2009年06月02日

食文化の違い!?

時々YouTubeを見ていると信じられない映像を見る事がある。
今日も思わず「えっ!?」と思った映像があった。
それもちゃんとテレビで放送されたものなのですが、かなりビックリしました。
それは日テレで放送された映像です。

焼き肉屋さんでの肉を美味しくする方法を紹介していたのですが・・・・。
その方法があまりに信じられない方法でして・・・・。
牛タンを柔らかくするためと言う事で、肉をビッタンビッタン叩き付けている映像でした。
しかもその叩き付けている場所が・・・・・なんと床(+o+)

普通に考えれば食べ物を床に叩く付けるなんて、絶対にやらない行為。
しかし、この焼き肉屋では肉を柔らかくする手段として、日頃からやっているらしいのです。
この衝撃的な光景に、スタジオの面々の表情は何とも言えない表情をしていました。
心の中では「何て不衛生な」「こんな肉をお客に食べさせているのか」と言うような表情でした。

この焼き肉屋は韓国人が経営しているらしいのですが、韓国では肉を床に叩き付けるのが常識なんでしょうか?
それともこの焼き肉屋の経営者だけがやっている事なのでしょうか?
いずれにしても、この番組を見た視聴者から「不衛生だ」「とても問題だ」というクレームが殺到したようです。
そりゃ〜誰が見たってクレームつけたくなりますよね。
こんな肉を出されたら、誰も食べないと思います。

しかし、当所店側は問題が大きくなるのを恐れてか、テレビスタッフにやらされたと説明したらしい。
つまりはやらせ報道であると言いたかったのでしょう。
でも、わざわざ店の評判を下げるような行為を頼まれて、やらせをやる必要性がどこにあるのでしょう?
日テレ側もやらせは否定し、実際にこの行為が行われていたことが解ったわけです。

それにしても、これを堂々とやっている店も店ですが、番組で取り上げて放送してしまうテレビ局もおかしいと思います。
昨年一昨年と食に関する不信感で、日本中が過敏なほどに食べ物の安全性を見ていると言うのに、何も考えずに放送してしまうのが理解できません。
賞味期限切れの食材を使ったり、お客が箸をつけていない料理を使い回した事で廃業に追い込まれた店もあるというのに、床に肉を叩き付けるなんて、それ以前の大問題です。

食品偽装、産地偽装と騒ぎ立てるマスコミですが、これに関しては全く問題としないんですね。
私個人から言わせれば、多少の賞味期限切れの食材の方が、全然問題にはならないと思います。
いくら美味しくなるからと言って、床に叩き付けられた肉を出されても食べたくはありません。
そもそも食材に対する扱いがおかしいと思います。

これからこの焼き肉屋さんはどうなるのでしょうね?
マスコミが騒がなければ、あまり知れ渡らないので、そのまま何もなかったように営業するのでしょうね。
そしてきっと厨房で、また床に肉をビッタンビッタン叩き付けるのでしょう。

おそらく削除されると思いますが、YouTubeの映像を乗せておきます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記