2010年06月01日

鳩の首を狙う狸達

民主党内部から、鳩山退陣論が沸き起こっているらしいです。
下がる一方の支持率で、このままでは参院選に勝てないと、民主党内部で躍起になっているのでしょう。
ついに小沢幹事長と輿石副幹事長が、鳩山総理に辞任を迫る話し合いをしたようですね。
しかし、結果は出ず、鳩山総理は記者の「総理続投ですか?」の問いに、親指を立てたポーズを見せました。

私は鳩山総理が自ら退陣するとは思えません。
これだけ能力の無い事を、さらけ出してしまい、様々な方面から叩かれても、本人は全く堪えていません。
むしろ、普天間基地問題を、無理やり辺野古へ持って行った事で、自分自身の中では評価が上がったと思っているでしょう。

鳩山総理を辞めさせたいのは、私も同じですが、参院選が終るまでは続投して頂きたい。
一番辞めさせたいのは、小沢幹事長と輿石副幹事長だと思います。
このままでは参院選はまともに戦えない。
昨年の衆院選のしっぺ返しを食らう可能性が高い。
何としてでも総理の首を据え変えて、参院選を有利に戦いたいという一点だけでしょう。
輿石副幹事長は、参議院なので、まさに自らの問題になっています。
要は国のためではなく、自分たちのために辞めてもらいたいのでしょう。

そして小沢幹事長にとっては、普天間基地問題で責任をとって総理が辞めれば、自分自身の責任とは分ける事ができる。
もし、政治とカネの問題で総理が辞めたら、世間も民主党内部からも、当然小沢幹事長辞任を迫られる。
だから、総理自らが設定した5月末が過ぎた今だからこそ、総理に辞任を迫り普天間基地問題の責任で辞めてほしいのでしょう。

しかし、日本の政治はどこまで腐るのでしょうか?
もう「政治」という言葉も当てはまらないくらい、無茶苦茶な状態だと思います。
政権交代で新しい政治を期待して、衆院選で民主党に投票した人は、今どんな思いでこの状況を見ているのでしょうか?
私は衆院選前から、民主党に対する不信感があったので、民主党には投票しませんでした。
民主党政権になれば、自民党政権よりも酷い状態になると想像していましたが。私の想像を越えた内容になっている気がします。
まさに地に落ちた政治は、ついに腐ってしまいました。

一度腐り切って土に返り、微生物によって分解され、新たな芽が息吹くのを待つしかないのかも知れません。
つまり政界再編ですね。

社民党も連立離脱し、いよいよ政権が揺らぎ始めた民主党。
担ぐ神輿は頭の軽い人間が良いと思い、鳩山総理を担いだ小沢幹事長。
全て操り人形のように物事を進めさせて来たのでしょうが、簡単に辞めさせる事は出来ないでしょう。
あまりにも頭が軽過ぎて、事の重大さや責任の重さを理解できません。
それに鳩山総理だけが辞めても、国民は全く納得しません。
やるとしたら、二人同時に責任をとって辞めるのが、国民に示す責任の取り方です。

保身のために政治をする「政治屋」はもう要りません。
来たる参院選、そしてその後起きるであろう政界再編に向けて、私たち国民はしっかりと真実を見て行かなくてはいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと