2009年01月21日

オバマ大統領誕生

ついにオバマ大統領が誕生しました。
凄かったですね。人の数。
日本では考えられない事です。
まるでスーパースターのロックコンサートのような人の数でした。
いやそれ以上ですね。

それだけアメリカにとっても、世界にとっても期待の大きな大統領だと言う事でしょう。
何しろアメリカ初の黒人大統領ですからね。
新しい時代が始まったと感じる人は多いのでしょう。
そして昨年の経済危機から、アメリカを救う事ができる大統領として捉えているのだと思います。

しかし、それだけにオバマ大統領としては、本当に大変な就任だと言えるでしょう。
期待感が大きいだけに、期待に添えなかった時の失望感も大きいと思います。
これからアメリカをどう導き、世界に対してどう対応するのか、日本にとっても期待と不安の交錯する大統領だと言えるでしょう。

ブッシュ大統領時代に起きた9.11テロ、そしてテロとの戦いと言う題目で始まったアフガン戦争、さらにイラク戦争。
イラク戦争に関しては、大きな負の遺産としてオバマ政権に引き継がれます。
就任スピーチではイラクから兵を撤退させ、アフガンの安定に兵を送ると言っていましたが、結局アフガンが再びタリバンの勢力が強くなってきたので、兵力を移動させるだけの気もします。
これまでのアメリカの対応では無く、新しいアメリカの対策を打ち出してほしいものです。

厳しい船出ですが、大勢の国民と全世界の注目を受けて動き出したオバマ政権。
新しいアメリカとして、日本ともより良い関係を築いていける事を願います。
私たち日本国民も、新しいアメリカを冷静に見て、分析しながら判断していかなくてはいけない時代だと思います。
いつまでもアメリカの傘の下で平和を演出していてはいけません、
自立した国家として、アメリカと対等に話のできる国でなければなりませんね。
本当の友と言うものは、言うべき事は言える関係でなくてはいけませんからね。

アメリカのこれからをしっかりと見ていきましょう。
もちろんそれ以上に、日本の政治も本質をしっかりと見ましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記