2009年02月07日

息子の剣道への道

毎週土曜日は息子の剣道の練習があります。
今日もいつも通り練習がありましたが、私は学童の入所説明会があり、そちらに出席のため剣道の練習は嫁さんが連れて行きました。

夜遅くに帰ってくると娘は寝ていましたが、息子は起きていました。
「今日の練習はどうだった?」と聞くと、何故か「練習はしていない」という返事。
嫁さんに詳細を聞くと、今日はずっと防具の着け方の練習をしていたのだとか。
これまでずっと、基本の練習で防具は着けずに練習していた息子。
剣道を始めて約10ヶ月。ようやく防具を着ける時期が来たようです。

面はずいぶん前に、知人の方から「お古ですが・・・」と言う事で頂いていました。
小手も別の方から頂いていて、後は胴と垂が必要ですが、これも今日頂いたようです。
胴はなんといつも教えて頂いている先生のお古です。
しっかり胴の内側に先生の名前が入っていました。
これは気合いを入れて使わせなければいけませんね(笑)

息子が剣道を始めてから、私たち夫婦も初めて剣道の世界を知ったので、本当に分からない事だらけです。
最初は袴の付け方すら分からない状態でしたが、今度は防具の付け方一式覚えなくてはいけません。
しかし、嫁さんが言うには、息子の方がしっかりと覚えていたようです。
やはり子供のほうが飲み込みが早くて覚えるのも早いんですよね。

今までずっと基本で練習してきた息子。
初めて袴姿で竹刀を持った時にも、「なかなか様になってるな」と親バカで見ていましたが、防具を着けるとこれまた「ますます様になってるな」と親バカで見ていました(笑)
これからは防具を着けて練習をして、本格的な試合にも出て行く事になると思います。

息子が通っている剣道教室は、指導する先生方が本当にボランティアで行っていて、月謝という物がほとんどありません。
一応会費的な物は集めていますが、それも剣道の練習を行う上で必要な物に使うお金です。
親の負担もそんなに無く、私たちのように共働きで忙しい家庭には本当に有りがたい事です。

現在、小学生が10人くらいいるのですが、6年生が卒業すると一気に小学生の数が減ります。
なかなか剣道をする子供というのがいないようで、少し宣伝活動をした方が良いかも知れません(笑)
私たちも息子が言い出すまでは、剣道のけの字も知らない状態でしたから、きっと知らない人が大勢いると思います。
息子が剣道をするようになってから、武道の素晴らしさ、礼儀作法の美しさ、精神を鍛えるたくましさを知った気がします。
その辺を広く伝える事が出来たらなぁ〜と思っています。

防具を着けて本格的な練習に入って行く息子。
少しずつ男児らしさを身に付けて行く事でしょう。
武道としての剣道から、武士道を学び、礼儀作法を身に付けて、立派な剣士となり真っすぐな成長をして欲しいと願います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記