2009年02月10日

懐かしい番組

「最近のテレビは面白くない」
そう感じるのは私だけでしょうか?
いやきっと多くの人がそう感じていると思います。
テレビ局もそれを感じてっているのか、番組編成を行いはじめているようです。
報道やドキュメンタリーを増やす方向性のテレビ局もあるようです。

ゴールデンタイムの芸能人のばか騒ぎ番組は、正直もう要りません。
見る気もしないし、たまたま見ていてもウンザリしてきます。
私の見るテレビって、本当に限られている気がします。
曜日ごとに思い出してみよう。

月曜日 午後8時〜世界まるみえ 9時〜深いい話(見たり見なかったり)
火曜日 特に指定無し
水曜日 特に指定無し
木曜日 午後8時〜アンビリバボー 午後9時〜ケンミンSHOW
金曜日 午後11時20分〜探偵ナイトスクープ
土曜日 午後9時〜世界不思議発見
日曜日 午後8時〜動物奇想天外 午後9時〜行列の出来る法律相談所(見たり見なかったり)
その他・・・時々気分で各局報道番組を見る

まぁこんな感じでしょうか。
後は息子が見ているアニメ番組を、一緒になって見ているくらいです(笑)
本当にテレビがつまらなくなってきました。
昔はもっと面白い番組があったと思うのですが、逆に言うとそれだけ満たされていなかったのでしょうね。
今はもう情報が有り過ぎて、物も有り過ぎて、テレビを見てもすでにお腹一杯の状態で満足できないのだと思います。

昔の番組を時々思い出して、YouTubeやニコニコ動画で見る事がありますが、やっぱり昔の番組の方が味があると言うか、制作する側の気持ちが伝わってくると言うか、心に残る気がします。
今日も何気にニコニコ動画を見ていて、とても懐かしい番組を見つけました。
それはNHKでやっていた「新日本紀行」という番組。
日本の各地の行事や文化等を紹介する番組です。

私はこの番組のオープニングの曲が好きでした。
厳かなイメージであり、懐かしい雰囲気のする曲は、子供ながらに心に響いていた記憶があります。
ニコニコ動画で見つけて、思わず見てしまいました。
アップされていた動画は、伊勢神宮とその周辺の人々の紹介でした。
とてもシンプルな構成ですが、飾らないからこそ伝わってくる、本当の日本の美しい姿がそこにはありました。
とても感動しました。

NHKも何故昔はこんな素晴らしい番組が制作できていたのに、今は・・・・と思ってしまう。
NHKに限らず民法も、残して欲しいと思う番組や、復活して欲しいと思う番組は、どんどん消えていってしまいます。
そして残った番組が、今の低俗な番組の数々。
完全に視聴者とテレビ局の間に隙間が生じています。

NHKの「新日本紀行」やTBSの「まんが日本昔ばなし」等は、また是非復活してほしい番組です。
不況のあおりを受けて、テレビ局も他人事ではないと言われています。
それならば、いっその事、昔に戻って同じ番組を制作してはいかがでしょうか?
私より上の世代には懐かしい番組で、再び脚光を浴びるでしょうし、私より下の世代には、逆に新鮮に映って脚光を浴びるでしょう。

時代は巡るもの、古き良き時代に戻り、「テレビとは」というシンプルな気持ちからやり直せば、また視聴者にとって面白い番組が出てくると思います。

新日本紀行知らない人は一度見て下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記