2009年05月04日

憲法記念日の翌日に思う

昨日は「憲法記念日」でした。
今までは特に深く考える事も無かったのですが、最近は「憲法記念日」という日を意識するようになりました。
今の日本国憲法が日本国民の手によって、もしくは日本の政治家の手によって書かれた憲法では無いという事を、恥ずかしながら感じずに育って来ていました。
それどころか「平和的な世界に無い素晴らしい憲法」という認識すら持っていた時期もありました。

憲法と言うと、やはり大きく取り上げられるのが「憲法9条」です。
護憲派の方々は「こんな素晴らしい憲法は無い」「憲法9条があるから平和が維持できる」と言われます。
しかし、どう考えても憲法9条と、今の世界情勢を含めた日本の立場とは、矛盾がありすぎます。
確かに憲法9条を世界中の国々が守り、武器を放棄し軍隊を解隊し、核を放棄すれば世界は平和になるかも知れません。
現実的ですか?どう考えても非現実的です。

護憲派の方々は、「それを日本が広めて行く義務がある」と言いますが、どうやって広めるのですか?
何を言っても聞かない中国、勝手に竹島を占領して独島と名乗る韓国、いつまでも北方領土を返さないロシア、平気で日本国民を拉致し、おまけに平気でミサイルを飛ばす北朝鮮。
一体どうやってこんな国々を相手に憲法9条の精神を広めるのですか?
日本は自国の軍隊で守る事ができるように、憲法を改正して本当の独立国にならなくてはいけません。

6ヶ国協議がなかなか進まないのも、中国との様々な問題が解決しないのも、韓国が竹島を勝手に占領しているのも、ロシアが北方領土を返さないのも、北朝鮮が拉致被害者を返さないのも、日本をアメリカの子分だと見ているからです。
アメリカさえ刺激しなければ、日本の言う事など何とも思わないのです。
そんな国々に囲まれた日本は、本当に危険な状態にある事を、もっと日本国民は意識しなければなりません。

日本国民の手で、私たちの手で憲法を作り直して、本当の意味での独立国になれば各国の対応も変わって来ます。
そんな意味では、やはり安倍政権が崩壊したのは、日本にとって本当に痛手だったと言えるでしょう。
最近の麻生バッシングにも匹敵するくらいに凄かった、当時の安倍バッシング。
安倍氏の時はKY(空気読めない)、麻生氏はKY(漢字読めない)と、徹底的にネガティブキャンペーンを繰り広げました。

民主党小沢氏の秘書逮捕で、多少麻生バッシングも陰を潜めた感がありますが、それでも所々で揚げ足をとるような報道が見られます。
現在の麻生総理、そして側近だった中川昭一氏、そして安倍元総理、徹底的にマスコミに批判された人々の共通する点、それは「保守政治家」であるという事です。
どうもマスコミは保守政治家は嫌いなようで、何かと狙われている感じがしています。

しかし、安倍氏もそんなマスコミを少しずつ利用するくらい、心身共に回復してきたようで、関西中心の番組に出演していました。
しかも、その時のテーマが「憲法」です。
リアルタイムでは見ていませんが、YouTubeに動画が多数アップされていて、じっくりと見てみました。
やはりこの人は「総理の器の人だ」と改めて思いました。
筋の通った話の内容と清潔感と品格が、日本国の総理というイメージにピッタリです。
是非再び総理の座につく事を期待します。前回の政権では成しえなかった事を、次こそ実現して欲しいです。
「美しい国」を是非作って頂きたいですね。

出演されていた番組は「たかじんのそこまで言って委員会」です。
興味のある方は一度ご覧下さい。









posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと