2009年03月22日

息子の友達関係

今日は嫁さんが、元後輩の結婚式に招待され、京都まで出かけて行きました。
そのため、我が家は私と息子・娘の3人でお留守番。
しかし、息子は友達と遊びたくて、友達の家へ電話をしていました。
そして数分後、お友達が2人やってきましたが、やってきたのは託児所時代のお友達。
1人は家族での付き合いがあるお友達ですが、もう1人は久々に遊びにやって来ました。

託児所時代には仲良く遊んでいた友達ですが、学校が別々になってからは、なかなか遊ぶ機会も減ってしまいました。
以前は学童が同じだったので、学童でよく遊んでいましたが、今は学童も別々になり、遊ぶ機会は減っています。
しかし、先週友達から電話が来て、我が家に遊びに来てから味をしめたのか、今週も遊ぶ約束をして、昨日もそして今日も遊びにやって来ました。

3人でゲームをしているようだったので、私は娘と自分の部屋でくつろいでおりました。
しかし、途中からやたらと賑やかになったので、1階に降りてみると、何故か子供が増えています。
よく見ると息子の学校の子供達が混ざっています。
偶然遊びに来たのか、来る約束をしていたのか、我が家は一気に子供が6人程来て大混乱です(笑)

しかし、考えてみたら学校が違うので、全く認識の無い子供同士なのですが、全く違和感なく遊んでいます。
子供って遊ぶ時にはそんな事関係ないのでしょうね。
しばらく様子を伺っていましたが、Wiiをして遊ぶ子供、息子と裏庭に出て遊んでいる子供、やはり遊びはそれぞれ別のようでした。

託児所時代のお友達は常に息子と一緒に行動しているようで、息子が外に遊びに行くと、一緒に外に出て行きましたが、2人ほど残ってゲームをしているのは、同じ学校のお友達。
お友達といっても、多分ひとつ下の子供だと思います。
息子と遊びに来たのか、それともゲームをしたかっただけなのか?
何となく後者のような感じがしないでもないのですが(笑)

託児所時代のお友達や、今の学童のお友達は、親の顔が見えているし、子供の性格も何となく解るのですが、同じ学校の学年違いの子供は、まだよく分かりません。
本当に息子と遊びたいのか、ゲームを目的に来ているのか、微妙なところです。
今の子供の遊び方ってこんな遊び方なんでしょうかね?
ちょっと寂しい気がしました。

ゲームが悪い訳では無いのですが、友達よりもゲームの方が重要になっている子供もいるのかも知れないと感じた一日でした。
「一緒にいて楽しいから」というのが友達の基本だと思うのですが、「ゲームを持っているから」というのが友達の基本になる子供は、大人になってから人との繋がりが難しくなってくる気がします。

息子も今度は小学4年生。
これから益々難しい年頃になっていきます。
友達付き合いも多種多様になってくると思うので、親としてもしっかりと見守っていかなくてはならないですね。
あまり深入りはせず、少し距離を置きながら、息子の行動を見守りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記