2008年12月31日

よいお年をお迎え下さい

いよいよ今年も残すところ、あと6時間となりました。
今年もあっという間に過ぎ去っていった感がありますが、思い返すといろんな事がありました。
私自身の事でも社会全体の事でも、本当にいろんな事があった一年だったと思います。
必ずしも楽しい事、嬉しい事ばかりではありませんでしたが、何よりも家族揃って平成20年を締めくくれる事、新しい平成21年を迎える事ができるのが嬉しいですね。

仕事の事でも家庭の事でも、そして社会全体の事から、今私が関わっている学童の事まで、本当に勉強させられた一年でした。
苦労も多かったと思いますが、その分自分の体験として残り、それが知識として身に付いていくのではないかと思っています。

このブログも帰省の時を除いては、休まずに続けてこれたのも、ブログを見て頂いている方々、そしてコメントを下さる方々のお陰だと思います。
本当にありがとうございます。
来年も日々の日記から作品の事、そして社会への自分自身の思いなど、ざっくばらんにつぶやいて行きたいと思います。

そして今年やりたいと思いながら、出来ずに終ってしまった事を、来年は必ず実現させたいと思います。
今年一年本当にお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。
皆さん、どうぞ良いお年をお迎え下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月30日

娘の名言集!?

今年も残すところ後1日です。
今日は朝から残りの大掃除を・・・・と、思っていましたが、やはり無理でした(^^;)
出来る範囲の所だけやって終りにしました。
そして午後からは、一年の疲れを取る意味で、スーパー銭湯に行き久々にマッサージを受けてきました。
嫁さんと私と時間差でマッサージを受けましたが、二人ともとてもリフレッシュできて良かったです。
やはりプロのマッサージというのは良いですね〜。とても体が軽くなりました。

今日は娘が面白い事を話したので、それをちょっと紹介したいと思います。
最近、ますます言葉が達者になってきた娘。
お兄ちゃんの言葉遣いを真似たりするので、一時期自分の事を「俺」と言っていたりしました(^^;)
今は殆ど言わなくなりましたが、時々面白い言葉を使ったりします。

そして今日は会話の中で、思わず笑ってしまった事が2回ありました。
まずは1回目。
午前中に私たちが掃除に追われている時に、お兄ちゃんが娘を外で遊ばせようとして、玄関先で二人で話していた会話です。

お兄ちゃんがボールを取り出して「ボール遊びする?」と娘に聞きました。
しかし、お兄ちゃんのボールはサッカーボールやドッチボール等のボールです。
どれも娘にとっては重くて遊べるようなボールではありません。
それでもお兄ちゃんはお構いなしで、娘に「どのボールにする?」としつこく聞いてきます。
娘は最初小声で「ボール固い」と言っていたようです。
ところがお兄ちゃんが話を聞かずにボールを持ってくるので、しまいにはキレてしまいました。

その時の言葉

「もぉ〜〜〜固いって言ってるの!!」

近くで聞いていた私と妻は爆笑。
しかしお兄ちゃんは何で笑っているのか分かってないようでした(笑)

そして2回目の言葉。
それはお昼ご飯を食べる時の事でした。
二人とも2階の私の仕事部屋で、iMacでDVDを見ていました。
嫁さんが内線電話で「ご飯だよ〜」と呼ぶと、二人とも「はぁ〜い」と返事して降りてきました。

ところが居間のドアを開けたままで閉めていません。
ストーブで暖まっている部屋に、玄関からの冷たい風が吹き込んできます。
嫁さんが「誰かドア閉めてきて」と言いますが、息子は最後に入ってきたのは自分じゃないと言い動きません。
そこで嫁さんが娘に「ドア閉めてきてくれる?」と聞くと、素直にはぁ〜いと返事をしましたが、そこに続けて一言。

「お兄ちゃんが開けたのに?」

再び私も嫁さんも爆笑。
息子は2歳8ヶ月の妹にきつい一言を言われ、苦笑いしながら負け惜しみのように「だまれ!」と言うのが関の山。

娘の多弁には参りました。
最近日増しに言葉が巧みになってきています。
今からこんな調子では、小学生になる頃には口では誰も勝てなくなるかも知れません。
息子がこの時期には、まだしっかりとした言葉すら話せていなかった気がします。
恐ろしや女子力(笑)
男2女2の我が家ですが、男2は口では絶対に勝てないと思った一日でした(爆)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月29日

大掃除の一日その2

本日も昨日に続き大掃除の一日でした。
しかし、昨日と違い今日は嫁さんが仕事なので、私一人での大掃除でした。
昨日同様、午前中は張り切って手伝ってくれた息子も、午後からは遊びたいモード全開。
娘と遊ぶふりをして、一緒に自分の見たいDVDを見たりと、午後からは完全に一人での大掃除となりました。

午前中は玄関の大掃除。
息子は早く水で洗い流したいようで、玄関の物品をいち早く外に出していました。
単に水遊びの感覚なのでしょうね(--;)
先ずは埃を掃き出して、ようやく水で洗い流します。
息子は楽しそうに水で洗い流していました。

午後からはトイレ掃除をしましたが、息子はもう完全に「自分の役目は終った」という態度。
娘とDVDを見たりしています。まぁ、娘の子守をしていると思えば、まだ助かるので、一人でトイレ2カ所を大掃除しました。
1階のトイレはまだマシなのですが、2階のトレイはかなり汚れが酷く、掃除のやりがいがありました。
2カ所とも綺麗になって、気持ち的にもスッキリしました。

その後は仕事部屋の大掃除にとり掛かったのですが、娘が私にくっついてきて結局途中で諦めました。
仕事部屋は明日の午前中で片付けたいと思います。
あくまでも希望ですが(笑)

しかし、大掃除って不思議なものですね。
大変な掃除なのですが、一年間の汚れを落とすと思って掃除をすると、自分自身でも一年間の心の掃除をしている気になります。
一年の間には楽しい事も辛い事もいろいろあります。
嫌な事も辛い事も、大掃除で落とす汚れと共に消し去ってくれそうな気がします。
今年もいろんな事がありましが、良い事は引き続き、嫌な事は大掃除と共に洗い流して、よい年を迎えたいですね。
明日までもう少し大掃除がありそうですが、頑張って今年の汚れを落としたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月28日

大掃除の一日

今年も残すところ後4日。
まだ大掃除が終っていない我が家は、本日気合いを込めて大掃除を開始しました。
もっと早くから行う予定でしたが、やはり例年通りこの時期になってしまいました(^^;)

まずは窓拭きから開始。
息子も娘も窓拭きには興味を示し、一緒に窓拭きしました。
とは言っても、背の届く範囲でちょこちょこ拭いている程度ですけど。

午後からはさらに気合いを入れてお風呂掃除。
しかし子供達はとっくに飽きてしまって、それぞれ部屋で遊んだりテレビを見たり・・・。
お風呂はさすがにかなり汚れていて、水あかやカビがいたるところに。
カビ取りの洗剤と重曹を使ってじっくり洗いました。
約3時間程かけてようやくお風呂の大掃除完了。

嫁さんは同じくらいの時間をかけて台所を大掃除していました。
こちらもかなり汚れていたようです。
お風呂と台所はピッカピカになったので、明日は玄関・トイレを中心に大掃除を行いたいと思います。
そして最後は仕事部屋。
毎年大掃除の時間が取れず、仕事部屋はキッチリと大掃除出来ていません。
明日は頑張って仕事部屋も大掃除したいと思います。

ただ、明日は嫁さんが仕事でいないので、息子に手伝ってもらって頑張らないといけません。
息子の手が助けになるのか邪魔になるのか、分かりませんがとにかく手伝ってもらう予定です。
娘もいるので、もしかしたら娘の遊び相手をしてもらう事になる可能性も高いですけどね。

今年の汚れ今年のうちに。
明日もしっかり大掃除を頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月27日

ご飯が炊けない(TT)

朝起きてビックリ仰天。
昨夜セットしたはずのご飯が炊けていない。
昨夜は嫁さんがセットしたので、てっきり予約し忘れたのかと思って、慌てて「炊飯」ボタンを押すも、全く反応しない?

おかしいな?と、「解除」ボタンを押しても全く反応が無い。
コンセントを抜いて再度入れても、同様に全く反応が無い。
液晶パネルに「E-09」という数字が表示されているだけ。
完全に故障してしまったようです。

娘のお弁当を作らなくてはいけないので、とりあえず冷凍したあったご飯を使って、娘の弁当を作った。
娘を託児所に送って、壊れた炊飯器を抱えジョーシン電機に向かった。
修理専門のコーナーがあるので、そこに持ち込んで見てもらうためです。

ところが壊れた状態を説明し「E-09」という表示が出ると説明すると、「完全な電気系統の故障なのでお預かりになります。」との返答。
しかも、この年末のタイミングです。
店員さんも申し訳なさそうに「メーカーが休みに入っているので、こちらではどうしようもないもので・・・」。

そうだった。世間はもう仕事納めして、完全に正月休みに入っているのだった。
修理ができ上がるのが、いつごろになるのか聞いてみたところ。
「メーカーの休みが明けてからの対応になりますので、おそらく1月中旬頃になるかと・・・」。
どえぇ〜〜〜〜〜1月中旬!!!!!!

どうしようも無いので、とりあえず修理を依頼する事にしました。
買った時に5年間保証に入っているので、修理代はかからないと思いますが、修理が終るまでの間どうしよう。
夕方に嫁さんが仕事が終ってから、再度皆でジョーシン電機へ向かい、今度は炊飯器のコーナーへ行きました。
さすがに炊飯器が無いのは致命傷なので、値段を見て買うか考えようと言うことになったのです。

安いものであれば、1万円以下からあります。
しかし、見るからに安っぽい(^^;)
良さそうだな〜と思うと、やはり4〜5万円程。
炊飯器が戻ってくるまでの繋ぎとして、安いものを買うか、それとも思い切って新しい炊飯器を買うか、あ〜でもないこ〜でもない・・・と、二人で炊飯器の前で悩んでいました。
しかし、どちらにしても炊飯器が戻ってきた時に、炊飯器が二つになってしまうので勿体無い。
とりあえず慌てて買う事をしないで、考える事にしました。

明日からは娘も託児所お休みに入るので、弁当作りは要らなくなります。
ご飯を炊くのは家で食べる分だけになるので、何とか方法を考えてみたいと思います。
明日から我が家はサバイバル状態になるかも知れません(笑)
炊飯器を使わずにご飯を炊く方法。
ネットで探してみよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月26日

イブの悲しみ

クリスマスの時期だったのであえて触れませんでしたが、とにかくビックリしました。
飯島愛さんの突然の死。
誰もが「え!?何で?」と思ったでしょうし「もしかして自殺?」と思った方も多いでしょうね。
私も一瞬「自殺」という文字が頭をよぎりましたが、遺書も見つかっていないし、親しい人の話では新しい事業にとり掛かっていて、これからという時だったのでありえないらしいです。

一年半ほど前に芸能界を引退したのが、昨日のように思い起こされます。
レギュラー出演していた「金スマ」で惜しまれながらスタジオを去って行ったシーンが未だに脳裏に残っています。
確かあの時、手相占いの先生と、何度も話をしていて「芸能界を辞めないほうが良い」と言われ続けていたように記憶しています。
こんな結末が何となく見えていたのかも知れませんね。

また、私はリアルタイムで見ていないのですが、YouTubeで見た金スマの放送では、飯島愛自身が、よく当たると評判の台湾の占い師に、「3年後にいなくなると言われた」と話しています。
この時は冗談っぽく「3年後がお楽しみ。もしかしたらこのVTR貴重になるかもよ。」と言っていましたが、まさか本当になるなんて・・・。

私は占いって良い事は信じて、悪い事はあまり気にしないという、勝手解釈なんですが、占い師の人には彼女の未来が、何となく見えていたのでしょうか?
それならば何とか回避する方法が無かったのでしょうか?

テレビで見るキャラよりも、本当は真面目で繊細でとにかく周囲に気を使う人だったと、多くの関係者が語っています。
死因はまだ明らかになっていませんが、睡眠剤等の薬の摂取が要因では?と言われています。
本当の自分を出せずに「飯島愛」をずっと演じていたのかも知れませんね。
波乱万丈な人生を歩んできた故の、彼女なりの生き方だったのでしょうが、素直な自分をさらけ出せる人に出会っていたら、また違った人生を歩めたのかも知れません。

人は皆、一人では生きていけない。
いくらお金があっても、地位も名誉もあっても、一人の寂しさわびしさは消さないのでしょう。
クリスマスイブの夜に、たった一人で遺体となって発見されるなんて、あまりにも悲しいです。
関係者やファンの方々は本当に無念だと思いますが、何より本人が一番無念なのではないでしょうか。
「こんなハズじゃなかったのに・・・」と思いながら、天に召されたのではないでしょうか。
今はただご冥福を心よりお祈り申し上げます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月25日

Happy Christmas

今日はクリスマス。
昨夜は嫁さんが夜勤でいなかったので、我が家では今夜クリスマスホームパーティを行いました。
家族だけのささやかなパーティですが、ここに来て問題発生。

夕方に息子を迎えに行き、娘を迎えに行くと、何故か先生に抱っこされている娘。
私の顔を見たとたん大泣きしてしまいました。
どうやら熱が出ていて機嫌が悪かったようです。
先生が言うには夕方に38度まで上がったようで、本人もしんどかったのでしょう。
いつもなら、元気にバイバイして帰るのですが、今日は私に抱かれたまま帰りました。

車で待っていたお母さんを見つけると、今度はお母さんにベッタリ。
昨日の朝から会っていないので、尚更嬉しかったのでしょうね。
お母さんと会って元気になったのか、先程まで愚図っていたのがウソのように、ご機嫌にお喋りを始めました。
家に着く頃にはすっかり元気になった娘。熱も下がっているようです。
子供のパワーって凄いです。

家に着いて「さぁクリスマスパーティの準備を」と思っていたら、今度は息子がなかなか車から降りてきません。
おかしいな?と思って息子を見に行くと、今度は息子が「しんどい」と言ってぐったりしています。
何となく微熱もあり、結局そのままホットカーペットの上で寝てしまいました。

せっかくのクリスマスだと言うのに、子供達が体調不良ではどうしようもありません。
ケーキも美味しい料理も用意しているのに・・・・。
仕方ないので、息子は寝かせたまま、まずはお風呂に入る事にしました。
お風呂でぽっかぽかに温まって出てくると、息子はまだ寝ています。
熱も上がってきていますが、何故か「ご飯は食べれる」と豪語しています。

ご飯の準備も出来、息子を起し、子供はスパークリングジュースを、大人はスパークリングワインを開けて乾杯!!
「ご飯は食べれる」と豪語した息子も、やはりあまり食が進まない様子。
そこで先ずは薬を飲ませる事にしました。
子供達のペースでゆっくりとご飯を食べて、有る程度食べ終ったらケーキの登場です。

ロウソクに火を灯し、皆でジングルベルを歌った後に、息子と娘にロウソクを消してもらいました。
娘はお兄ちゃんの真似をして、ふーっと言いますが、ロウソクの炎が揺れるだけ。
結局はお兄ちゃんに消してもらいました(笑)
薬が効いてきたのか、お兄ちゃんも徐々に元気になってきました。
美味しいケーキも食べて、我が家のクリスマスパーティも何とか無事終りました。

子供達の発熱というトラブルがありましたが、家族皆でクリスマスを出来るのは幸せな事ですね。
ちょっとだけ贅沢して美味しい料理と美味しいケーキ。
ささやかだけど、家族の思いでのひとつとして残ってくれたらと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月24日

Merry Christmas

今朝、息子が興奮気味でまだ寝ている私の所にやってきた。
「サンタさんが今日来てくれた!」と私に報告しに来たのです。
息子の中では今夜から明日の朝にかけて、プレゼントが届けられると思っていただけに、ひと足早いプレゼントに驚きと喜びで興奮していた感じでした。

息子のプレゼントは天体望遠鏡。
サンタさんも頑張ってプレゼントしてくれました(笑)
早速一人で組み立てていましたが、夜になるまで星は見れないので、組み立てだけで終りました。
そして娘には木製のキッチンのおもちゃです。
娘は後から起きたので、お母さんに「サンタさんがプレゼント持ってきたよ」と説明されながら「サンタさん!?」と半分分かったような半分理解していないような返答でした。

しかし、プレゼントの箱を見るなりニヤリと笑い、早速箱からおもちゃを出してもらいました。
実は昨日、買い物に行った時に、息子にガンダムのザクのプラモデル。
娘には木製のおままごとセットを買ってあげていました。
北海道のおじいちゃん・おばあちゃんから、クリスマスプレゼントとしてのお金を頂いていたので、そのお金でおじいちゃん・おばあちゃんからのプレゼントを買ってあげていたのです。

娘はちょうど木製のおままごとセットと、木製のキッチンセットで、完全に気分は料理している状態です。
朝から思わぬプレゼントにしばらく遊んでいました。
そして託児所から帰ってきても、一生懸命料理している娘。
ところが私がご飯の準備を始めると、自分の木製のフライパンを持ってきて「お料理する」と言い出しました。
娘は自分のフライパンで、実際に料理が出来ると思っているようです。

さすがにおもちゃのフライパンを持ってきてもらっては困るので、おもちゃを戻して本物のフライパンで料理している所を、少しだけ手伝わせました。
IHヒーターなので、火に因る火傷の心配はありませんが、熱くなったフライパンを何度も触りそうになり、ヒヤヒヤしながらの料理体験でしたが、本人は満足した様子でした。

星が出ていたら息子と一緒に天体望遠鏡で観測をするつもりでしたが、残念ながらイブの夜は星のない聖夜になりました。
明日の晩、星が出ていたら見てみたいと思います。
今夜は嫁さんが夜勤のため、我が家のクリスマスパーティは明日の予定です。

子供達にとってはひと足早いクリスマスでしたが、今夜世界中でサンタさんが活躍していることでしょう。
世界的に厳しい経済情勢ですが、それぞれにステキなクリスマスになってほしいと思います。
皆さんもステキなクリスマスをお過ごし下さい。
Merry Christmas
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月23日

祝 天皇誕生日

今日は祝日。
そうです、天皇陛下のお誕生日でした。
もう75歳になられたのですね。
そして天皇陛下に即位されてから、もう20年になるのですね。

今日の一般参賀では、「厳しい経済情勢の中にあって、多くの困難に直面し、厳しい年の瀬を迎えている人々も多いのではないかと案じています」と今の経済不安を心配された上で、最後に「皆さんも健康を大切にし、健やかに新年を迎えられるよう願っています」と述べられたそうです。

日本人にとって天皇陛下の存在って、絶対的でありながらも象徴的な存在という、とても不思議な存在ですが、天皇あっての日本国であることは疑いの無い事実です。
神武天皇から始まり、現在の天皇に至まで125代続く事は、本当に世界の中でも奇跡と言える事でしょうね。
しかし、私たち日本人はそのことをあまりにも軽く感じている気もします。
私自身がそうなのですが、天皇という存在を単なる象徴と捉えていました。
少なくとも最近までは。

しかし、日本の歴史、日本の民族性を紐解いていくと、本当に天皇無くては今の日本は無かったと言えます。
私は歴史が大の苦手で、特に日本の歴史は好きでは無かったので、この歳になって本当の日本の良さを実感している次第です。本当に勉強不足です。
今さらながら、本当に良い国に生まれ育ってきたのだな〜と思います。

体調不良が報道されている天皇陛下ですが、逆に国民を気遣うお言葉は、本当に嬉しい限りです。
不況が叫ばれる年末ですが、そんな不況風吹っ飛ばして、健やかな年を迎えたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月22日

教育の変化

本日をもって息子は2学期を修了しました。
持帰ってきた通知簿を見せてもらうと、ほぼ一学期と同等の評価。
良くも無ければ悪くも無く、ABCの三段階の評価で大半がB。
Aは2〜3ほど、さすがにCは無かったけれど、一般教科の殆どがBでした。
そして良いのはやはり図画工作。
カエルの子はカエルってことですかね(^^;)

でも、私が息子の頃は、大の算数嫌いだったので、その点私よりはずっとマシなんだと思う(笑)
特に苦手意識や嫌いな教科は無いみたいなので、親としては成績良い方が嬉しいけど、平均レベルで自分の得意分野を伸ばして、このまま頑張ってほしいな〜と思います。

息子の教科書を見ると、私が子供の頃の教科書とはえらく違います。
最初「えっ!?これが教科書!?」と思いました。
私が子供の頃の教科書ってモノクロで、結構なページ数があった記憶があるのですが、今の教科書って薄くてカラーなんですよね。
これもゆとり教育の一環で行われたことなんでしょうか?

一見するとカラーで分かりやすい気もするのですが、こんなんでどこまで勉強できるのだろう?って思う感じもします。
まぁまだ3年生なので、これくらいでも十分なのかも知れませんけどね。
4年生になったら、どんどん勉強量も増えてくると思うので、教科書も変わってくるのかも知れません。

学力低下が叫ばれている今の子供達ですが、やはりゆとり教育の招いた結果なのでしょうか?
それだけでは無いと思いますが、システムとしての大きな要因であったことは確かでしょうね。
今の子供ってあまりにも大事にされすぎている気がしますね。
教育に限った事では無く、何事においても大人が子供を守ろうとし過ぎます。

子供って肉体的にも精神的にも叩かれて傷ついて、子供なりに苦しんでもがいて、自分で答えを出せない時に初めて大人が手を差し伸べてあげる。
私の子供の頃にはそんな感じだったと思います。
子供は子供なりに、自分で考え自分で行動していたと思います。

今の子供達は全て大人の考えの基、叩かれないように傷つかないように守られ過ぎています。
子供が模索する前に大人が答えを出し、もがいている子供を見て「かわいそうだ」と感じる親が多過ぎるのだと思います。
もがいている時こそ、子供として大きく成長できるチャンスなのです。親はしっかりと子供のもがいている姿を見て、タイミングを見て手を差し伸べたり、ヒントを教えたりしなくてはいけないと思います。

と、頭で分かっていても、なかなか実生活では難しいのが現状です。
私も偉そうに書きましたが、自分が出来ているのか?と言えば、出来ていないと思います(^^;)
でも、親もそうやって子供ともがきながら苦しみながら子育てをして、子供と共に成長できればいいのだと思います。

さて明日から冬休み。
息子は「たっぷり遊べる」と思っているようですが、宿題もあるし我が家の課題の大掃除もあります。
年内は遊ぶ時間など無いと言い聞かせて、しっかりと勉強と手伝いをさせたいと思います(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年12月21日

筋肉痛が心配な餅つき

今日は日曜日ですが、朝から大忙しでした。
午前中は学童の行事と、息子の剣道の練習が重なっているために、まずは学童のほうに顔を出して、10時前には息子を剣道の練習に送って行き、再び学童に戻り再度11時過ぎに練習終った息子を迎えに行き、またまた学童に戻るという、目まぐるしい動きになってしまいました。

そんな最中でも、学童では行事として大掃除と餅つきがあり、私は餅つきのお手伝いをして来ました。
昔ながらの方法で、杵と臼で餅をついていきます。
ペッタンペッタンとつく度にお米が餅に変わって行きます。
昔の人は皆こうして餅をつくっていたんですよね。

子供達も興味津々なので、大人があらかたついた餅を、最後につかせましたが、杵が重くてなかなか振り切れません。
餅をついているというよりも、杵を持ち上げて落としているという表現が的確ですが、それでも子供達は必死で餅つきをしていました。

何でもそうですが、子供達にでき上がったものを食べ与えるのでは無く、こうやって餅ができるという事を体験させてから、餅を食べさせることが大切ですね。
自分たちでついた餅だと思えば、美味しさもひときわでしょう。

子供達は楽しんでいましたが、餅つきをしたお父さん達は、最後はヘトヘトでした。
もちろん私も餅つきをした後は、腕がぷるぷる振るえていました(笑)
私が幼い頃には、親戚の家に集まって餅つきをしたのを覚えていますが、それからはした記憶がありません。
時代の流れで、餅つきをする家庭も無くなり、今となっては何かのイベント等でやるくらいなのでしょうね。

ひと足早く、年末気分を満喫した餅つきでしたが、この餅つき後遺症が二日後に現れないか心配です(笑)
きっと二日後には「あいたたたたぁぁぁ」と筋肉痛になっていることでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月20日

剣道に見る教育論

今日は土曜日の剣道の練習は、今年最後の練習でした。
明日は日曜日の合同練習で、明日で今年の剣道の練習は終りになります。
息子の突然の「剣道やりたい」発言から、半年以上経ち「いつまで続くか?」と疑問視していたのですが、何とか続けてこれました。
まだまだ基本の段階で、本当の剣道の厳しさを知らないのですが、それでも礼儀作法を重んじる武道なので、とても良いと思っています。

私が最初想像していたよりは、優しい練習内容で「もっと厳しくしごいて欲しい」と思うくらいです。
ただ、まだ基本の段階なので、あまり厳しくするよりは、先ずは剣道の楽しさを分かってもらう事が先決なのかも知れません。

しかし、厳しい時には厳しいです。
家の息子と同じ基本の子がいるのですが、同じ三年生で、この二人が本当によくふざけている。
親としては見ていて「ふざけるな!」と叫びたい気持ちでいつも見ています。
あまり度が過ぎると、先生の喝が飛んでくるのです。
今日も今年最後の土曜練習とあってか、日頃よりも先生の指導が厳しかったです。

態度がだらしない時や、返事がしっかりしていない時は、先生も容赦なく喝を浴びせます。
今日も一人先生の逆鱗に触れ、そこから先生の指導が厳しくなりました。
見ていた私としては、「いつもこれくらい厳しくして欲しい」と思ったくらいです(^^;)

今の子供達って、やはり大人に対しての「怖さ」を感じていない気がします。
私が子どもの頃の大人の存在って、本当に怖くて逆らえない存在だった気がします。
だから大人に対しては、言葉遣いも注意したし、大人の話をちゃんと聞いていました。
しかし、今の息子達の世代を見ていると、本当に大人を友達感覚で見ている気がします。
良く言えばフレンドリーなのですが、目上の人を敬うなどと言う態度は微塵も感じられません。

これもやはり戦後教育の招いた結果なのでしょうか?
子供に対して親が注意しなくなり、近所のおじちゃん・おばちゃんも叱らなくなり、学校の先生も叱らなくなった。
今の子供達は大人という存在を、本当に軽く見ているのでしょうね。
現にどうしようもない大人がいるのも現実ですが、子供には幼い頃から「目上の人を敬う」という気持ちを持たせなくてはいけません。
その意味でも剣道の練習は、先生を始め先輩方の目上の人を敬う気持ちが必要なので、本当に良いと思います。
ただ、息子がどこまでそれを感じてくれるかが、一番の大きな課題なのですが(^^;)

日本らしさが失われ続けてきた今日の日本。
これからどんどん日本を見直して、本来の日本の良さを取り戻していけたらいいなぁ〜と思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月19日

つぶやけない・・・

昨日は、ほぼ一日ブログのサーバが落ちていて、閲覧も出来ませんでした(TT)
ってな訳で日付越えてからつぶやいております。
訪問しようとして閲覧出来なかった方々、御迷惑をおかけしましたm(__)m
日頃普通に使える物が使えなくなると、本当に困るものですね(^^;)
文句を言いたいところですが、無料で使っている物に文句も言いずらいし・・・。

ふと思ったのですが、今私のようにブログを書いている人って、いったいどれくらいいるのでしょう?
一時期は大量に増えたブロガーも、次第に減っているのではないかと思います。
最初は日記として書いていても、次第に書くネタに尽きたり、日を空けるようになってきて、次第と更新しなくなり、結局辞めてしまった・・・って人も多いのではないでしょうか。

実は私が毎日つぶやいているのも、日を空けると辞めてしまいそうな気がするから・・・という理由もあります。
もともと日記を書くのが大の苦手だった私ですから、このつぶやきを続けていること自体が奇跡なのです(笑)

私の場合、テーマをひとつに絞らずに、いろいろな事をテーマとしてつぶやいています。
ですから、私のつぶやきを読んで頂いている方は「今日はどんな内容!?」って思いながら読んで頂いているのかも知れませんね。
多くの場合、期待外れの内容だと思いますけど(^^;)

今年も残り僅か、そして今年も一年間、なんとかつぶやきを続けてこれました。
体調不良や実家への帰省等を除いては、毎日つぶやくことが出来たので、まぁ自分としては合格点ですかね。
ただ、内容に関しては?ですけどね(笑)
もっともっと読む人の気持ちになって、読みやすい、分かりやすい内容・文面を心がけたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月18日

世界的不況の波

世界的な経済不振が広がりを見せる中、日本の大企業も軒並み打撃を受けています。
世界恐慌と言ってもいいような経済不振の広がりです。
アメリカのビッグ3(フォード・GM・クライスラー)も経営危機が騒がれ、国の救済法案も破棄された事から、一層の不安が広がっています。
もはやアメリカの市場主義は完全に崩壊したと言えるかも知れません。

しかしアメリカ以上に深刻な国があるようです。
それが中東のリゾート大国「ドバイ」。
先日テレビで特集していましたが、完全にバブルがはじけてしまったようです。
株価は暴落しリゾート開発もストップしてしまったようです。

ドバイと言えば、セレブが訪れるリゾート地で、不思議な形のホテル等がよくテレビで紹介されていました。
私たち庶民の目から見ると、明らかに別世界の無縁の世界に写りました。
未来都市としてアピールして大成功を収めたドバイでしたが、やはり無理があったようですね。

もともとドバイって石油が出ないところで、何の資源もない乏しい所だったようです。
そこで大規模なリゾート計画を立て、世界のセレブを呼び込む事で、大成功を収めたように見えましたが、私は以前からテレビで見ていて「こんな世界が続くわけが無い」と思っていました。
半分貧乏人のひがみ根性もあったと思います(笑)
しかし、日本のバブルでさえ簡単に崩壊したのですから、ドバイのバブルが崩壊しないハズがありません。

景気の良い時には、自然とお金と人が集まってくるかも知れませんが、一度不況になれば一気に去っていきます。
本当の強い経済と言うのは、不況の時にでも崩壊しないものです。
日本が長い長い不況を乗り越えられたのも、強い経済力があったからでしょう。
本来日本人は物を大切にし、もったいないという思いから、様々な自然界の物を有効に使いこなして来ました。
この世界的な経済不振に、日本の大企業も大打撃を受けていますが、今こそ基本に振り返って欲しいと思います。
そして不況の時こそチャンスです。

特に車産業は一気に電気自動車に移行するチャンスだと思います。
私もそうですが、多くの人はガソリンを使わない車の普及を待ち望んでいると思います。
従来の車が売れないのなら、一気に電気自動車に移行して普及を目指して欲しいです。
もちろん国のバックアップも必要ですが、電気自動車が活気づけば大きな突破口になると思います。
是非頑張ってほしいと思います。そして我が家の車買い替えの頃には、電気自動車が普及していることを願います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月17日

毎日ドタバタと・・・

あぁ〜何か毎日がドタバタと過ぎて行く〜。
気がつけばもう12月後半に入っている。
仕事の方はだいぶ落ち着いてきたものの、家の中は荒れ放題(笑)
片付ける気力もなく、ちょっと片付けては子供達が散らかして・・・の繰り返し。
こんなんじゃ大掃除どころでは無い(-.-;)

子供って何であちこちに物を散らかすのでしょうか。
まぁ家が片づいていないので、子供達も自分の物や家の物をあちこちに散らかすのでしょうけど。
毎日仕事終って、子供達迎えに行って、晩ご飯作って、嫁さん迎えに行って、お風呂入って、ご飯食べたらもう寝る時間。
これの繰り返しです(笑)

日常のサイクルって、自分が知らない内に決っていて、それを改善しようとしてもなかなか出来ないものです。
特に子供が小さいと、自分が思っている時間では絶対に進んではくれません。
ご飯を作っている時に抱っこをせがまれたり、お風呂に入ろうとしても嫌がられたり、お風呂に入っても遊んでばかりで、なかなか洗わなかったり・・・・と、自分のペースで行動しようとすると、絶対にイライラが溜ります。

子供のペースに合わせなくてはいけないことは分かっているのですが、そうするとただでさえ遅い晩ご飯&就寝時間が、ますます遅くなってしまいます。
何とか子供達をその気にさせて、やるべき事をさせるようにしていますが、一日終るとグッタリです(笑)

嫁さんも朝からお弁当作ったり、朝ご飯作ったりと忙しいのに、子供達がなかなか起きてくれなかったり、行動が遅いとイライラしてしまうようで、毎朝朝から疲れています(笑)
この負のサイクルを何とか変えて行かないといけません。
子育てって本当に・・・・大変(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月16日

今年もイルミネーション点灯

今年も残り半月になってしまいました。
あっという間の一年でした。
大掃除早めにしようと思っていても、やはり出来ていません(^^;)
今年も年末かぁ〜。

クリスマスまであと1週間。
サンタさんも準備を整え、後は本番を待つのみとなりました。
どのタイミングでサンタさんが来るのか?
また考えていかないといけません。

クリスマスムードも高まり、恒例の駅前広場にもイルミネーションが登場しました。
昨年はブルーイルミネーション一色でしたが、今年は色んな色が使われているようです。
本日、嫁さんを迎えに行った時に、横を通ってチラッと見ただけなので、また今度カメラ抱えて写真撮りに行こうと思います。

毎年、駅前広場でイルミネーションが点灯するのですが、何故か1月の中旬頃までイルミネーションやるんですよね。
個人的には同じ期間やるのであれば、11月下旬からクリスマスまでやった方が良いと思うんですが。
どうもクリスマスを過ぎて、正月を過ぎてもイルミネーションが煌めいているのは、ちょっとしっくりと来ません。
クリスマスに向けて気分が高まり、クリスマスを過ぎるとお正月モードになり、お正月も終ると日常に戻るのに、イルミネーションだけ変わらず続いていると興醒めしてしまうのです。

しかし、クリスマスに向けてイルミネーションが無いのは寂しいので、今年もイルミネーションがあるのは良かったです。
また写真撮ったらアップしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月15日

新作「ハロースノーマン」「幸せに抱かれて」

2ヶ月ぶりの新作です(^^;)
先月は忙し過ぎて新作描けませんでした。
最近、夜の時間に制作をする気力がありません。
以前なら皆が寝静まってから「これからだぁ〜」と言う感じで制作していたのですが、気力・体力共にありませぬ。やはり歳のせいでしょうか(笑)

そんな中、今月は何とか2作品出来ました。
ひとつは以前描いたイラストの続編イラストです。
まずはその続編イラスト「ハロースノーマン」から。

081215-1.jpg

【ハロースノーマン】
白い季節がやってきました。
仔犬にとって待ちに待った季節です。
春先に泣きながらお別れしたスノーマンと再び会えるのです。
しんしんと降り積もった雪から、子供達の手によって元気なスノーマンが姿を見せました。
寒い寒い白い季節。
二人にとっては楽しい冬の始まりなのでしょうね。

昨年描いた「ラストスノーマン」の続編イラストです。
春先に雪解けと共に消えてしまったスノーマン。
冬になったらまた会う約束をして旅立っていきました。
寒い季節に嬉しい再会の喜びを描いてみました。

次は二つ目の「幸せに抱かれて」。

081215-2.jpg

【幸せに抱かれて】
音も無く降り積もる雪の夜。
一面の銀世界に森も静寂に包まれます。
暖いお家の中ではキツネの親子が夢の中。
子ギツネはお母さんキツネの尻尾の毛布に包まれて、幸せ笑顔で夢心地です。
きっと夢の中では暖い春の森を駆け回っているのでしょうね。

寒い冬になると暖いお家の中が幸せであることを実感できます。
子供にとっては、親の懐で安心して眠れるのが何よりの幸せなのは、人間も動物も変わらないと思います。
何もなくても暖い家で、親子でゆっくりと眠れることの幸せを思いながら描いてみました。

これからますます寒くなりますが、イラストで少しでも暖い気持ちになって頂けると嬉しいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ

2008年12月14日

お泊まり大作戦失敗!?

子供って親のいないところで子供同士で話を進めることがよくあります。
昨夜も学童の保護者会に行った時に、息子は友達同士で勝手に話を進め、お友達の家に泊まる計画をしていました。
よく家族ぐるみで遊ぶお友達なので、何度もそれぞれの家でお泊まりをしています。

昨夜もお互いに話を勝手に進め、お友達のお父さんに「泊まりに行っても良い?」と聞いていたようです。
しかも昨夜は剣道の練習の後、直接学童のほうに行っていたので、着替えを入れており「着替えも持っているから」と、お友達のお父さんに説明していたようです。
しかし、その着替えは剣道で汗をかいた時用の着替えで、決して寝巻きではありません。

お友達のお父さんは息子の言葉を聞いて、自分の知らない所でお母さん同士で話が出来ているのか?と思ったようですが、念のために「お父さんに話してき」と、言ったようです。
息子は私が学童の話し合いをしている最中に、「○○くん家にお泊りして良い?」と聞きにきました。
私は突然の事で???でしたが、話し合いの途中だったので即答で「そんな予定は無い」と息子に返しました。

昨夜お泊まり出来なかったのが心残りだったのか、今日も朝から「○○くんと遊ぶ」と言っていた息子。
剣道が終ったら電話するという約束で、剣道の練習に行きました。
そして練習後連絡を取り、お友達のお父さんの承諾も得て、ようやくお昼から遊びに行った息子。
夕方に迎えに行った時に、昨夜の事をお父さんと話をして笑っていました。

お友達のお父さんは、やはり自分の知らないところで話が出来ているものと思ったようで、それでも勝手に連れて帰る事も出来ないので、私の所に確認に来させたようです。
もし、それをやらずに連れて帰っていたら、後から行方不明騒動になっていたかも知れません。

帰り間際に、来週の日曜日も午後から遊ぶ約束をした息子。
今度はちゃんと約束をしているので、大丈夫です(笑)
この二人はこれまでも、何度も二人で勝手に話を進め、お泊まりを決行した経緯があり、これからもやり兼ねないので気をつけたいと思います。
まぁそれだけ仲の良い証拠なので、嬉しい事なんですが、親としては突然決められても対応できない場合が多いので、前もって相談して欲しいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月13日

祝!浅田真央グランプリ優勝

やりました真央ちゃん、見事逆転優勝を果たしてくれました。
そしてライバルである、韓国のキム・ヨナ選手の3連覇を抑えての逆転優勝です。
昨夜は夕方から剣道の練習、その後、学童の保護者会と続けて用事があり、リアルタイムで見る事は出来ませんでしたが、素晴らしい滑りでしたね。
一度だけジャンプで転倒してしまいましたが、それ以外は完璧な内容でした。

浅田真央選手の凄いところは、失敗してもそれを引きずらないところですね。
とても前向きな性格なんだと思います。
滑っている表情を見ても、なんとなく安堵感が感じられます。

今回はキム・ヨナ選手のホームである韓国で行われる事から、完全アウェイ状態でしたが、そのプレッシャーをものの見事に跳ね返してくれました。
逆にキム・ヨナ選手は重圧のプレッシャーに押しつぶされてしまったのかも知れませんね。
昨日のショートプログラムの後の、あのぬいぐるみの投げ込まれた様子を見て、ちょっと怖いくらいの韓国国民の期待の高さを感じました。
「絶対に優勝しないといけない」という重圧が重く重くのしかかっていたのではないかと思います。

浅田真央選手は一度だけジャンプで転倒したのに対し、キム・ヨナ選手は一度の転倒とジャンプの回転ミスの二度の大きなミスが痛手とまりましたね。
しかし、二人の技術は全くの互角のように思います。
同じ18歳のこの二人は、本当に良きライバルになっています。
それぞれの個性を生かしつつ、今後もお互いに競い合って女子フィギアの黄金時代を築いてほしいと思います。

個人的には浅田真央選手の方は、高い技術とスピード感、キム・ヨナ選手の方は表現力と安定感を感じました。
どちらも素晴らしい内容だったと思います。

それにしても、日本のフィギアも世界を圧巻するまでになりましたね。
私が子どもの頃は、白人の選手ばかりで、日本の選手が優勝するなんて考えられませんでした。
今となっては、女子は日本の選手が世界をリードしていると言っても過言ではないと思います。
浅田真央選手を始め、沢山の選手を見て、またそれを目指す子供たちが次の世代を担って行く事でしょう。
楽しみです。頑張れニッポン。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月12日

illustratorで描くイラスト

なかなか新作描いている時間がありません(T_T)
先月お休みしただけに、今月は描きたいのですが、なかなか前に進みません。
私のイラストの場合、デジタルイラストなので、「筆が進まない」と言うよりは「マウスが進まない」という表現が正しいのかも知れません。
「イラストを描く」と言うよりも「イラストを作る」というイメージのほうが近い感じです。

私が絵を描くソフトはillustratorというソフト。
パソコンで絵を描こうと思った人なら一度は耳にしたことがあるかと思います。
私にとっては、もう15年くらい使っているソフトなので、道具というよりも「右腕」的な存在かも知れません。
今描いているイラストをillustratorを使わずに描けと言われても、絶対に描けないでしょう。

パソコンで絵を描いている人の多くは、Photoshopやペインター等のペイント系のソフトを使っていると思います。
またWindowsの方は、フリーのソフトが沢山出ているので、それを使って描いている人も多いでしょうね。
私もPhotoshop・ペインターどちらも持っていますが、あまり絵を描く事には使いません。

ペイント系のソフトは、アナログで絵を描くのと同じ感覚で、そのままブラシを使って画面上にペイントしていきます。
最近はペンタブレットが安価で出ているので、ペンタブを使う人は多いでしょう。
私も一時期ペンタブを使って、ペインターで絵を描いたことがありましたが、私にはやはりillustratorが合っています。

グラフィックデザインの仕事をしている性質上、レイアウトするという概念が強く、先程も書いたように「絵を描く」というより「絵をレイアウトして作る」というイメージが強いのです。
ですから、一度配置した物を動かしたり、配色を変えたりしながら、絵全体の雰囲気を整えていく作業が必要になってくる。
そうなるとペイント系のソフトでは対応できなく、どうしてもillustratorで描くのが一番落ち着くんですよね。

illustratorで絵を描くと、良くも悪くもデジタルらしさが全面に出てきます。
使い始めの頃はそれが綺麗でillustratorで描き始めたのですが、徐々にアナログ感が欲しねってきました。
illustratorで空気感、温度、質感といった、デジタルで表現しづらい事をやりたくなって現在に至ります。

よく「どうやってillustratorで描くんですか?」と聞かれることがあるのですが、一言では説明できません。
以前から考えている事ですが、別ブログを立上げて、そこでillustratorで絵を描くポイント等を紹介できたらなぁ〜と考えています。
例えば、光が差してきているようなグラデーションをどうやって描くのか、また霧のかかったイメージをどうやって描くのか。
そんなワンポイント的な事をブログで紹介できたらなぁ〜と考えています。
なかなか時間がなくて出来ていませんが(^^;)

来年は是非立上げたいですね。
そしてそのブログを見て、一人でもillustratorで絵を描く人が増えてくれたら嬉しいです。
そのまえに、今月のイラストを頑張らなくては(汗)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | アート

2008年12月11日

いよいよ電気自動車普及へ

ネットニュースでちょっと嬉しい記事を見た。
国が電気自動車の普及に向けて、国が調達して地方自治体に無料で貸し出すそうです。
ようやくガソリンを使わない電気自動車の普及が進みそうですね。
今年の原油高騰や環境問題で、国も重い腰を上げたというところでしょうか。

リチウム電池で走る電気自動車は、家庭用コンセントでも充電できますが、普及のポイントとなるのは、現在のガソリンスタンドに変わる、充電スタンドの整備でしょうね。
ガス欠ならぬ電池切れになっては困りますからね。

現在は三菱自動車と富士重工業が先行していて、来年電気自動車を販売するらしいです。
まだまだガソリン車に比べると、価格が高いですが、普及してくれれば他社も参入してきて、低価格化が実現します。
もう原油の高騰などによる、ガソリン価格を気にする事も無く、さらに二酸化炭素の排出量削減にも大いに貢献できます。

日本の技術力を持ってすれば、さらに開発が進み、10年の間に素晴らしい電気自動車が続出してくるでしょうね。
私の希望としては、太陽電池等を活用して走りながら充電できる車を開発してほしいです。
日本で電気自動車が普及して、再び車産業が活気づけば、日本はさらに技術大国として世界をリードしていくことでしょう。
頑張れニッポン。

我が家の車も、もう7年くらい乗っています。
燃費も悪くなる一方で、なるべく車を使わないように心がけていますが、寒くなってくるとどうしても車を頼ってしまいます。
我が家の車を買い替える頃には、電気自動車が普及して、価格も下がってくれていると嬉しいんですけどね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月10日

報道に疑問符

今朝は凄い霧でした。
いつものように嫁さんと娘を送るために、車を走らせましたが、家を出てすぐの道路ですでに真っ白け。
10m先くらいまでしか見えないような状態。
対向車がきても全く分からないような状態ですので、ゆっくりゆっくり車を走らせました。
大通りに出れば少しマシだろう。と思いましたが、あまり変わらない状態(^^;)
最新の注意をしながら車を走らせました。

さて、今朝の濃霧のように見通しが効かないのが、今の経済危機なのかも知れません。
大企業が立て続けに派遣の解雇を発表したり、内定を取り消す企業が出てきたりと、不安な動きが強まってきました。
年末のこの時期に解雇通告された人は、本当にどうしたらいいのか分からない状態だと思います。

テレビのニュースで見ていると、さも解雇した企業側が加害者で、解雇された派遣社員は被害者のような印象を受けます。
確かに解雇される側は立場も弱いので、守ってあげなくてはならないのは事実だと思います。
ただ、「派遣」という立場が今回のようなリスクを抱えた働きかたである事も、もっと考えなくてはならないと思います。
報道を見ていると、解雇される側の立場からばかり見ている気がしてなりません。
フェアに報道するためにも、企業側の視点と派遣側の視点と、それぞれに報道しないといけません。

最近のマスコミの得意な報道の方法ですが、どうも自分たちの観点から見た報道だけをして、偏った報道になっています。
一方的な立場での報道では無く、まずは真実をそのままに報道して欲しい。
その上で一方的な視点では無く、両方の立場に立ったフェアな報道をして欲しいものです。
フェアに報道されて初めて、視聴者は自分の考えで判断できます。
今の報道のやり方では「解雇される派遣社員は被害者だ」「解雇する企業側は非人道的だ」と言わんばかりです。

確かに解雇される派遣社員は気の毒です。
しかしそこに感情移入してそちら側の声だけを伝えるのは、報道とは言えないでしょう。
本当にマスコミは自分たちの都合で報道している気がしてなりません。
勝手に解散総選挙の日程を報道したり、総理の漢字読み間違いを大々的に報道したり。
明らかに政権のネガティブキャンペーンをやっている感じがしています。
もっと国民に伝えるべきことがあるはずなのに、「総理がこんな問題発言をした」とか「漢字を読み間違えた」とか、国民はそんな事を知りたいのではありません。

つい最近問題になった「国籍改正法」も、ほとんど報道されていません。
私も最近知りましたが、簡単に日本国籍をとれるように法を改正しています。
私たちの知らないところで、大事な法案がほとんどの国民に知られないまま、改定されているのです。
何でも日本人の男性と、外国人の女性の間に子供が産まれた場合、これまでは婚姻しないと子供には日本国籍が与えられませんでしたが、この改定により、日本人男性が認知しただけで日本国籍を取れるようになるらしいです。
例えば本当は自分の子供でなくても、「私の子供です」と日本人男性が言えば日本国籍がとれるのです。

こんなに簡単に国籍与えてもいいんですか?
誰かから頼まれてお金を渡されて認知する可能性は十分にあります。
これが大問題として、ネットでは様々なところで問題視されて、抗議のFaxやメールが沢山届いたようです。
本来なら日本国籍の問題として、マスコミで「これでいいのか?」と取り上げられるべき問題です。
しかし、どのマスコミも全く無視。そして政権のネガティブキャンペーンに躍起になっています。
一体この国のマスコミはどこの国のマスコミなんだ・・・・って思ってしまいます。

本当に国のためを思って報道するのなら、フェアな報道であるべきだし、もっと国民に伝えなくてはならない事は山ほどあるハズです。
中国船が尖閣諸島の領海侵犯を行い、さらに今後も活動を強化すると言っているのに、全く報道されません。
国の領海が侵されているのに、全く報道しないっていったいどういう事ですか?
逆に考えると、それを隠すために「派遣切り」を大問題のように大々的に報道している感も否めません。

田母神論文の件もそうでしたが、マスコミが自分たちの視点だけで、勝手にイメージを作り上げて報道している。
これでは日本国民が正確に判断できる訳が無い。
ある種の洗脳に近いとさえ感じるのは私だけでしょうか。
テレビや新聞だけの報道に頼らず、ネット等を使って様々な情報を得て、自分の頭で考えることが大切ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(7) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年12月09日

やっぱりドリフは面白い

昨夜遅く、何気なくYouTubeを開いていて、様々な関連映像を見ていく内に、気がつくと「ドリフの8時だよ全員集合」の映像を見つけた。
懐かしくて思わずクリックして見た。
子供の頃に笑い転げて見ていた、ドリフのコント。
「きっと子供だったから可笑しかったんだ」と思っていたのですが、不覚にも涙を流しながら笑ってしまった(^^;)

ドリフのコントって今見ても十分に笑えるコントですね。
特に志村けんと加藤茶の二人の駆け引きが最高に面白い。
YouTube見た事がある人は分かると思いますが、再生している画面の横に関連する映像が表示されるし、映像が終った後も画面に関連の映像が紹介されるので、ついつい思わず続けて見てしまいます。
いろんなドリフのコントを見ながら、一人で声を殺して笑っていました。

これまたYouTube見た事がある人は分かると思いますが、表示される映像にコメントを入れる事が出来、その映像に対してのコメントが表示されています。
読んでいて共通していたのが、「ドリフのコントは今見ても面白い」「今のお笑い芸人は見習うべき」等のコメントが多かったです。
確かに今流行りのお笑い芸人のコントや芸を見ていても、私は何が面白いのか分かりません。
以前も「笑えないお笑い」として、つぶやいた事がありますが、(2008年9月6日のつぶやき)全然面白いとは思えないんですよね。

ドリフの綿密に仕組まれた脚本と、それを確実に演技しながら、そこにオリジナルの面白さを乗せる志村けんや加藤茶の面白さ。
時々本人達も半分笑ながら演技していて、そこがまた見ていて可笑しい。
ここまで来ると、芸を通り越して笑いの芸術に近いと思う。

特に志村けんのキャラの作りかたは、今改めて見ると凄いですね。
様々な役柄を、それに応じて面白可笑しく表現している。
しかしそれは、その役柄をしっかりと研究しないと表現できないと思う。
基本がしっかりしているから、そこにオーバーな表現を着せても面白いのだと思います。
今の芸人にはその部分が欠けているのかも知れませんね。

ドリフのコントはコントだけど、半分役者に近いのかも知れませんね。
しっかりとした役作りが出来ているから、安心して見れるし、そこに面白さがしっかりと乗っかってくる。
子供の頃に見ていたお笑いが、今もこうして笑える事にビックリして、そしてまた嬉しかったです。

確かドリフのDVDって出ていたと思うので、今度借りてきて息子に見せてみたいと思います。
どんな反応するかな(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月08日

サンタさん出番ですよ〜

12月に入り、そろそろクリスマスモードも高まって来ましたね。
世界中のサンタさんが、子供達のため、そして愛する家族のため、愛する人のために、準備に忙しくなる頃でしょうか。
我が家のサンタもそろそろ忙しくなりそうな感じです。

毎年サンタさんはプレゼントに迷うのですが、今年もやはり迷っています。
2歳の娘はまだサンタの意味が解っていないので、サンタさんの気持ちでプレゼント決りますが、9歳の息子は微妙です。
何となくサンタさんの存在に気付いている節もあり、駆け引きが難しくなっています。

最初はやはり玩具やゲームソフトを希望していたのですが、サンタさんとしてはずっと使い続けられる物をプレゼントしてあげたいという、勝手な思いがあります。
願わくば勉強に役立つような物が望ましいのです。
しかしそこはサンタさんも強制は出来ません。

ちなみに昨年はWiiFitでした。
その前はカーズのレーシングキット。
その前は・・・・なんだっだっけ?(^^;)

毎年、少しずつ高いプレゼントになっていってます。
そして今年も結果的に高い物になりそうです。
最終的に息子がプレゼントを頼んだ物、それは天体望遠鏡。
サンタさんもプレゼント的にはOKなのですが、問題は¥です(笑)
先日買い物に行った時に、トイザらスで見かけた物は、¥7,000〜¥12,000程度。
少しでも安くて良いものを・・・・と言う事で、サンタ会議を開きネットで探しました(笑)
そこそこ良さそうな物を見つけたので、明日にでも息子に最終確認をして、サンタさんはプレゼントを用意したいと思います。

ちなみに娘の方は、木の玩具のキッチンセットをプレゼントする予定です。
以前はお兄ちゃんの玩具で遊んでいて、女の子らしくなかった娘ですが、最近は玩具のキッチンセット等を見つけると、喜んで遊んでいます。
さらには、私が晩ご飯を作っていると、小さな椅子を持って来て、私の料理を見ながら、自分も料理している気分になっているようです。

クリスマスまで2週間。
早めにプレゼント用意しておかないと、品切れになってしまっては大変です。
何しろ世界中にサンタさんがいますからね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月07日

一日お買い物の日

先週も行ったのだが、今週も我が家はリニューアルされたイオンモール(ダイアモンドシティ)へ行って来ました。
嫁さんは水曜日も休みで行っていたので、1週間の間に3回行っていることになります(笑)

今日は剣道の練習がお休みだったので、朝早くから出かける事にしました。
10時半頃には出発したのですが、それでもすでに渋滞気味。
もう少し遅く来ていたら、確実に渋滞に巻き込まれていたでしょう。

モールに入ると、やっぱり真っ先に向かったのがディズニーストア(^^;)
特に娘が気に入ってしまったようで、そこら中の商品を触ってはなかなか離れようとしません。
その後もサンリオのショップ、トイザらス・・・と、子供達の好きなショップばかり巡って、ようやく目的のお茶屋さんのお店に来ました。
そしてとなりのコーヒーショップで私が飲むためのコーヒーを買いました。

その後、息子がお腹が空いたということで、昼食にしました。
モールの広さが倍になったので、飲食店コーナーも二つになり、今回は新しい飲食店コーナーの方に行きました。
どのお店も物凄い行列です。きっと私たちのように目新しさに魅かれて、やってきた人が多いのでしょうね。

昼食後は息子のクリスマス会(子供会やら学童やら剣道やらとクリスマス会続きの息子)のためのプレゼントを買いにジャスコへ。
ところが途中にある遊具施設に娘が釘付けに。
仕方ないので私と息子と二人でジャスコへと向かいました。
娘の夢中になっていた遊具は、SLの形をした遊具ですが、特別動いたりするような物ではありません。
単にSLの形をしていて、中に座ったり運転席にハンドルらしき物が付いていて、それを回せる程度の物です。

しかし、何故か子供達には大人気。
まるで鯉が餌に群がるように、小さな子供達がSLに群がっています。
娘もその中で特別何かをする訳ではないのですが、他の子供達に混ざって喜んでいます。
不思議ですね。何が楽しいのでしょう?
そこで30分くらいは遊んでいたと思います。

きっと動かない何も仕掛けのない、ただのSLだから良いのでしょうね。
子供達が自由に出入りして、動き回わる事が出来る。
これが動く物だったら、人数制限が出来るし順番待ちが出来る。
でも、子供達の意志で自由に出入りして、自由に動けるのでそれが楽しいのかも知れません。
そして何より沢山の子供達が集まってくるので、さらに子供を引きつけるのでしょうね。

一日いっぱい買い物で出かけて終った日曜日でした。
子供のペースで動いていたので、さすがに疲れました(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月06日

地域性がセキュリティになる

千葉県東金市で起きた幼児殺害事件の容疑者が逮捕されました。
21歳の男のようですが、かなり前から容疑をかけられていたようですね。
警察も慎重に捜査して、確実な証拠を掴んでからの逮捕だったようです。

この容疑者は事件当所からマスコミのインタビューにも答えていて、その様子が報道されていましたが、確かに不審な部分が感じられました。
これまでのマスコミの対応だと、すぐにこの人物を追い回し、さも犯人のごとく報道していたと思うのですが、今回はマスコミも慎重に対応したのでしょうか?

これまでも幼児殺害の事件が起る度に、マスコミは「犯人探し」をやっていた感があります。
秋田の小学1年男児殺害の時は、マスコミが嗅ぎつけた人物がそのまま犯人として捕まりましたが、逆のパターンもありました。
香川で起きた事件では、父親が犯人的な扱いを受け、結局は別の人物でした。
マスコミも安易に「犯人探し」をしなくなった点では、良かったのかなと思います。

今回捕まった容疑者は、以前から同じマンションの住民からは「不審人物」と見られていたようです。
そんな事もあって、警察の聞き込み捜査や、マスコミの住民インタビュー等から捜査線上に挙がってきたのでしょう。
死体遺棄については認めているということですが、おそらく殺人に関しても容疑を認めるのは時間の問題かと思います。

ようやく容疑者が捕まりましたが、遺族の方々の気持ちは複雑だと思います。
何度も何度も繰り返される、幼い子供の命を狙った犯罪。
子供達に「自分の身を守れ」と言っても無理な話です。
子供達が安心して遊ぶ事ができる地域性。
それが一番大切なことなんだと思います。

地域性が崩壊してしまった現代。
お隣さんがどんな人かも分からない暮らし。
干渉されなくて自由である反面、どんな人が住んでいるのか分からない恐怖。
私の住んでいる所は、子供会や町内会があり、まだマシですがそれでも知らない人が大勢います。
私自身も他の人からすれば「知らない人」かも知れません。

地域で見守る地域の安全。
それが一番のセキュリティなんだと思います。
一度崩壊してしまった地域性ですが、何とか復活させていくことを考えなくてはならないと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年12月05日

息子のガンダムプラモデル

まるで真夏の集中豪雨のようでした。
朝、娘を送って家に戻る途中に、ぽつぽつと雫が落ちてきたと思ったら、一気に大雨になりました。
そしてその後は雷です。
地響きのような雷鳴が幾度となく鳴り響きました。
今日は全国的に大荒れの天気だったようですね。

お天気はぐずついていましたが、我が家の息子にとってはとても嬉しい日になったようです。
待ちに待っていた物が、ようやく手元に届いたのです。

先々月に私の従弟が結婚して、お祝いを贈ったのですが、カタログから選べるお祝い返しが来たのです。
色々と良さそうな物がありましたが、息子がその中のプラモデルを欲しがって、結局そのプラモデルを頼む事にしたのです。
プラモデルはニューガンダム。息子にとっては初めてのガンダムです。

これまでもプラモデルに興味をしめした事はありましたが、車や戦艦等でした。
一度戦艦ヤマトをお婆ちゃんに買ってもらった事がありましたが、その時はまだ自分で作れず、結局殆ど私が作りました。
今回のニューガンダムも自分で作れるのか、全く分かりませんが、本人はとても楽しみにして待っていました。

ハガキを投函してから2週間くらいで届くものと思っていましたが、2週間を過ぎてもなかなか届きません。
息子は待ち切れないようで、毎日毎日「まだ来てない?」と聞いていました。
それだけに今日届いたのがとても嬉しかったようで、毎週楽しみにしているドラえもんとクレヨンしんちゃんも見ずに、部屋に閉じこもってガンダムを作っていました。

さすがに全ては作り切れなかったようですが、胴体と足の部分まで作り上げていました。
一度だけ私に助けを求めてきましたが、それまでは全て自分で作れていました。
やはり小学3年生にもなると、自分で作れるようになるものですね。
私も息子の頃に、誕生日のお祝いとしてプラモデルを買ってもらって作っていたのを思い出します。

残りは腕と顔の部分と、周辺パーツである武器の部分です。
明日は休みなので、おおらく明日中にはでき上がることでしょう。
これで今度はガンダムのプラモデルにはまったらどうしよう(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月04日

橋下発言に同感

大阪の橋下府知事が、またまた大胆発言を行いましたね。
「子供に携帯電話は要らない」ということで、物議をかもしています。
基本的に私も子どもに携帯電話を持たせるのは反対です。
子供にとっては玩具でしか無く、使いかたを間違ってしまうケースが考えられるからです。

闇サイトへのアクセスや、学校裏サイトなる物の出現、そしてそこを舞台としたネットイジメ。
さらには出会い系等へのアクセスで、大人の闇社会に子供が足を踏み入れてしまう事もあるでしょう。
全ては使い方の問題ですが、子供にはまだその使い方が分かりません。
携帯サイト等に関しては、大人ですら1歩間違えば犯罪に巻き込まれる事もあるのですから、子供がそれを回避するのは不可能と言って良いでしょう。

子供に携帯を持たせる一番の理由としては、GPS機能のついた携帯での防犯目的だと思います。
確かにこれは親にとってみると、子供がどこにいるのか分かる事によって、安心できる部分はあると思います。
しかし、必ずしもGPS携帯があるから安全等と言う事はありません。

私は以前から、何故携帯キャリアが子供に特価した携帯を出さないのか疑問です。
キッズ携帯という名目の携帯はありますが、子供が使いたい携帯では無く、親が子供に持たせたい携帯を出して欲しいのです。
必要な機能は電話とGPSのみ。メール機能もカメラ機能もTV視聴もネット接続も要りません。
ましてやゲームなんてもっての外です。
つまり親と子が連絡を取れる目的だけの携帯にしてほしいのです。

機能を限定することにより、コストも下げて低価格で売り出せば、それなりに売れると思うんですけどね。
今の携帯電話は機能が多過ぎて、正直使わない機能が盛り沢山です。
もっと顧客のニーズに対応した携帯を出して欲しいものです。
皆がみな、機能盛り沢山の携帯なんて望んではいませんよ。

今回、橋下府知事が声をあげましたが、実は同じ思いの親や教職員は大勢いると思います。
これまでも様々な発言で物議をかもしだして来ましたが、言うべき事を言い、ちゃんと議論する事はとても大事だと思います。
最近は何か大胆な発言をすると、すぐにマスコミが問題発言として祭り上げ、発言の意図を無視して悪役に仕立てます。
それを恐れて政治家も発言をしないようになった気がします。

いくら差し障りの無い言葉を並べても、そこに熱意も気持ちも入っていなければ、それはもう政治ではないでしょう。
「この国のため」「国民のため」という思いがあれば、言葉は荒々しくても気持ちは伝わるはずです。
今の橋下府知事はまさに言葉は荒々しいですが、熱意が感じられると思います。

「子供に携帯電話はいらない」
この発言で、多くの国民が議論し、意見を交わす事で良い方向に進んでくれるといいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年12月03日

ようやく年賀状サンプル完成

ようやく年賀状サンプルが出来ました。
今年はとうとう師走に入ってからの完成となってしまいました。
年々出来るのが遅くなっています。
まぁ〜仕事の合間にやるのでしかたないですね。

早い人なら、もう年賀状も済ませて、あとは投函待ちという人もいるのではないでしょうか。
そうでなくても、年賀ハガキを購入して書いている最中という人も多いでしょう。
そんな中、ようやくデザインサンプルができ上がったのですから遅過ぎますね(笑)
どれだけ需要があるか分かりませんが、明日、嫁さんの職場に持っていってもらいます。
嫁さんからも「何人かに年賀状頼まれている」と言われていたので、数人は受注がありそうです。

本来は家族・知人に頼まれて始めた年賀状制作でしたが、ここ数年は嫁さんの職場や知人等からも注文を受けたりして、サンプルの数も増加傾向にあります。
それだけに中途半端な物を制作する訳にもいかず、毎年仕上がりが遅くなってしまいます。
今回は苦肉の作として、昔作っていたデザインのリメイクも行いました。
自分がデザインした物を、数年経てもう一度見ると、また違った感覚で見る事が出来て面白いですね。

ひとまずデザインサンプルは完成したので、早速これを実家の母に送りたいと思います。
毎年、母と姉と依頼してくるので、サンプルを送っています。
もう少し早く出来ていれば、母に持たせる事もできたんですけどね(^^;)
さてと、次は独自のデザインで依頼を受けている年賀状の制作にとりかかります。
我が家の年賀状は・・・・おそらくクリスマスを過ぎてからからかな(笑)

年賀状サンプルを公開しています。
興味のある方はご覧下さい。
2009(平成21)年 年賀状デザインサンプル
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年12月02日

そろそろ大掃除計画を

ついに師走になってしまいましたね。
今年も残り1ヶ月を切りました。
毎年この時期になると「早めに大掃除を!」と思うのですが、毎年年の瀬になってからドタバタとやっています。
早めにやっておけばギリギリになって慌てることもないのですが、分かっていてもなかなか早めにできないのも事実。
そうやって毎年30・31あたりで大掃除をしてるのが現状です。

3〜4年前には年末に色々と用事が入ってきて、結局大掃除を出来ない年もありました。
今年はそんな事にならないように、早め早めに大掃除をしていって、大晦日はゆっくりと過ごせるようにしたいです。

以前テレビ番組で「大掃除用品を買うなら月の第一週がお得!」と言っていました。
何でも12月は消費者のニーズに合わせて、スーパーも特売品を決めているんだとか。
大掃除関連は第一週が特売になっているようで、安く買うなら第一週の内に買っておく方が良いらしいのです。

消費者のニーズに合わせているということは、やはり一般世間は月初めに大掃除用品を買って、大掃除を行っているということですかね?
我が家はやはり一般世間とズレているようです(笑)
今年は是非、早めに大掃除用品を買って、早めに大掃除を済ませておきたいですね。

大掃除と言えば、私が子どもの頃は家族総出で大掃除をしたものです。
私と弟も小さい身体で一生懸命大掃除をしていたことを思い出します。
障子の張替えや畳を出して外で埃を祓ったりしたものでした。
小さな借家だったので、家族皆でかかって一日で終らせる事が出来ていました。

大掃除の時の楽しみのひとつだったのが、畳を持ち上げた時に時々お金が出てくる事です。
畳の隙間に知らず知らずの内に、落ちてしまったお金があって、100円や10円玉が出てくる事がよくありました。
もちろんお金を見つけても自分の物にはならず、必ず母親に報告して渡していましたが、それでもお金を見つけるのが宝探しみたいで楽しかったのを覚えています。

娘はまだ小さいのでお手伝いは難しいかも知れませんが、まね事でも良いので一緒に大掃除をしてもらいましょう。
息子はしっかりと大掃除を頑張ってもらいたいと思います。
さぁ、今年こそは早めに終らせるように、今から計画を立てなくては。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月01日

自然はアーティスト

日常の生活の中で、ふと目に留まる風景がある。
もしかすると、何も感じずに見過ごしてしまうかも知れない風景。
一昨日の土曜日と、今日と、そんな風景をカメラにおさめてみた。
自然ってやはり一番のアートだと思った。

まずは一昨日撮った写真。

081201-1.jpg

娘と家の近くを散歩している時に撮った写真です。
近くに小さな神社があり、そこに行って娘にドングリを拾わせている時に、ふと見上げた空。
青空と白い雲の手前に、木の枝と葉っぱがシルエットになっていたのですが、葉っぱが見事に虫に食われて穴だらけなのです。
しかし、それが空の青と雲の白を引き立て、かつ自らも見事なまでにアートしている感じに見えました。
思わずカメラを構えてシャッターを切りました。

そして本日撮った写真。

081201-2.jpg

見事な晴天の一日でしたが、夕方になっても天気の良いままで、息子を迎えに行く前に外に出て見上げた空が、あまりに美しくて思わず家に戻ってカメラを構えました。
夕焼け空から紺色の夜に染まるグラデーションの空に、まるで絵に描いたような壊れそうな三日月。
そして三日月の斜め上空には、一番星、おそらく金星でしょう。そしてその上にも小さく輝く星。
お互いを気遣うような、見事なまでの配置のバランスに夢中でシャッターを切っていました。

自然って本当にアーティストですよね。
またいつステキなアートを見せてくれるか分からない自然。
思い立った時にシャッターを切れるように、なるべくカメラを持ち歩きたいと思った日でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | アート