2010年04月05日

新党結成に思う

4月に入り、政界にも新たな動きが出てきました。
以前から「離党か?」と言われていた与謝野氏が、ついに自民党を離党しました。
そしてこちらも以前から「新党立ち上げか?」と言われていた平沼氏と合流して、新党結成する方向性になったようです。

正直、私の感想では「ちょっと期待外れ」な感が否めません。
平沼氏の新党結成には大いに期待していたのですが、与謝野氏との合流はちょっと?な感じがします。
与謝野氏は小沢との距離も近いし、決して保守とは言い切れない。
そんな与謝野氏と合流して、本当に国民の支持を受入れる事が出来るのだろうか?

その他のメンバーを見ても、60〜70代ばかり。
もう少しフレッシュな面々が集まってくれないと、やはりインパクトは弱い気がします。
平沼氏の政治理念には、大いに賛同できるので、与謝野氏と合流してもそれを貫けるのか?また、どこまでアピールできるのかがカギになってくるでしょう。

経済対策も大切な国民へのアピールですが、もっと根本的な部分でのアピールが欲しい。
日本人としての国を愛し国を想う部分を、もっと国民へアピールして欲しいと思います。
民主党の無能ぶりに国民はかなり苛立っています。
しかし、苛立ちの大半は鳩山総理のリーダシップの無さにあると思います。
もし、鳩山総理が辞めて、総理の顔が変ったら、まだ民主党に期待する国民は多いと思います。

なぜ民主党ではダメなのか?
また、なぜこれまでの自民党でもダメなのか?
日本はどうあるべきなのか?
平沼氏がこれまで有権者に語ってきた事を、国民の前で堂々と述べて頂きたいと思います。

もし、バランスを取ろうとして、これまでの主張を変えるような事になると、支持者は一気に離れてしまいます。
例え与謝野氏と意見が異っても、平沼氏の主張を変えないで欲しいと思います。

私は平沼氏の理念や姿勢にはとても共感します。
ただ、政治は一人では出来ませんし、民主主義は数が必要です。
民主党政権後、おかしい事に気付いた国民は、決して少なくないと思います。
しかし、まだ「おかしい」と感じているだけで、何がおかしいのか答えは見つかっていないと思います。

平沼氏には是非、踏み込んだ意見をどんどん国民に訴えてほしいと思います。
口先だけでなく、心から訴えてほしい。
日本を護りたい、日本を明るくしたい、そんな想いを是非国民に投げ掛けてほしいです。
新党の応援に、是非麻生元総理や安倍元総理が登場して欲しいですね。
あくまでも自民党として応援して欲しいです。

そして、自民党もやり直しが必要です。
正直、谷垣氏ではもう無理です。
ここは党首交代した方が良いと思います。
安倍総理や麻生総理の政策が、全く間違っていなかった事を、民主党政権になってようやく気付いた国民は結構いると思います。
麻生元総理は難しいとしても、安倍元総理は今こそ党首に返り咲く必要があると思います。

安倍元総理がずっと言い続けている「戦後レジュームからの脱却」戦後体制の見直しが、今こそ必要とされていると思います。
日教組を始めとする教育の問題。
日本国憲法と言いながら、実質はアメリカが作りあげた憲法の問題。
「日本は戦争をした悪い国」という、誤ったままの歴史認識の問題。
全ては戦前の日本に立ち返らなければ、解決できない問題です。

新党ばかりが取りざたされていますが、今こそ自民党内の保守議員。
そして、民主党内の数少ない保守議員。
それ以外の保守議員。
皆が協力して日本を再生しなくてはいけない時期だと思います。
出来ればその中心的役割を、今回の平沼新党が担って欲しいのですが、与謝野氏の合流でちょっと不透明感が否めないのが気掛かりです。

期待と不安の渦巻く新党結成ですが、日本のために命を賭けてほしいと思います。
口先だけの言葉は要りません。
それはもう鳩山総理だけで十分過ぎるほどです。
心から魂から、日本を護る姿勢を見せてほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと