2010年03月08日

時間の使い方

1日24時間。

世の中「平等」という言葉がやたら飛び交っているが、世の中に平等なんてものは存在しないハズである。
「みんな平等に」と言われても、生まれた環境が違えば、裕福な家庭もあれば貧乏な家庭もある。
もっと言えば、長身で目鼻立ちのスッキリした男前もいるし、そうでない男もいる。

せめて裕福な環境か男前か、どちらかでも持っていれば良いが、どっちも持たない私なんぞは「どこが平等なんじゃ〜」って叫びたい(笑)
裕福な家庭に育ち、さらに男前で、さらにさらに勉強もスポーツも出来て、いろんな才能があって・・・。
そんな人間も時たま居たりする。「神様って不公平だ」って思うのは、男性・女性に限らずあるのではないでしょうか(^^;)

でも、確実に皆平等に与えられているものがあります。
それが冒頭に書いた「1日24時間」です。
そうです。時間だけは裕福でも貧乏でも、男前でもそうでなくても、皆同じ24時間なのです。
だから、この24時間をいかに有効に使うかが、とても大切になってくると思います。
さらに、その1日1日の積み重ねが、本当に後々大きな差となってくると思います。

最近思う。「1日30時間にしてくれないか」と。
私は裕福でも男前でもないので、せめて時間だけでも優遇してくれないでしょうか神様(笑)
冗談はさておき、本当に時間が欲しいです。
一日があっという間に終ってしまうし、月日の流れが早過ぎます。

やりたい事、やらなければいけない事。
本当に沢山ある中で、一つ一つこなしているつもりですが、やはりまだまだ追いつきません。
もっと集中して事を進めるようにしないと、限られた時間を無駄に使っているようで、もったいないと感じるようになってきました。
明日からもっと効率良く作業できるように、頑張りたいと思います。

しかし、注意しなくてはいけないのは、メリハリを付ける事を忘れない事ですね。
集中して時間を有効に使う事は大事ですが、ずっと集中は出来ません。
時にリラックスして、息抜きも必要です。
On・Offをうまく切り替える事が大切だと思います。

私の悪い癖で、集中し過ぎてOffに出来ない事が多いのです。
子供を迎えに行って、子供たちが家にいる時にでも、ついつい集中して作業しようと試みます。
そこへ子供が話しかけて来ると・・・・「邪魔すんな〜」となってしまうのです。
だからなるべく子供がいる時には、作業はしないように心がけています。

1日24時間。誰もが平等に使える時間。
しかし、その三分の一程度は睡眠等の時間です。
正味集中して使える時間は、せいぜい6〜7時間でしょう。
そう考えると本当に貴重な時間です。

明日からもっと意識して、集中して時間を大切に使いたいと思います。
それにしても、神様は不公平だ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記