2010年02月04日

辞める者・辞めぬ者

潔く辞める者。
懲りずに辞めぬ者。

対照的な2人の決断の違いでしたね。
酒に酔って一般人に暴行をはたらいたとみられる、横綱朝青龍は度重なる厳重注意の結果、今回は辞めざるを得なかったのでしょう。

「辞めるにはもったいない」
「これだけ強い横綱なのに」
「横綱の品格って必要なの?」

様々な意見があるかと思います。
私は朝青龍は引退すべきだと思っていたので、今回の判断は正しかったと思います。
確かに朝青龍は強い。でも、相撲は強ければ良いと言うわけでは無い。
日本の伝統文化でもある大相撲の横綱が、度々マスコミを騒がせ(騒ぎ立てるマスコミも問題だけど)騒動を起すのは大問題である。

まず、場所中に朝方まで酒を飲み、泥酔する事自体が横綱として失格だと思います。
いくら強くても優勝しても、この態度では横綱としての自覚が無さ過ぎます。
「横綱だって人間なんだから・・・」という考えもあるでしょう。
しかし、この事を許してしまったら、「強かったら何をしても良い」という、間違ったメッセージを子供たちに送る事にもなります。
朝青龍自身は、相撲が大好きで、まだ相撲を続けたかったと思うのですが、これも自ら蒔いた種です。

最後の最後で、自ら引退を決意した事で、何とか横綱としての潔い(本当は未練だと思うけど)引き際を見せる事が出来たと思います。
私としては、朝青龍にも問題あったけど、朝青龍を厳しく出来なかった高砂親方の責任が大きいと思います。

さて、懲りずに辞めぬ者。
もちろんこの人です。
民主党幹事長の小沢一郎。

ギリギリの攻防戦で何とか起訴を免れた小沢は、まるで勝利を収めたつもりのようです。
不起訴=潔白だとでも思っているのでしょうか?
そして説明責任を果たしたとでも、思っているのでしょうか?

特捜部も今回は最後の最後まで粘ったようですが、やはり起訴するだけの証拠が揃わなかったのでしょう。
おそらく多くの国民が、起訴されることを望んでいたと思います。
秘書2人と石川議員は起訴される事になりそうなので、「潔白」どころか、限りなく黒に近いが、黒と言い切れるだけの証拠が揃わなかったと見るべきでしょう。

しかし、小沢と民主党議員は早くも強気になっているようですね。
一気に検察批判をして、自分たちの天下・権力を示そうとするでしょう。
でも、国民はそんな小沢&民主党に怒り心頭なのです。
分からないでしょうね。国民の気持ちなんか。

これで特捜部の捜査が終ると思っているのでしょうが、そう簡単には終らないと思いますよ。
今回の土地購入の4億円以外にも、小沢の周辺には不明なお金・土地の動きが沢山あります。
特捜部は諦めていないと思います。
これで引き下がったら、この世の中、金と権力握っている人間が正義という事になってしまいます。

逆に言えば、小沢は今回の不起訴で、逃げ切れたように見えて、実はまた一つ包囲網が狭められたと見るべきでしょう。
そしてそんな疑惑だらけの人間が、幹事長を続行する民主党は、完全に自浄能力も無い、国民の声も聞えない、完全に狂った政党になってきています。

潔く辞める者。
懲りずに辞めぬ者。
お天道様は見ています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと