2010年03月25日

想いもバトンタッチしたい

今、仕事半分で、残り半分を学童の時間に費やしています(^^;)
先日書いた「動画制作」の方は、8〜9割方出来ているので、そっちの方で時間取られている訳ではありません。
来年度から新しい会長での運営になるので、引き継ぎ用の資料作成に追われているのです。

会長を引き継いでも、しばらくは伴走しながら、徐々に引き継いで行く事にしています。
ですから、慌ててやる事は少ないのですが、一つだけやっておかなくてはならない事がある。
それは、学童児のデータ管理。
入所した際に、名簿を作成しているのですが、この名簿のデータをベースにして、緊急時の連絡網や会費を徴収する際に使う封筒、さらには名札等のデータを連携して使えるように、FileMakerを使ってデータベースを組んでいました。

これまでは、私が使っていたので、私が使えれば良い状態になっていました。
しかし、これを違う人に使ってもらうには、かなり敷居が高い。
一度説明しただけでは絶対に理解できないのは、目に見えています。
そこで、今まで私が使っていたデータベースを、より解りやすい形で組み替える事にしたのです。

仕事の合間を見ながら、データベースを組み替えて、先日ようやく一通りの形になりました。
しかし、まだもう一踏ん張り頑張らなくてはいけません。
それは説明書の作成。
なるべく敷居が低くなるように設計したつもりですが、それでも普通の人が使うには理解しにくい部分があります。

もし、私がこれを利用する側の人間だったら、突然「データベースです」って渡されても、戸惑うだろうと考えました。
そこで、画面のキャプチャを載せながら、説明書を制作することにしたのです。

今夜は次年度の会長と、実際にデータを入力しながら、データベースの説明をしていきました。
最近はパソコンを使えないという人の方が少ないくらいで、仕事で何らかの作業をパソコンでする方も多いと思います。
パソコン事態に不慣れな事は無いので、データベースの概要さえ把握できれば、誰でも使えると思います。

一通りデータを入力し、大きな問題も無かったので、このまま使える事でしょう。
次は会計担当者と会費徴収用の封筒の説明をするために、またデータを入力しながら説明を行わなければいけません。

「仕事でも無いのに・・・」と思う方もおられるでしょうね(^^;)
そうなんですよね。
仕事でも無いけど、ついつい首を突っ込んでいろいろとやってしまうのが、私の悪い癖です。
でも、「こうすればもっと早くて楽なのに・・・」と、思う事は多々あるのです。
しかし、それをするためには、自分が労力をかけなくてはならない。

本当は何もしなくても、そのまま今持っているデータを丸投げすれば済む事です。
おそらく他の学童は、そうやって引き継いでいると思います。
でも、次の人が苦労をするのが解っていて、そのまま丸投げはしたくない。
少しでも次の人が楽に出来るように、形を整えて渡したいのです。

決して労力をかけた事で、私の所に見返りがある訳ではありません。
そこから仕事が発生する訳でもありません。
ましてやお金が入る訳でもありません。
でも、自分がちょっと頑張る事で、次の人が楽に作業が出来る。
それだけでも、自分が頑張る価値はあると思います。
そして、その気持ちを引き継ぎ、次の会長や役員にも頑張ってほしいと思います。
形だけで無く、想いもバトンタッチしていきたいのです。

少し偉そうに書きましたが、きっとデータベースにバグはあると思います(^^;)
使ってみないと解らない点、使っていてもっと使いやすいように改善したい点等、いろんな事が出てくるでしょう。
そうやって、より使いやすいデータベースになっていくと思います。

それにしても、もう年度末。
3月ももう終りなんですね。
1年の四分の一が過ぎ去ってしまうのです。
あぁ〜何という早さ(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記