2010年03月23日

久々の動画制作

久しぶりに動画制作を行っています。
動画と言っても、写真をスライドショーのようにして、そこに文章を入れて流す程度の物です。
ビデオ編集をしている訳では無いので、動画と言い切れるか疑問ですが。

仕事として行っている訳では無く、学童の修了式の時に流す動画を制作中なのです。
日中仕事の合間を見て、ちょこっと作業して、夜家族が寝静まった後に作業して・・・という繰り返しなので、なかなか作業が進みません。
今度の日曜日に流すので、今夜から必死こいて追い込み作業行います(笑)

今までも結婚披露宴の会場で流すスライドを作って来ているので、作業自体は慣れています。
後はどう表現するかの問題だけなのですが、これが一番難しいんですよね(^^;)
結婚披露宴の場合は、これまでも沢山のスライドを作ってきたので、大方パターンが出来ています。
しかし、今回は初めてのパターンなので、ちょっと産みの苦しみ味わっています。

私が結婚スライドを作るようになったのは、もう10年以上も前の事です。
きっかけは・・・・・自分の結婚式(笑)
当時のスライドと言うと、写真を一枚一枚投影機で映して、原稿を司会者が読むというものでした。
これがどうも嫌で、自分の結婚式の時に、ビデオプロジェクターを使ってスライドをやったのです。
自分の結婚式を自分でプロデュースすると言う、まさに自作自演(笑)

当時はまだ今のように、簡単に動画が作れるアプリなんて物はありません。
当時使ったアプリが、今はAdobeになっていますが、Macromediaのdirectorというアプリケーション。
その当時は一生懸命勉強して使っていましたが、今はもうそのアプリも手放してしまい、すっかり忘れました(笑)
今思い返すと大変な苦労をしたわりには、出来栄えは???と言った感じです。
それでも、当時は珍しかったので、皆ビックリしていました。

その後、友人知人から「作って欲しい」と頼まれて作る内に、人から人へと話が伝わり、全く知らない人のスライドも幾つか手がけました。
なんだかんだで15組くらいのスライドを作っているでしょうか。
最初はdirectorで作り、ビデオに録画していました。
次はこれもadobeのPremiereで作り、同様にビデオに録画。
しかし、adobeがMac版のサポートを修了した(現在は復帰)のを機に、AppleのFinal Cut Expressを使っています。

そして、現在はMovie書き出しして、それをiDVDでDVDに焼いています。
現在はどこの結婚式場もDVDスライドが主流になっています。
しばらくはこの形式で続くのでしょうね。

この10年の間に、どんどんと環境が変りながらも、結婚スライドを制作していました。
最近はもう友人知人に結婚する年代の人が少なくなったので、依頼はあまり来なくなりました。
昨年は一度も制作しませんでしたね。

でも、昨年の今ごろも確か動画制作でアタフタしていたような・・・・。
あっ、思い出した。
父親の5回忌の追悼DVD作っていたんだった(^^;)
全くカネにならない動画制作ばかりしています(笑)

今回の学童の動画も、初めての試みなので、どんな感じになるか解りません。
私自身学童にお世話になったお礼の気持ちを込めて、制作をしているので、少しでも喜んで頂ければ嬉しいです。
さて、まだまだ作業を進めないと、間に合わなくなってしまう。
それでは、これより作業にのめり込みます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事