2009年06月10日

梅雨入りしましたね

ついにと言うか、ようやくと言うか。梅雨入りしました。
朝からシトシトと雨が降り、お昼頃のテレビで梅雨入りした事を知りました。
もう6月に入って10日経ちましたからね。
例年よりは遅めの梅雨入りでしょうか。

田んぼには水が張られて、苗も植えられ始めました。
不思議なもので梅雨入りしたとたんにカエルが鳴き始めました。
毎年この時期になると同じ事を書いている気がしますが、カエルの鳴き声が不思議と耳障りが良いんですよね。
カエルの合唱じゃなくて、これが猫の合唱や犬の合唱だったら耳障りなんですが、カエルだと心地よい。
これはやはり古の時代から、ずっと日本人が聴き親しんだ、四季の音の一つだからなのでしょうね。

田んぼのある風景は、私が生まれ育った奄美には無かった風景です。
まず山と海に挟まれた狭い土地で、田んぼをするような土地があまり無い事に加え、減反政策で田んぼは殆ど無くなってしまいました。
幼い頃におじいちゃんの田んぼを手伝った事を、かすかに記憶しているくらいで、田んぼのある風景と言うのは私の記憶にはありません。

それもあってか、田んぼのある風景ってとても好きなんですよね。
やはり日本の風景って感じがしますよね。
特にこの時期の田んぼは大好きです。
田んぼに張られた水が鏡のように風景を写し出すので、これまでの風景と一変するんですよね。
室内でも鏡を使う事で空間を広く見せる事が出来るように、田んぼの水が鏡の役割をして、風景を写し出す事で広がりのある風景になります。

これから約ひと月の間、じとじととした期間が続きます。
洗濯物が乾かなかったり、カビが発生したりと、生活の上では困る事も多いです。
でも、この時期にしか見れない花や、活発になる生き物もいますので、それもまた楽しみのひとつです。
そして何より、暑い夏に向けて、しっかり大地に水分を蓄えるための季節です。
梅雨には梅雨の楽しみを見つけて過ごしたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記