2010年05月06日

口蹄疫拡大の危機

ゴールデンウィークも終り、いつもの日常に戻りました。
長い休みで、海外旅行や帰省等で、逆に疲れた・・・なんて人もいるのでしょうね。
我が家は全く遠出しなかったので、私はとっても元気です(笑)

さて、このゴールデンウィークを使って、政治家の方々も海外に行かれているようですが、外遊している場合じゃない事が起っています。
テレビが全く報道しないので、私も最近ネットで知りましたが、宮崎県で口蹄疫が広がり、畜産業に多大な被害が出ているようです。

この口蹄疫は10年前にも起きたのですが、その時の森内閣では初動で130億円の費用をかけて、拡大を抑え込んだ事で事無きを得たようです。
しかし、今は何一つ決められない鳩山・民主党政権です。
信じられない事ですが、何一つ対策が出来ていないそうです。
本来なら総理大臣や担当大臣が、現地に出向き被害状況を把握して、早急に対策を決めなければいけないのに、事もあろうに宮崎の東国原知事との面会をドタキャンしたらしいのです。

おまけに赤松農林水産大臣は、口蹄疫が発生している最中に、メキシコに外遊に出かけてしまいました。
8日の土曜日にならないと帰国しないんだそうです。
民主党って常識無いと思っていましたが、ここまで酷いと開いた口が塞がりません。
宮崎では大変な事になっていて、国の支援を待っているのですよ。
それをほったらかして、自分はメキシコに外遊ですか!?

この緊急事態にも関わらず、国が全く動かないので、野党の自民党が対策本部を立てて対応しているという、もうとんでもない状態になっています。
消毒液などが足りないため、県が独自で確保したり、他県に要請して回してもらったりしているようです。
これは本当に酷過ぎます。
そして全く報道しないテレビの報道番組。
これを報道すると、民主党がさらに不利になるので、報道規制しているのでしょうね。
風評被害を避けるためとも考えられますが、あまりにも沈黙しているので、かなり怪しいです。

そんな中、明日7日には小沢幹事長が宮崎に行って、東国原知事と面談するんだとか。
今さら何しとんねん!!って感じですが、きっと対策の交換条件として、選挙の応援を押し付けてくるつもりでしょう。
長崎もそうでしたからね。脅しの民主党政権ですから、口蹄疫を絶好のチャンスとすら見ていると思います。

本当にこの鳩山・民主党政権は、国民の生活を何だと思っているのでしょう。
まずは自分たちの政権を維持する事、選挙で勝つ事、それしか頭に無いようです。
何が「国民の生活が第一」だ!!本当に詐欺政権ですね。

何とか口蹄疫を食い止めて欲しいのですが、県だけの対応では限界があります。
日本の畜産業に多大な損害が生じた場合、誰がどのように責任を取るつもりでしょうか?
もう国民は民主党政権に失望と苛立ちを感じていると思います。
どうせまた、言い訳をして逃げるのでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | 私の思うこと