2009年07月27日

やはり危ないと思う民主党

民主党がマニフェストを発表しました。
私もまだ読んでいないし、報道で流されている部分しか見ていませんが、やはり国民にとって「美味しい飴」ばかりのような気がしますね。
「高速道路無料化」「公立高校の無料化」「中学生以下に子供手当として毎月2万6000円の支給」等々。
本当に実現できるのであれば、国民にとって本当に「美味しい話」です。
しかし、「財源は?」と問えば「ムダ遣いを減らして・・・」。

あのねぇ〜〜〜お父さんとお母さんの家計簿のやりとりじゃ無いんですよ。
確かに官僚の天下りやムダな箱物工事、役人の高額な退職金等、本当にムダと思えるものは沢山あります。
しかし、そのムダ遣いを減らす事は賛成ですが、国民にとって美味しい話を実現するための財源と期待するのは、あまりにも幼稚な考え方ではないですか。
これにはさすがのマスコミも少し不安を頂いたのか、「財源は大丈夫なのか?」と報道を始めています。
本当に民主党が政権を担って、本当にこのマニフェスト通りに様々な優遇を行えば、あっと言う間に財源は無くなり、そのツケは結局国民に返ってきます。

私が民主党の胡散臭さを感じるのは、あまりにも国民にとって「美味しい話」が多過ぎるからです。
民主党の掲げる「脱・官僚政治」や「地方分権」は必要ですが、全てにおいて具体性が無く、単に「民主党政権になれば出来る」という実に曖昧な表現しかありません。

さらに、これまで一貫して反対してきた、テロ措置法のインド洋でのアメリカ艦隊への給油活動を認めるような転換をしたり、非核三原則を見直すような表現があったりと、これまでの方針は何だったのか?と思わせる内容が多いです。
これまで散々麻生総理の発言を「ブレている」と批判して来ましたが、この方針転換をブレていると言わずして何を言うのでしょう?

一方で自民党も未だにマニフェストが出てきていないのも情けないですね。
民主党ほど党内の思想がバラバラで無いとしても、自民党も「保守政党」とは言い切れない状態だと思います。
長い長い自民党政権状態による、政権を担う事だけが目的化されたマヒ感覚と、政権獲得のために考えが違う政党とも手を組んで来た事が、自民党の保守色を薄めて来たのでしょう。
やはり社会党との連立、そして公明党との連立は、自民党にとってはマイナスだったと思います。
自民党は本来の自民党の形に戻る事が一番重要な事でしょうね。
そのためには、かなりの大手術が必要だと思います。

私は日本の政党でありながら、日本の国旗「日の丸」を掲げない政党は、正直信用できないと思っています。
民主党に胡散臭さを感じるのも「国民の生活が第一」と言いながら、一切日の丸を掲げない事です。
本当に日本の事を思い、日本の未来を憂い、日本の将来を見据えているのなら、何故国旗を掲揚しないのでしょうか?
自民党以外の政党はどこも国旗を掲揚しないという現実。これが一番恐ろしい現実だと私は思います。

マスコミの言葉狩りも既に始まり、やはり麻生総理の発言を「問題発言」として流し、それを鳩山氏が批判するという、お得意のネガティブキャンペーンが始まりました。
これが逆で、鳩山氏の発言を麻生総理が批判すると、今度は「人の批判ばかりするな」とマスコミは報道します(笑)
あまりにも極端なマスコミの反応に、もう笑うしか無いと言った状態です。

投票日まで後一ヶ月弱。
各政党のマニフェストを見て、政治家の言葉を聞いて、本当の言葉の意味を探り取りながら、国民は投票しなくてはいけません。
マスコミのキャンペーンに躍らされないように、しっかりと自分の意志で投票しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと