これが一つになるのが日本なんだと思いました。
そしてその神への祈りは通じたのです。はやぶさもその想いに応えたのです。
人と機械が神を通じて心を通わせる事が出来た瞬間だったのかも知れません。

しかし、残念な話もありました。
このプロジェクトをさらに進める「はやぶさ2」を計画していたのですが、民主党のキャンペーンの事業仕分けで、予算が削られ目処が立たなくなったそうです。
そう、あのレンホウ議員の「1位じゃないといけないのでしょうか?2位じゃダメなんでしょうか?」の予算カットです。

もし、はやぶさが通信を絶ったまま、プロジェクトが失敗に終っていたら、事業仕分けで予算を削られたまま、何も変わらなかったかも知れません。
しかし、地球に生還し、最後の地球の姿をカメラにおさめ、それを地上に送信し、カプセルを放出した後、最後に燃え尽きた。
このまるで人間並みのど根性で、事業仕分けの予算カットは大きく批判を浴びる事だと思います。

多くの日本人が、はやぶさの姿に、その偉大な業績に感動し、また夢をもらいました。
そんな夢を打ち砕いた事業仕分けは、再度見直されるべきです。
はやぶさ2を誰もが期待する中で、「予算が無い」では、世界一の技術が宝の持ち腐れです。
何とかしてはやぶさ2の予算を確保したいところです。

はやぶさは、私たち日本人に「夢と希望を持って」と語りかけながら、上空で燃え尽きたのではないでしょうか?
日本人の技術って素晴らしい。こんな素晴らしい日本をダメにしようとする、民主党政権は日本の政権じゃありません。
はやぶさ2の予算確保のために、また運動が必要ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと