2010年06月02日

偽りの辞任劇

大半の予想を覆し、あっさりと辞意を表明してしまいました。
この人には本当に信念と言うものが無いのですね。
何もかも未解決どころか、最悪の状態にしたままで、「責任取って辞めます」って言うのなら、ちゃんと問題解決してから辞めて頂きたい。
まぁ、そんな能力が無い事は、もう国民も解り切っている事ですけどね。

しかしまぁ〜小沢幹事長も一緒に辞任って、一体どこまで信用できるのでしょうか?
私は一瞬、鳩山総理が辞任した後、小沢幹事長が総理になり、その後鳩山幹事長を任命するのかって思いました。
いや、冗談抜きであり得るかも知れませんよ。
1年前にそうやって小沢代表が辞任して鳩山代表になり、鳩山代表が後に小沢幹事長を任命したのですから。

小沢幹事長がすんなりと辞任を認めるわけがありません。
そこには必ず何か仕掛けがあるはずです。
時期総理にも幹事長にも、自分の息のかかった人間を推して来る事でしょう。
そして自分は陰から操り、権力にしがみつこうとしているのだと思います。
おそらく総理には菅直人か原口氏。
幹事長には細野氏あたりが濃厚かも知れません。

参院選に向けて、「新生民主党」のイメージを前面に出し、マスコミもそれに便乗して国民の目を欺こうとするのでしょうね。
ちょうど子ども手当ても始まり、普天間問題や口蹄疫の問題は、全て鳩山総理の辞任で水に流すつもりなのでしょうね。
本当に国民をバカにしています。

自民党時代には、「総理が変わるのなら総選挙」と言い続け、散々自民党を批判していたのに、またまた自分たちもそれ以上の事をしようとしています。
自民党はちゃんと選挙をしましたが、民主党はやらないのでは・・・と見ています。
4日に代表選挙をやるとか言ってますが、今日は2日ですよ。
そしてすでに菅直人が立候補を表明。
完全に流れが出来ているじゃないですか。

鳩山総理の辞任会見を見ましたが、全く胸に響きませんでした。
それどころか聞いている内にイライラしてくる内容でした。
全く責任を感じていないように思えました。
謝罪すべきは国民であるのに、社民党や民主党内に向かって謝罪しているとしか受け取れません。
最後の最後まで無責任総理です。

これでまた、マスコミは民主党擁護を強めるでしょうね。
そして自民党やたちあがれ日本等を叩くでしょう。
その流れで参院選に持ち込みたいのだと思います。

鳩山総理が辞任しても、何も責任を果たした訳ではありません。
次の総理はその責任を引き継いで解決しなければなりません。
どうも総理が辞める事で、これまでの問題をリセットしようとしているように思えてなりません。
ますます政治を見る目を厳しくして、来たる参院選に備えて行きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと