2010年02月28日

お父さん同士

久々に酔っぱらっています。
キーボードを叩く手が、千鳥足ならぬ千鳥手になっています。
今日はとてもハードスケジュールの一日でした。
朝から仕事の嫁さんを送って行き、その後剣道の練習の息子を送って行き、戻ってきてから家の掃除。
そしてすぐまた、息子を迎えに行き、その後は剣道の6年生を送る会の昼食会。

送る会が終ったのが3時過ぎで、その後は大阪の姉とその息子が来ていたので、家に出迎えていました。
そして仕事終った嫁さんを迎えに行った直後に私は飲み会へ。
今日は学童のお父さんとの飲み会があり、男同士、お父さん同士、いろいろと語り合って来ました。

久々に酔っぱらいました(@o@)
そして久々に語り合った飲み会でした。

学童保育に関わるのって、大方お母さんなんですよね。
普通、お母さんに比べてお父さんは帰りが遅かったりして、なかなか学童保育の事には関わりが薄いのが現状です。
どうしてもお母さん同士の繋がりは出来ても、お父さん同士の繋がりって難しい。

そんな事もあって、一度お父さん同士集まって飲みましょう。と話していたのですが、なかなか時間が取れなくて、ようやく今日実現しました。
日頃、お母さん達と話す機会はあっても、お父さんとじっくり腰を据えて話す機会は少ない。
今日はいろんな意味で、お父さんの声というのを感じ取れた飲み会でした。

日頃なかなか話す機会は無いですが、話して見ると、結構同じ思いのお父さんばかりなんですよね。
基本的概念は同じだけど、なかなかコミュニケーションを図る場が無いので、どうしても繋がりがもてない。
今日はそんな意味でもとても有意義な飲み会であったと思います。
初めての試みだったので、参加人数は少なかったのですが、これを機に輪を広げていけたらなぁ〜と思います。

日頃はお母さん中心の学童でも良いのです。
しかし、時々スパイス的な役割で、お父さんの存在が必要なのは、家庭と同じだと思います。
日常的な安定的な活動はお母さんの力で。
でも、時には厳しくたくましく、子供たちに何かを教えてあげれるのはお父さんの役目です。
そんな活動が出来れば、より子供たちにとって良い環境が作れると思います。

あくまでも理想論ですが、そんな理想に向けての第一歩の飲み会であったと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記