2009年06月06日

子育ての悩み

子育ての悩み。
どのご家庭にも多かれ少なかれ子育ての悩みがあると思います。
我が家でも、それなりに子育ての悩みはあるのですが、特に今は息子の悩みが多いです。

息子は小学4年生。
徐々に親の言う事に反抗したり、変な持論を持ち出して来たりと、なかなか素直に話を聞かなくなってきています。
最近はほぼ毎日、息子に怒鳴っている気がします。

今、息子にとって足りないもの。
それは「やるべき事をやる」という事です。
まだ小学4年生なので仕方ない部分もあるのですが、何せやらなければならない事をやらずに、自分のやりたい事を先にしてしまいます。
小さな事で言えば、家に帰ってきて、制服を洗濯物に出し明日の準備をするように、いつも言っているのですが、なかなかそれが出来ません。
すぐにテレビの前に座りテレビを見てしまうのです。

そして一番の問題が宿題。
私は学童で宿題をしていると思い、また息子にも「宿題出来たか?」といつも聞くので、宿題はちゃんと学童で済ませていると思っていました。
ところが学校からの連絡帳を見ると、先生から「宿題が出来ていません」と言う言葉が多数書かれていた。
これには私もぶち切れた。
私には宿題をやったと言いながら、実際にはやっておらず先生に注意されていたのです。
連絡帳をちゃんと見ていなかった私も悪いのですが、息子がウソをついた事が何より許せませんでした。

それからは毎日連絡帳に目を通し、宿題をちゃんとやっているか確認していますが、どうしても息子は宿題よりも遊ぶ事を優先しがちです。
誘惑に弱いんですよね。子供だから仕方ないのかも知れませんが・・・。
息子は決して勉強が出来ない分けではないと思うのです。
ちゃんと宿題もやれば出来るのですが、何せ「やる気が無い」のです。
これが一番私としては許せない。そしてそれをカバーするためにウソをつく事がもっと許せない。

最近息子を怒鳴る事が多くて、正直私自身が嫌になってしまっています。
なるべく息子の気持ちになって、褒めるところは褒めて・・・と思うのですが、ついついぶち切れてしまいます。
そんな自分が嫌でさらにイライラして悪循環になって行くのです。
息子も言われるのが嫌なようで、「分かってる!」「今やろうと思ってた!」等、口答えが多いのですが、口と行動が伴わないので、また言ってしまうのです。

自分の息子ですから、自分の幼い頃の事を思い出せば「息子に偉そうな事言えるのか?」と自問自答してしまいますが、自分が出来なかったからこそ息子には・・・・との思いもあります。
ただ頭ごなしに叱るだけでは息子も嫌気がさすだけなので、なるべく出来た事を褒めるようにしていますが、なかなか難しいですね。
うまいこと「飴とムチ」を使い分けていかなくてはいけないのだと思います。

何かと忙しい毎日の中で、ついつい子供の事をほったらかしになりがちですが、今が大切な時期だと思うので、頑張って見て行きたいと思います。
まるで子供のころの自分を注意しているような気持ちですが、これも私のDNAを受け継いでいる証拠だと受け止め、息子と共に頑張りたいと思います。
これからもっともっと大変な年齢になっていきますからね(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記