2009年10月10日

読書の秋

最近、寝る前に本を読む習慣が出来ています。
2週間ほど前に、図書館で借りてきた本を、毎晩寝る前に読んでいます。
数ページ読むと、程よく目が疲れるのか、ぐっすりと眠れる気がします。
単なる睡眠導入材になっている感もありますが、それでも読んでいてとても勉強になります。

一つは「教科書が教えない歴史」というもので、日本の近代史の中で、教科書などに取り上げられていない話等が、簡潔に載っていてとても勉強になります。
近代史は特にいわゆる「自虐史観」に洗脳されていたので、とても新鮮で心に響きます。
日本人って本当に素晴らしい民族なんだなと、改めて嬉しくなります。

そして、もう一つの本が「神道と日本人」という本です。
こちらは春日大社の宮司さんであり、医者でもあった方が書かれた本です。
最初は「神道」って難しいのかな?と読んでいたのですが、神道の教えとか言うよりも、日頃私たちが生きる上で考える事、思い違いの事など、とても身近に感じる内容になっていて、読みやすく解りやすかったです。

日本人は元々、神道が生活の中に密着していて、そこに仏教が入り込み、柔軟に対応して出来たのが、今の日本の姿なのです。
だから皆、お正月になると神社にもお参りに行くし、お寺にも初詣でに行きます。
私たち日本人は生きて行く中で、日々の暮らしの中で神道に関わって活きていたのです。
神道を宗教として捉えるのでは無く、生きる上での知恵として感じる事が大切だと思いました。

本を読んでいると、私の信仰する「天理教」と通じるところが多々あり、同じ教えであると思っても良いくらい、沢山の共通点がありました。
例えば、「身体は神様からのお借りもの」という考えや、病気は本来健康な身体の心に、埃がついて起きる。だから心を祓うのだ。という点。
全く同じと言っても過言ではありません。

この宇宙、世界は神様のお創りになった世界。
それなのに、人間の思惑で生きようとするから、無理が生じて上手く行かなくなる。
この本は、本当に今の日本人に必要な事が沢山書いてある本でした。
本の中にも「日本はこのまま進めばいずれ崩壊する」と書いていました。
私たち日本人は、やはり心を入替えて、本来の日本人のあるべき姿に返らなくてはいけないのですね。

神道と日本人は特に面白かったので、是非手元に置いてまた読みたいです。
また借りてくるか、可能であれば本屋で買うか。
日本人の生きる知恵として、是非皆さんにも読んで頂きたいですね。
そして私も、もっといろんな本を読んで、知識を蓄えたいと思います。
これまで、全くと言って良いほど、知識を蓄えて来なかった私。
きっと脳みそはカラッぽだと思うので、どんどん詰め込みたいと思います(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記