2009年03月21日

ミサイル問題に思う

テレビではWBCの報道が盛んですが、非常に気になる問題として「北朝鮮ミサイル発射問題」があります。
北朝鮮は「人工衛星」と主張しているようですが、ウソである事は誰が見ても解ります。
日本の上空をミサイルが飛んで行くというのに、何故か日本は静かです。
変に不安を煽ってしまっては、北朝鮮の思うツボですので、冷静に判断するのが正しいと思うのですが、どうも冷静に判断しているという雰囲気でもありません。

麻生総理は「例え人工衛星であっても、日本に被害が及ぶ可能性があれば迎撃する事が出来る」と、強気とも取れる発言をしました。
しかし、この事はあまりマスコミには取り上げられていません。
日本国内では反応が薄いのですが、逆に海外の方がこの発言に敏感に反応しているようです。

当事者の北朝鮮は「迎撃したら戦争だ!」と、得意の脅し文句で騒いでいます。
またヨーロッパの諸国などは、これまで全ての事において弱腰な発言しかしなかった日本が、今回のミサイル発射に関しては、強気な発言をしている事にとても驚いているようです。

麻生総理の発言は普通に考えればごくごく当たり前の事だと思います。
例え仮に人工衛星であろうとも、日本国内に危険が及ぶようであれば、追撃を行う。
普通どこの国も当たり前に発言する事です。
しかし、これまで日本は摩擦をさける外交ばかりしてきて、これまでであれば黙ってミサイルが上空を行き過ぎるのを見守っていたかも知れません。
その意味でも今回の麻生総理の発言は、当たり前の事のようで、とても重要な意味を持つと思います。

何かすると「自衛隊反対」「憲法9条を守れ」等と、高らかに公言する党や議員がいますが、このミサイル発射問題をどのように対応したら良いのか?是非意見を聞かせてほしいと思います。
ソマリア沖海賊問題に関しても、「自衛隊が行くのは問題」として、反対の立場を表明してきた野党は、今回の件にどのように対応するのが良いとお考えなのでしょうか?
例え日本に被害が及ぶ可能性があるとしても、黙って日本上空をミサイルが飛ぶのを見守るお考えなのでしょうか?

それこそ北朝鮮の願いであり、一度実現すれば、二度・三度と同じ事を繰り返すでしょう。
相手との摩擦を避け、日本が一歩引いた外交をすれば、相手はその一歩を踏み出して来ます。
そしてさらにまた一歩踏み出すために、日本に圧力をかけてくる。それが外交なのです。
単に「仲良くしましょう」と握手をして終るだけでは何も解決しません。
お互いの国益のため、「戦争も辞さない」くらいの強い姿勢で立ち向かわなければ、相手は何歩でも日本の方に踏み込んできます。
現にそうやって中国は東シナ海のガス田開発を行い、韓国は竹島を武力行使で支配して「我が領土」と国民に意識付けさせています。

今回の普通の事が、諸外国に取っては「これまでの日本と違う」と感じた事であり、ようやく日本は相手の圧力に屈するだけの外交でなく、ハッキリと物を言う外交に一歩踏み出せた感じがします。
麻生総理には是非この姿勢を貫き、日本の主張をどんどん行っていって欲しいです。
そのためにも、国民がそれを支持する強い姿勢を示さなければいけません。
景気対策や雇用問題など、国内の問題も蓄積していますが、その問題だけで判断するのではなく、様々な事を評価した上でトータル的に判断してほしいと思います。

そのためには、何度も同じ事をつぶやいていますが、マスコミの情報を鵜呑みにしない事ですね。
様々な情報を総合的に見て、自分の頭で考え判断をしましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと