2009年05月27日

麻生vs鳩山 党首討論

自由民主党と民主党の党首討論が実現しました。
本来は麻生vs小沢の予定でしたが、直前になって小沢氏が辞任したため、変わって党首となった鳩山氏が党首討論に立ちました。
国民は「どんな政策のぶつかり合いになるのか?」を期待していたと思います。
私もお互いの政策をぶつけ合い、それぞれの党のカラーを出してくれるのか?と少し期待しましたが、完全に肩透かしをくらいましたね(--;)
もうねぇ〜〜〜〜まるで小学生の学級会みたいでした。

ハッキリ申し上げます。
鳩山さん、あなたが総理になったら、日本はメチャクチャになります。
「友愛社会の実現」という言葉は綺麗ですが、現実問題に関しては何も具体性がありません。
そのことを麻生総理に突っ込まれると、単に「官僚主導の政治」という言葉で、批判を繰り返すだけ。
ネットで全ての討論を見ましたが、全体を通して具体的に話をする麻生総理に対して、抽象的な話で何が言いたいのか解らない鳩山氏という印象を受けました。

民主党支持の方々も、鳩山氏の発言を聞いていて呆れたのではないでしょうか?
これなら岡田氏の方が、もっと具体的で現実的な話をしたと思います。
私は今回の党首討論を見て、「鳩山氏は総理大臣にふさわしい」と考える方がおられたら、鳩山氏のどのへんがふさわしいのか聞いてみたいです。
イメージや雰囲気、人柄だけで一国の総理は勤まりません。
ましてや、この経済危機に加え、北朝鮮問題等のとても難しい外交が必要なこの時に、「友愛」という言葉だけで具体性の無い総理大臣は必要有りません。

鳩山氏が総理大臣になったら、「愛を持って接すれば北朝鮮も理解を示す」なんて言いそうですね。
現実問題をそっちのけで愛だけ語られても日本国民の命は守れません。
まぁネット動画で「日本列島は日本人だけの所有物じゃありません」なんて言う人ですから、日本国民よりも在日外国人の方が大事なのかも知れませんね。

これからも党首討論をするような話をしていましたが、こんな低レベルの討論をされても、時間と税金の無駄です。
もっと具体的な現実的な討論をして頂きたいものです。
税金のムダ遣いを指摘するのなら、こんな低レベルな討論をした鳩山氏こそ税金のムダ遣いだと思いました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと