2009年11月07日

プロ野球選手の姿勢

巨人が日本ハムを2-0で下し、7年ぶりの日本一に輝きました。
強かったですね巨人。
やはり前回の逆転劇が効いたのでしょうね。
8回でようやく同点に追いつくも、9回に再び1点リードされ、それでもホームランで追いつき、最後はサヨナラホームランで王手をかけました。
その勢いのままに優勝を決めた感じですね。

日本では巨人が優勝し、海の向うのアメリカでは巨人から渡った松井のいるヤンキースがワールドチャンピオンになりました。
そして松井自身も、日本人として初のワールドチャンピオンMVPに輝きました。
松井の活躍も素晴らしい物でした。
同じ日本人として誇りに思えますね。

イチローにしてもそうですが、松井も常に謙虚な姿勢を崩しません。
派手なパフォーマンスやリアクションが多い大リーグで、実に淡々と確実にプレーを続けています。
ホームランやヒットを打っても、派手に喜ぶ姿を見せる事は殆どありません。
表情一つ変えずにダイヤモンドを走る姿は、まさしくサムライ魂を連想させます。

ヤンキースの松井も、日本の巨人軍も素晴らしい戦いを見せてくれましたが、巨人の優勝でひとつだけ残念な事があります。
それは、前回の試合。
まさしくサヨナラホームランを放った劇的な試合。
そのサヨナラホームランを放った、阿部選手のヒーローインタビュー。
何故ガムを噛みながらインタビューに答えたのでしょうか?
例えガムを噛んでいたとしても、噛まずに答える事はできなかったのでしょうか?

インタビュー中、ずっとくちゃくちゃとガムを噛んでいる映像を見ていて、とても憂うつな気分になりました。
せっかく劇的なサヨナラホームランを打って、大活躍していながらも、あの姿を見せられると感動も覚めてしまいます。

よく外国人選手がガムをくちゃくちゃ噛みながら打席に入り、ペッっとつばを吐くシーンを見かけますが、私はあれが大嫌いです。
日本人の感覚として、つばを吐くというのは、とても下品な行為です。
それをバッターボックスの中でやるのですから、見ていてとても嫌な気分です。
日本人にとって野球というには、高校野球のように爽やかで熱いイメージがあるので、ガムを噛みながらつばを吐くなんて、全く受入れられるものでは無かったハズです。

しかし、何でもアメリカの真似をしたがる日本は、ガムを噛む事も普通になってしまったのでしょうね。
でも、職場でくちゃくちゃガムを噛みながら仕事をしている人っていますか?
やはり、仕事をしている時はガムは噛まないのが常識ですよね。
プロ野球選手はそれが仕事なんですから、ガムを噛むという行為は、本来すべきでは無いと私は思います。

特にあの阿部選手のインタビューは、プロ野球選手を夢見る子供達に、一体どんな影響を与えたでしょうか?
「野球をする時はガムを噛んでもいいんだ」って教えているようなものです。
せっかく素晴らしいプレーを見せてくれたのですから、最後まで素晴らしい態度を見せて欲しかったですね。

その点、ヤンキースの松井選手は素晴らしかったです。
松井やイチローがガムを噛みながら試合をしている姿って見た事ないですよね。
やはり一流選手は、ガムを噛まなくたって集中できる。
ガムを噛む方が集中できないと私は思います。

是非日本のプロ野球では、ガム禁止にしてもらえないでしょうか?
今まで深く考えた事なかったのですが、今回の阿部選手を見ていて、とても不快な気分になりました。
本来日本人は人前に出る時に、口に物を入れて出るなんて事は恥じていました。
その本質を忘れないでほしいですよね。
ましてやプロ野球選手は、子供達の憧れの存在です。
子供達に夢を与えると同時に、大人としてのマナーやモラルを教える存在なのです。
是非、そこのところを考えてほしいと、切に願います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 私の思うこと