2009年07月05日

ガンダム誕生30周年

あなたが記憶に残っているアニメって何ですか?
私と同世代なら、マジンガーZやヤッターマン、女性ならキャンディーキャンディーといったところでしょうか。
そんな中で、私が中学生の時に始まったアニメが「機動戦士ガンダム」です。
中学生でしたが、当時ガンダムの斬新なデザインと、リアルなストーリーにはまりました。

それまでのロボットアニメと言えば、マジンガーZ等の「人間vs悪」という単純な構図で、ロボットの作りもアニメの中でしか通用しない物でした。
私がガンダムで衝撃を受けたのは、初めて主人公のアムロがガンダムに乗り込んだ時、捜査が解らず適当に武器を撃ち、玉切れになった事。
これまでのロボットアニメには、絶対に有りえない事です。
その後もガンダムはシリーズを続けて現代に至りますが、私の中ではガンダムと言えば、やはり初代のガンダムであり、アムロとシャーの戦いなのです。

そんな初代ガンダムが登場してから、今年で30周年と言う事らしい。
おぉ〜もうそんなになるのですか。どうりで私も年を取るはずだ(笑)
このガンダム30周年を記念して、東京お台場に「原寸ガンダム」が登場しているようです。
今夜テレビでやっていて、本当にガンダムがそびえ立っていました。
これはガンダムファンにとってはたまらない。
近ければ私も見に行って記念撮影していると思います。

それにしても、もう30年経つと言うのに、初代ガンダムのカッコ良さは変わりません。
やはりシンプルで美しいデザインの初代ガンダムは、ウルトラマンが何十年経ってもカッコいいのと同じなのかも知れません。
最近のガンダムはさっぱり知りませんが、プラモデルとかで見る限り、あまりにもいろんな物が付き過ぎて、アニメの中だけでしか通用しない気がします。
アニメだからそれでいいのですが、初代ガンダムの凄いところは、本当にこれが戦闘戦士として動きそうなリアル感にあります。

今夜のテレビで見たガンダムも、思わず「動き出すのでは・・・」と思ってしまうほどリアルでした。
これは私の個人的な妄想ですが、日本の技術力を結集し、国がしっかりとした防衛費をつければ、本当に実践に適った戦闘用ガンダムというのが出来るのではないかと思います。
そんな必要性があるのか?という大きな疑問はありますが、技術力を結集すれば作る事は可能な気がします。

ガンダムが誕生して30年。
その間に私も少年から大人になり、結婚して子供を持つ親になりました。
今は息子がガンプラを作っていますが、息子はガンダムを観た事がありません。
昔を懐かしんで、初代ガンダムのDVDでも借りて、息子と一緒に観たいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記