2009年07月16日

やぶ蚊の襲来

いや〜毎日暑いですね〜。
関東は梅雨明けしたらしいのですが、関西の梅雨明けはまだみたいですね。
でも、私個人としては、もう梅雨明けしている気がするのですが・・・。

毎年「梅雨明け」と言うと同時にセミが鳴き始めるのですが、今年は数日前から鳴いているのです。
きっと関東方面が梅雨明けした頃に、関西も梅雨明けしていると勝手に私は考えています(笑)
人間がいかに素晴らしい技術を持って、天気の予報や観測を行っても、それを上回る動物の習性が季節を確実に感じているのでしょうね。
昔の人々は、そんな動植物の変化から季節の変化を感じ取っていたのでしょう。

今年の梅雨は局地的に大雨が降る、いわゆるゲリラ豪雨梅雨でした(勝手に命名するな:笑)
雨の降り方が偏っていたので、降るところは一瞬にして降りましたが、降らない所は全く降っていないのではないでしょうか?
真夏になって水不足とかにならなきゃいいんですが。

我が家の庭も、ちょっと気を抜いたとたんに、あっと言う間にサバンナ状態になっていました。
草陰に小動物が隠れていても気付かないくらいに伸びてしまった雑草。
このままほおっておくと、今度はライオンが潜んでいても気付かない状態になりそうです。
雑草が生い茂ると、今度はやぶ蚊が出てきて、野菜や花の水やりの時に刺されてしまいます。
ここしばらくやぶ蚊の発生が増えているので、今日は夕方の短い時間に草抜きをしました。

虫よけスプレーをして、蚊取り線香を置きながら草抜きをしましたが、それでも周囲を蚊が飛び回っています。
目の前を何度も飛び、顔を刺そうと近寄ってきたり、酷い時には鼻の穴に入りかけたりしました。
本当に蚊の飛ぶ音ってイライラしますよね。
やぶ蚊にとっては、草抜きを阻止したかったのか、おそらく私の周辺には十数匹の蚊が飛び交っていたいと思います。

小一時間ほどかけて、草抜きをしましたが、今回は限られた時間の中でしたので、本当に上辺だけ引き抜いた状態です。
雑草の根っこは残っているので、また改めて時間を取って、今度は雑草の根っこから抜かなくてはいけません。

雑草の量が減ったので、少しはやぶ蚊の発生も減ってくれるといいのですが・・・。
毎年やぶ蚊の発生には頭を悩ませています。
何か良い対策はないものでしょうか?
よく「水を溜めておくと蚊が出てくる」と言いますが、水は溜めていませんし、どこから蚊が出てくるのか不思議です。
どなたか良い蚊の退治方法、知っていたら教えて下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記