2009年01月17日

あれから14年

阪神・淡路大震災から14年になりました。
もう14年にもなるのですね。
でも被災地の犠牲者の方や、親族や大切な人を亡くされた方にとっては、つい先日の事のように心に深く深く、刻まれていることと思います。

震災発生時、私は家で一人で寝ていました。
嫁さんとは付き合っていましたが、まだ結婚する前でした。
明け方に地響きで目が覚めたのを、今でも覚えています。
そして突然大きく、グラッ家が大きく横揺れしました。
まるで家ごと引っ張られているような、とても大きな横揺れでした。

私の住んでいるところでは震度4でしたが、それでも揺れる前の不気味な地響きと、大きな揺れは未だに記憶から消えません。
もっとも被害の大きかった、神戸や淡路北部の方々にとっては、一生忘れる事のできない震災だと思います。

地震大国と言われる日本。
本当にいつどこで大きな地震がおきてもおかしくはありません。
阪神・淡路大震災の後も、各地で大きな地震が起きています。
日頃から地震に対して、心の準備をしておかなくてはいけませんね。

14年前はまだ独り身でしたが、今は守るべき家族がいます。
私一人だけは無く、家族全員で震災の事を考え、大震災が起きた時にどのように行動するのか、また防災品の確保等を考えていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記