2009年03月25日

イチローと一郎

昨日はWBC優勝の話題で、日本中が持ち切りだったことでしょう。
そしてその中での1番の主役は、やはり「イチロー」でした。
しかし、実はもう1人の「イチロー」も世間の注目を集めていました。
そうです。小沢一郎さんです。
同じいちろーさんですが、活躍が全く違いますね。

政界の方の一郎さんは、ついに秘書が起訴されてしまいました。
逮捕後の記者会見で「絶対に起訴される事はない」と言い切っていましたが、ついに絶体絶命のピンチに追い込まれました。
それでもまだ党首を辞めないとのこと。
身の潔白を表明し、検察と戦っていくようです。

そして何が何でも政権交代をして、国民の政治を目指すと時折涙ぐみながら訴えておりました。
皆さんは記者会見を見てどう思いましたか?
これまでは自民党の批判を散々行い、時に責任問題を追及し、現に中山昭一さんは責任を取って大臣を辞任しました。
責任と言っても、マスコミと野党(特に民主党)が祭り上げたものです。

それでも中川氏の場合は、潔く身を引きましたが、民主党は身内の問題にはとても寛容です。
秘書が逮捕され起訴されている事実がありながら、やれ国策だ陰謀だと言って、責任逃れをして小沢氏をかばい続けています。
国策だ陰謀だと話をすり替える前に、もっと秘書逮捕の問題の説明責任を果たすべきではないでしょうか?

人間個人単位の話になりますが、よく人の批判を好き好んでする人がいます。
いわゆる「陰口」が好きな人ですが、そんな人に限って自分自身何も出来ない人なんですよね。
話を聞いているともっともらしい論調で、人の批判をし、さも自分が優秀なかのような雰囲気を醸し出します。
話が上手いのでつい信頼してしまうのですが、実際の行動を見ていると全く言ってる事と伴っていない。
そして出来ていない事を追及されると、必ず出来なかった言い訳を述べ、護身に回りさらには責任転嫁に走ります。

私は今の小沢氏と小沢氏を擁護し続けている民主党を見ると、この個人単位の話に近いものを感じます。
自民党はダメだ。と批判し、いかにも自分たちが政権を取れば、すばらしい事が実現できるような雰囲気を醸し出しますが、我が身の不祥事が出た瞬間に護身に回っています。
さらには検察を批判し責任転嫁に走っています。
正直言ってこんな政党に政権なんて任せられません。
仮に政権任せたら無茶苦茶な舵取りして国をメチャクチャにしたあげく、うまくいかなかった言い訳だけして、最終的には自民党や他の党の責任転嫁しそうな気がしてなりません。

マスコミも民主党に政権を取らせようと、一生懸命旗振りをして来ましたが、小沢氏の問題でどう対応していいか悩んでいるように感じます。
首相の漢字間違いは大々的に責め立てたのに、今回の大問題はマスコミにとっては目の上のタンコブで動きがとてもぎくしゃくしています。
これって完全にフェアな報道になっていませんよね(笑)
多くの国民がテレビを信用しなくなっていますが、それでもマスコミは今のままの姿勢で報道を続けるつもりでしょうか。

自民党も民主党も関係ない、悪い事は悪い、それが普通の報道だと思います。
マスコミにとって民主党に政権を取ってもらった方が、都合が良いから自民党の事を大問題にするのは、公共の電波を使った詐欺犯罪と言っても良いと思います。
おそらくBTO(放送倫理・番組向上機構)には多くの苦情が寄せられていると思います。
皆さんも「おかしい?」と感じたら、どんどん声を出していかなくてはいけません。
政治も国民の声を気にしていますが、マスコミも同じです。
私たちが声を出していかないと、今のマスコミは変わりません。

おかしいと感じたらBTOに意見を出しましょう。
http://www.bpo.gr.jp/
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと