2009年01月25日

これは欲しい

雪や〜こんこん。あられやこんこん。
今日は結構雪が降りました。
積もるほどではありませんでしが、一時的に降った雪に子供達も喜んでいました。

それにしても寒いです。
一年を通して、今が一番寒い時期ですからね。
寒ければ寒いほど、温かいお風呂や家族揃っての団らん・食事、お布団・・・なんてのが、幸せに感じることが出来ます。
寒い時には寒いなりの楽しみかたをしていきたいですね。

さて、話は全く変わりますが、最近CMで「太陽系をつくる」というCMが流れているのをご存知でしょうか?
毎号発売されるパーツを組み合わせる事により、太陽系の惑星の動きを忠実に再現した、太陽系タワーみたいなのが出来るのです。
デアゴスティーニというところが出している物ですが、この手のもの、以前からよく出ていましたよね。

時に車だったり、SLだったりと、思わず興味を持ってしまう内容の物が多いのです。
今回の「太陽系をつくる」も、思わず目を奪われましたが、ここは正気に戻ってよくよく考えました。
一度買うと、ずっと買い続けないと太陽系は完成しません。
創刊号は790円ですが、次からは1,790円になります。
それを一体何冊買えば良いのでしょうか?
単純に太陽系の「水・金・地・火・木・土・天・海+太陽」9個のパーツが必要だとして、創刊号は790円ですが、その後1,790円×8で14,320円。
これに創刊号の790円を+して15,110円。最低でもこの金額という事になるのでしょうか。
冷静に考えると、とても出せる金額ではありません(^^;)

しかし、もう一つ魅かれている物があります。
こちらんデアゴスティーニが出している「日本のうた・こころの歌」です。
これは正直買ってもいいかなぁ〜と思っています。
創刊号は290円で次からは990円です。
ちょっと創刊号との差が大きいですが、CDを一枚買うと考えればそんなに高い物ではありません。

最近、私の中で「日本を見つめ直す」という気持ちが高まってきています。
今まであまりにも日本の歴史や文化、そして日本の素晴らしさを知らずに育ってきた気がします。
そんな気持ちからも、この「日本のうた・こころの歌」は、とても欲しいのです。
創刊号は290円なので、買ってみようかと思っています。

それにしても、このデアゴスティーニは、なかなか消費者心理を突いてきますね。
これからも思わず「欲しい」って思うような企画を出してくるのでしょうね。
デアゴスティーニの作戦に引っ掛からないように、冷静にCMを見ようと思います(笑)
「日本のうた・こころの歌」だけは引っ掛かりましたが(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記