2010年05月30日

親ばか日記

次女が誕生して、約2週間程経ちました。
赤ちゃんが産まれた事で、我が家は全てが赤ちゃん優先の生活になっています。
おぎゃ〜と泣けば、誰かが赤ちゃんのところへ駆けつけます。
そして競うようにして、抱っこをしています。

そんな中で、私の大仕事となっているのが、赤ちゃんの沐浴です。
嫁さんがまだ産後で厳しいので、毎日私が沐浴しています。
最初はビビりまくりながら赤ちゃんをお風呂に入れていましたが、今はだいぶと慣れてきました(^^;)

最初は泣いているのですが、お湯に入ってしばらくすると、落ち着いて顔も安堵の表情に変ります。
やはりお腹の中にいた頃の感覚に戻るのでしょうか?
そして顔を洗い、頭を洗うと、何とも気持ち良さそうな表情をします。
その表情を見るととても癒されるのです。
沐浴中の写真を撮りたいのですが、何分私が入れているので、私は写真を撮れません。
今度、嫁さんにでも撮ってもらおうかと思います。

小さな手、小さな足、小さな顔、本当にこんな小さな赤ちゃんが大きくなるのか?
お兄ちゃんの時も、お姉ちゃんの時も、同様に感じていましたが、今回も同様に感じています。
こんな小さな赤ちゃんが、半年もすれば寝返りをうち、ハイハイを始め、1年で立って歩くようになるのですから、本当に生命と言うのは凄いものです。

早く大きくなって欲しいような気持ちと、しばらくこの小さな可愛い姿を見つめていたい気持ちと、複雑に交錯しているような感覚です。
二度とは戻ってこない時間ですので、今の時期をじっくりと楽しみたいと思います。

そんな訳で、前回を手を撮ったので、今回は足を。
ついでにお顔もアップ。
スミマセン完全な親ばかつぶやきですm(__)m

100530-2.jpg
100530-1.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記