2009年02月12日

マスコミを利用する小泉元首相

何だかね〜見ていてこっちの方が笑っちゃいました。
麻生総理の「郵政民営化に賛成では無かった」発言を受け、小泉元総理がついに口を開きました。
「最近の首相の発言には怒るというより笑っちゃうくらい、ただただあきれているところだ」と発言したようですが・・・・・・。
テレビでもチラッとだけ見ましたが、これを見て多くの国民が「そうだそうだ!!」とうなずいているのでしょうか?
きっとうなずいているのでしょうね。

私も郵政民営化には賛成の意見でしたが、当時は中身を詳しく知った上で賛成したという事ではありませんでした。
どちらかと言えば小泉劇場に躍らされていた感が強いです。
きっと多くの国民がそうだったのではないでしょうか?

私は小泉元総理の外交姿勢や、拉致問題の発起等、評価できる点は多く有ると思っています。
しかし、国内の事については、評価出来ない点もあります。
郵政民営化自体には賛成でしたが、その中身について詳しく知っているか?と聞かれても答えられません。
そんなレベルの国民が多かったと思います。

そして今も似たような事が起きています。
麻生総理の支持率低下、漢字読み間違い等、本当に総理の実務の中身は分からないけど、マスコミが批判しているから、麻生総理はダメだという意見が多いのではないでしょうか。
確かに今回の「郵政民営化には反対だった」発言は、ちょっと軽はずみな発言だったと思います。
しかし、総理の発言・言葉ひとつひとつを突いてばかりで、全く中身の事が伝わってきません。
まとまりの無い自民党も自民党なら、政策を論じず、揚げ足取りばかりの野党も野党です。

今回の小泉元総理の発言も、元総理としては全く評価できない発言です。
総理の座を譲り、次の総理に権限を渡したのなら、あれこれと批判する権利は無いと思います。
麻生総理が「郵政民営化をしてみたが、少し見直した方が良い」と判断したのなら、一国の総理の判断として受け止めるべきです。

その点、安倍元総理は立派だと私は思います。
世間一般ではマスコミの情報操作で「KY(空気読めない)」だの「政権投げ出し」だの言われていますが、安倍総理の実績等を全く報道しないで、単に批判だけの報道ですからね。話になりません。
一度安倍元総理を独占インタビューする内容の番組がありましたが、その時に「今の福田政権に対して言いたい事はありませんか?」との質問に次のように答えました。
「私は総理の座を降りました。今は福田政権です。総理が変わったのですから、その総理のやり方を見守るのが前任の務めです。」

例え影響力があろうと無かろうと、今の総理のやり方を見守るという姿勢。私は立派だと思います。
もし言いたい事があっても、きっとアドバイス的な事で、マスコミの前では話さないのでしょう。
言いたい事があっても、言って良い場合とそうでない場合があります。
今回の小泉元総理は、マスコミに格好のネタを提供した感じに見えます。
まぁ元々この人の手法ですからね。マスコミも利用され、それで国民も踊らされた訳です。

やはり国民ひとりひとりが冷静な目で、報道を見て、自分の頭で考えなくてはいけないと思います。
自民党がダメだから、政権交代すれば良くなる・・・・なんて、単純な気持ちで考えてはいけないと思います。
自民党の何がダメなのか。では民主党に変わったらそれが実現できるのか?
「一度やらせてみたら良い」と言う人もいますが、その人は民主党のどこに政権能力があると思うのか。

マスコミの報道だけに頼らず、自分の目で見て頭で考えて、しっかりと政治に関わっていかないといけないと思います。
私たちの国なのですから、私たちが政治に関わって国を変えていかなければなりません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと