2009年06月25日

健康の有り難さ

二日ぶりに母の様子を見に行きました。
手術に伴い、奄美から来ていた姉も、今日の飛行機で奄美に帰りました。
この二日間、母に姉が着きっきりでいてくれたので、本当に助かりました。

今日は姉も帰り、大阪の姉も夕方しか来れないので、日中は私が様子を見るために病院へ行きました。
二日前からすると、かなり回復しているようですが、首を固定されているため、首に汗をかいたり食事が食べづらくて苦労しているようでした。

私が側にいても何が出来るわけでもないのですが、誰もいないよりはいいだろうと思い、私一人で様子を見に行きましたが、帰り際に肩が凝っているとの事で、マッサージをして帰ってきました。
首が固定されているのと同時に、首をかばおうとするので、どうしても肩に無理がくるようです。
元々、凄い肩凝り持ちでしたから、肩が凝るのも無理はないと思います。

今まで術後の辛さで、肩凝りが解らなかったのかも知れません。
肩凝りが出てきたと言う事は、逆に考えるとそれだけ回復してきているのでしょう。
私のマッサージでだいぶ楽になったようで、しばらく座ってテレビを見る事も出来ました。
私の帰った後には、また大阪の姉が様子を見に来る事になっていたので、母も安心していたと思います。

明日は私も行けないので、明日の夕方までは何とか頑張ってもらいましょう。
まぁ、看護師さん達がちゃんと看てくれるので、何も心配は要らないと思います。
手術をしてから、約1週間、これから徐々に体力を回復して、歩く練習なども始めていくと思います。
病院としては、1ヶ月を目処にしているようですが、頑張ってリハビリして早く退院できるように頑張ってほしいです。

身内で入院や手術がある度に、自分の家族が健康なのを感謝しています。
そんな時だけ感謝するのでは無く、日頃から感謝しているのですが、ついつい忘れがちになってしまいます。
健康なのが当たり前なのでは無く、健康でいられる事は本当にありがたい事なのですね。
それを常日ごろから忘れる事なく、一日の始まりに感謝し、一日の終りにお礼の気持ちを持つことが大切なのだと思います。

母の入院中は、大阪の病院まで何度も足を運ばなければいけませんが、大阪の姉と二人で協力して、頑張りたいと思います。
子供としての当然の義務ですからね。
一日でも早く良くなる事を願いながら、明日はしっかりと仕事を頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記