2008年10月24日

マスコミの誘導報道

「ホテルのバーは安い」という麻生総理の発言が問題視されているみたいですね。
庶民の感覚とかけ離れていると言う事で、マスコミが騒ぎ立てているようです。
確かにホテルのバーは安くなんかないと思います。
少なくとも私たち一般人にとっては、軽々しく行けるような場所では無いですね。

しかし、そんなに騒ぎ立てるほどの事でしょうか?
一国の総理が自分のお金で飲み食いしているのだから、それを問題として取り扱う必要なんて無いと思います。
それよりも税金のむだ遣いをしている方が、よっぽど問題視すべきですよ。
私から言わせると、そんなことを騒ぎ立てるマスコミの方が、庶民の感覚とかけ離れていると思います。

どうも「早く解散させよう」とか、「総理のマイナス点を引きだそう」とか、そんな誘導報道に思えて仕方ないんですよね。
マスコミが国の方針を決める訳ではありません。
解散は総理大臣にしか決定権が無いのですから、総理が判断するまで待つのが当然でしょう。
どうもマスコミは自分たちで情報を作ってそこに誘導したがる傾向にあります。
これは政治に限った事ではなく、今問題になっている相撲の八百長にしても、芸能界の様々な情報にしても、マスコミ自身が事実を作り上げていこうとしている気がします。
これってとても危険な事ですよね。

橋本府知事が朝日新聞を批判しましたが、これも同様の事が言えると思います。
これまでも当時の鳩山法務大臣を死神呼ばわりしたり、ダライラマ法皇を皮肉った川柳を掲載したり、とても報道とは呼べないものです。
報道って本来はありのままの状態で、私たちに届けられるべき物です。
しかし今のマスコミは、生の情報を自分たちの好みの味付けにして、私たちに届けています。
これでは真実が見えてきません。

麻生総理のホテルバー通いの事など、私たちは別に知りたいとも思いません。
それよりも麻生総理がどのような考えを持っているのか?そこが一番知りたいところです。
経済問題・環境問題・外交姿勢・拉致問題・食の安全・教育問題・医療問題etc。
どのように考え、どのように対応しようとしているのか。そこが知りたいのです。
麻生総理が晩に何食べていようが、何飲んでいようが、それは個人の自由じゃないですか。
そんな事を議論に出すマスコミの方が、私はおかしいと思います。
「麻生総理はこんな贅沢な食生活しているから、庶民の感覚は解りません。そんな総理に任せられますか?」とでも言いたいのでしょうか?
これこそマスコミの誘導だと思うのですが。

皆さん、マスコミの報道は話半分で見聞きしましょう。
私たちは自分の目で見て、耳で聞いて、そして自分の頭で考えましょう。
味付けされたマスコミの報道を鵜呑みにして、それが真実だと思い込んではいけません。
マスコミの皆さんも、本来の自分たちの使命を、もう一度原点に戻って考えて欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと