2009年02月17日

中川財務相辞任

中川財務相が辞任を発表しました。
「もうろう会見」「泥酔会見」等と騒がれた、あの会見からスピード辞任です。
確かにあの会見の報道だけ見ると「酔っぱらってるの?」と思う場面もあります。
しかし、マスコミの得意の編集報道で、そんな場面ばかりを集めて報道すれば、「ずっとこんな状態だったのか」と印象づけられてしまいます。

体調がすぐれない状態で、風邪薬と腰痛の鎮痛剤を多量に服用した事が原因だと思う。と本人は釈明していますが、マスコミは勝手に「酒の泥酔」と決めつけています。
この人の場合、お酒が好きでお酒にまつわる話もあるので、マスコミにしてみれば格好のネタだったのでしょう。

今回の報道を見て多くの国民が「何という醜態」「日本の恥さらし」と罵倒し怒ったことでしょうね。
でも少し冷静になってみませんか。
今回騒がれている報道は、記者会見の事ですよね。
何でG7そのものの会議の内容については、全く触れていないのでしょう?
記者会見が記者会見にならなかったという事実は問題であっても、そこを大問題とするよりも、会議の中身を国民に知らせる事が先ではないでしょうか。

私も会議の内容について、詳細を知らないのですが、一部の報道ではアメリカに対してかなり厳しい意見を出していたようです。
そんな内容は全く報道されず、ただただ記者会見での様子を何度も何度も報道して、大問題に仕立てていった感が否めません。

確かに体調管理が出来ていなかったという点。
日頃からお酒が好きで、過去にお酒にまつわる話もあった点。
それは本人の責任であることは確かです。
しかし、人間である以上、風邪も引けばお酒も飲むでしょう。
G7の本会議での内容を評価することも無く、ただただ記者会見での醜態を罵倒するだけでは、本当の意味での報道にはならないと思います。

そして「中川氏続投」から「中川氏辞任」に変わった事も、また麻生首相のブレと報じています。
これってブレですか?麻生首相は辞めろと言ったわけでもなく、本人の意思を尊重しただけではないのですか?

今回の中川財務相の記者会見をフォローするつもりはありません。
この結果は本人の失敗だと思うので、本人の責任です。
しかし、何度も言いますが、まずはG7での実績を報道して下さい。
今回の報道も単なるマスコミのあげあし取りにしか見えません。
安倍政権の時の報道にそっくりです。

多くの国民は「求心力の無い政権にウンザリだ」と言いたいところかも知れませんが、私は「求心力の無い政権に見せる努力をするマスコミにウンザリだ」と言いたいです。
フェアに評価できる状態に報道するのが、マスコミの役目では無いのですか?
しっかりと内容を伝えた上で、「この記者会見については問題だ」というのなら納得できます。

私の目にはマスコミが「早く解散させて総選挙しましょう」「自民党はこんな状態ですから民主党に投票しましょう」と報道しているように見えて仕方有りません。
自民党が良いとは言いません。自民党の中もいろんな人がいて、かなりバラバラになっています。
しかし、民主党が良いとも言えません。
民主党は単に政権を取りたいが故に、今は表面上だけ団結しているように見えます。
そもそも民主党の大半は、旧社会党ですし、支持母体は日教組・自治労・総連・民団・解同などです。
この事自体が報道されませんから、国民は知らないというのが正直なところでしょうね。
でも、ネットで調べてみれば、どんどん出てきます。

何も民主党を批判するつもりはありませんが、もっと真実を知る必要があることは確かです。
マスコミが正しい報道をしない以上、私たちは自分の力で情報を収集しなければなりません。
政治には興味が無い国民性の日本ですが、興味を無くしているのは、まさしくマスコミの報道の責任です。
真実を正しく伝え、一人ひとりが自分の頭で考えなくてはいけません。
私たち一人ひとりに、明日の日本、日本の将来がかかっているのです。
考えるのを辞めた時、それは日本国民を辞めた時と言っても過言ではないと思います。

大変なこの時だからこそ、真実を見て、自分の頭で考える努力をして行きましょう。
日本を動かすのはマスコミではありません。
私たち国民一人ひとりの思いです。
私たちの子供に、そして孫に、すばらしい国を繋いでいきたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと