2009年11月25日

どうなる民主党政権

賛否両論の民主党による事業仕分けの後半戦がスタートしました。
前半戦ではさまざまな事業が、廃止や見直し等で予算を減らされました。
確かに「無駄だ」と思える事業もありますが、やはり科学部門の廃止は酷過ぎますね。
ド素人の議員が、自分の知識だけで「無駄」と判断し、国の未来を奪うのはあまりにも危機感が無さ過ぎます。
これにはさすがのマスコミも「これではヤバイ」と感じたのか、こぞって報道し始めました。

そもそも、この事業仕分け自体が、最初から結果ありきの「出来レース」にしか見えません。
その中で、官僚達を悪者にして、民主党議員が「ええ格好している」だけのような気がします。
本当に国の事を、国民の事を考えていると言うよりも、パフォーマンスにしか感じられないのは私だけではないと思います。
ただ、ひとつ評価できるのは、今まで見えなかった予算というものを、国民の目に見えるところに引き出してきたと言う事でしょうか。
それでも、まだ予算削減の対象になっていない事業もあり、どうやって選ばれたのかは不透明です。

民主党政権になってからと言うもの、こんなパフォーマンスばかりを見せられて、実質何も好転していないと感じています。
せっかく持ち直しかけた景気は、ついに政府がデフレを認める発言をして、デフレスパイラルに陥ったようです。
デフレスパイラルとは、不景気で物が売れないので、物価が安くなり安くしないと物が売れなくなる。
そうなると企業の利益が減り、雇用をしなくなったり給料の減額、リストラ等が進む。
ますます物は売れなくなり、負の連鎖に陥るというものです。

これを避けるために、麻生政権では異例の予算編成や、エコポイント・エコカー減税等で市場を刺激して、少し回復傾向が見え始めていた矢先の政権交代。
「政権交代が景気後退になっては困る」と、麻生総理は訴えていましたが、残念な予感的中となってしまいました。

しかし、こんなに国の状態が危ないと言うのに、相も変わらず鳩山総理はのんきです。
おまけに自身のお金の問題が出てきて、国会で追及されるのは必至です。
さらに小沢幹事長にも、またまたお金の問題が出てきて、ダブルで追及を受けるでしょう。
自民党政権下で同様の事が起きれば、大問題であっという間に退陣に追い込まれましたが、民主党政権は何しろ「マスコミ応援団」がついていますので、すぐには問題にならないんですね。
ただ、マスコミもどこまで黙っていられるのか?
このダブル問題を隠すために、連日連夜、事業仕分けの報道をしているとも感じられます。

不謹慎ですが、政治が面白くなって来ましたね。
もし、鳩山総理が辞任に追い込まれたら、次は誰が出てくるのか?
そして小沢幹事長が、またまた金の問題で幹事長を降りたら、一気に小沢独裁が崩れます。
そうなった時、民主党は一気にバラバラになります。
今でも内閣はバラバラですが、無理やり小沢というボンドでくっつけているようなもんです。

自民党も総選挙で崩れましたが、民主党はもともとがバラバラの思想の集まり。
一気に政界再編へと動く事も考えられます。
そうなった時、キーマンとなるのは誰なのか?
第三の政局が生まれるとしたら・・・。
やはり真の保守政党が誕生し、政権を担っていかないと、日本に明るい未来はありません。
平沼氏・安倍氏・麻生氏(中川氏がいないのが無念です)が、中心となり新たな流れを作ってほしいと願います。

後は、マスコミの保守潰しを何とかしないといけませんね。
実は我が国の政局を担っているのは、国会議員では無くマスコミだという事実。
情けないです。国民がマスコミに騙されないように、しっかりと情報を見極めなければいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと