2009年06月30日

久々の銭湯&マッサージ

今日は久々にスーパー銭湯に行って来ました。
このところ何かとドタバタで、気がつけば「いつ行ったかな?」と思い出せないくらい、久方ぶりに行きました。
息子も娘もスーパー銭湯は好きなので、大喜びです。
特に息子は、学校から帰ってきて、「宿題を終らせたら・・・」と話すると、大急ぎで宿題を終らせました。

娘を迎えに行き、夕方にはスーパー銭湯に入りました。
私も嫁さんも、身体が疲れ切っていたので、嫁さんは岩盤欲に、私はマッサージを受ける事にしました。
まずは男女別れてそれぞれお風呂に入ります。
私と息子は1時間もしない内に上がりますが、岩盤欲をする嫁さんは時間がかかります。

そこで娘だけ先に着替えさせて、先にあがった私たちの所へ、一人で歩かせました。
女湯からお風呂上がりのスッキリとした顔で、トコトコと娘が出てきました。
息子が3歳の時には考えられなかった事ですが、娘は「お父さん待ってるから一人で行ける?」と聞くと、迷わず一人で歩いてくれます。

しかし、今度は私がマッサージを受ける時間なので、今度は息子と娘2人で待たなくてはんりません。
好きなものを食べて良いという約束で、息子にお小遣いを渡し、私はマッサージルームに入りました。
どうしても困った事があれば、受付で名前を言って入れてもらうよう、息子に伝達しマッサージを受けました。

約半年ぶりのマッサージで、気持ち良〜〜〜〜〜〜くなっているところに、何やら聞きなれた声が・・・。
息子が娘と共にやってきたのです。
「何かあったのか?」と思ったら「お金足りないから100円頂戴」(^^;)
あのなぁ〜。どうしようもなく困ったら・・・と言ったのに、そんな事で来るな!
という言葉をぐっと飲み込み、後からあげる約束で出て行ってもらいました。
他にお客さんがいなかったので、まだ良かったですが、「100円くれ〜」って入ってこられてはたまりません(^^;)

しかし、その後も受付の人と何やら話している声が聞えてきました。
受付の人も気さくに話してくれるので、息子も娘もまるで友達のように話していました。
そうこうしている内に、あっという間に60分のマッサージも終りました。
お陰で身体もだいぶスッキリしました。

私のマッサージが終って、さらに1時間後、嫁さんもスッキリした顔でお風呂から出てきました。
お互いにリフレッシュできたので、また明日から頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記