2010年05月29日

最悪の政治家達

普天間問題が揺れています。
結果的に自民党案の辺野古に移設が決り、いろいろと取りざたされていた方式も、最初の埋め立て方式になりました。
つまりは、全く最初と同じ案に戻っただけの話です。

自民党案で決っていたものを、ちゃぶ台をひっくり返して、結局元に戻しただけです。
それなのに、今回の決着が自分たちの成果のように言う、鳩山総理や民主党は、完全に開き直っているとしか言い様がありません。

さらに、ここに来て連立の社民党がゴタゴタしています。
もともと海外への移設を言い続けて来たのですから、当然と言えば当然です。
しかし、党首であり閣僚もある福島瑞穂は、徹底的に反対しているが、党内部では意見が割れる等、こちらもゴタゴタです。

そもそも社民党の言う事って、綺麗事ばかりで、全く現実性に欠け現状を把握していない事ばかりなんですよね。
厳しい現状があるにも関わらず、そこを全く見ないで夢物語ばかり言っています。
その点は鳩山総理と似た者同士です。
だから連立が組めたのでしょうね。

しかし、ついに福島瑞穂も解任される動きとなりました。
でも、国民は何より鳩山総理の辞任を望んでいると思います。
そして民主党政権にウンザリしている事だと思います。
マニフェストで掲げた夢物語は、厳しい現実の前に、簡単に崩壊しています。
それでも、何だかんだとへ理屈を言っては、国民の目をそらす事に必死です。

普天間基地問題で総理自らが掲げた「5月末までに決着」は、誰がどう考えても不可能です。
政府とアメリカの間では合意が取れたのかも知れませんが、自らがちゃぶ台をひっくり返した事で、沖縄県民や社民党等の合意は得られていません。
それでも「これで合意したので解決した」と言い切って逃れるつもりでしょう。

本当に昨年8月の政権交代移行、何もまともな実績がありません。
それどころか国益を損ない、日本の活力を奪い、自らの保身ばかりで緊急に対応すべき、口蹄疫の対応にも遅れました。
自分の身を投げ打ってでも、国のために働くのが、総理大臣の務めだと思います。
しかし、鳩山総理は自分の身を守るばかりで、大切な日本国民の方に目が向いていません。

こんな総理大臣は一日も早く辞めるべきです。
しかし、こればっかりは本人が辞めるか、解散総選挙に持ち込むしかありません。
おそらく本人が辞任する事は、100%無いでしょう。
自分の責任を微塵も感じていないと思います。
後は解散総選挙に持ち込む事ですが、これも民主党が議席を確保している事から、なかなか厳しい。

例え参議院戦で大敗しても、自らの責任は感じない人だと思います。
その時に民主党内で鳩山降ろしが出てくる事でしょう。
それ以前に起きる可能性もありますが、小沢幹事長がいる限り難しいかも知れません。
どれだけ批判されても、辞めない総理と幹事長。
この二人は完全にペアになっています。
どちらかが辞めれば、もう一人にも波が来る。
どちらも辞められないのでしょう。

完全に国のためでは無く、自分のために政治をしている二人。
そしてそれを支える民主党。
こんな政治、あなたはどう思いますか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと