2009年03月11日

そろそろ桜の開花が気になる

最近暖かくなってきましたね。
いよいよ本格的な春の訪れが迫ってきた感じです。
そろそろ「桜の開花はいつ!?」という話題が出始める頃でしょう。
今年は暖かくなるのが早い感じがしているので、桜の開花も早いのではないでしょうか?

例年であれば、3月終りから4月頭に開花です。
ちょうど入学式の頃に桜が満開になる事が多いです。
息子が入学した日も、学校の桜が満開だったのを覚えています。
あれからもう3年経ち、来月からは4年生になるんですよね。
信じられないです(^^;)

私の故郷の奄美大島では、桜は「緋寒桜」という種類があるだけで、それも山の奥に咲いているような桜です。
さらに開花時季が1月終りから2月中旬頃という、こちらでは真冬の時期です。
まぁ奄美でのこの頃は、奈良の春くらいの気温だからなのでしょうけどね。

ですから、私は満開の桜を見たのは、ここに来てからなのです。
春の満開の桜と、秋の燃えるような紅葉の景色は、私には本当にカルチャーショックの光景でした。
奄美では見れない風景ですからね。
桜と言うと、入学式のイメージとダブりますが、もちろん私は入学の頃に桜のイメージはありません。
桜が無かったですからね(笑)

でも、息子の入学、そして毎年その時期になると、桜を見て感慨深くなります。
本当に桜は日本の花なんだなぁ〜と思います。
桜を愛して止まない民族。
華麗に咲いて潔く散る様の美しさと儚さ。
日本人の心に深く響いているのでしょうね。

今年もまた、満開の桜を見れる事が楽しみです。
開花の時期のブレさえあれど、毎年この時期に桜が咲く事が、当たり前のようで幸せな事ですね。
誰かが頑張って咲かせているわけでも無く、私たちが日々の生活に追われていても、しっかりと花を咲かせ、ひとときの宴を催してくれる事に感謝したいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記