2010年02月27日

津波に注意!!

暖かい日が続いていますね。
このまま春になるのでしょうか?
もう数日間、暖かい日が続いているので、すっかりこの暖かさに身体が馴染んでしまいました。
これで、またいきなり元の寒さに戻ったら・・・・絶対に体調崩しますね(^^;)

先程、ネットニュース見て気付いたのですが、チリで大きな地震があったようですね。
現時点で死者が80名程出ているようで、おそらく時間と共に増えて行くと思われます。
そしてとても心配な事がひとつ。
津波の可能性です。

一見、地球の裏側にあるチリの地震は、日本には無関係に思えますが、日本にも津波の可能性が十分にあるのです。
今から50年前、まだ私が生まれる前の事ですが、チリで地震が発生し、その影響で日本で津波が発生したのです。
地球の裏側で起きた地震による津波が、太平洋を越えて日本まで到達したのです。

そしてその時の津波は、日本各地に大きな被害をもたらしています。
実は私の故郷の奄美大島にも津波は到達しました。
そして私の母は、津波を目の前で見ているのです。
当時は今のように通信網が発達していませんので、チリで大地震が起きた事を誰も知りません。

村の人が「海がおかしい」と、母に話しかけて来たそうです。
潮の引き方がいつもと違うと話していたのですが、これが津波の前兆である事を、皆知らなかったそうです。
そして、母は家に戻って家事をしていた。
しばらくすると、何か海のほうからゴォ〜という音が聞えてきたそうです。

「何の音だろう?」と思い、窓を開けて海をみて驚いたそうです。
ゴォ〜という音と共に、沖の波が物凄い高さで押しよせて来るのが目に入った。
母は無我夢中で村の奥に向かって逃げたそうです。
津波という言葉が出てこなくて「波!!」「波!!」と、大声で叫びながら逃げたそうです。

私が生まれる前の話で、母の話から聞いただけですので、実際どれくらいの津波だったのは分かりません。
しかし、ゴォ〜と音がする波と言うのは、やはり普通の波ではありません。
母からこの話を聞いていたので、「チリ地震」と聞くと、津波を連想してしまいます。

そのチリでまた大地震が起きた。
50年前の地震の規模よりは小さいようですが、大地震に変りありません。
そして、やはり日本に津波が到達する可能性があるようです。
明日の正午くらいに、日本に津波が到達する恐れがあるとの事。

故郷の実家が心配です。
実家は公営住宅ですが、川沿いでしかも1階です。
津波が来れば、川沿いに波が押し寄せてくると思います。
もう今日は遅いので、明日の朝一番に実家に電話しておきたいと思います。
おそらく母も知っているとは思いますが、念のために連絡します。
50年前と同じう様な津波にならない事を祈るばかりです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記