2008年10月22日

息子の授業参観日

今日は息子の授業参観日でした。
前回は嫁さんが仕事休んで行けましたが、今回は休みは取れなかったので、いつも通り!?私が行きました(笑)

実は息子の学校は、校舎が古くなっていたので新校舎を建てていて、つい先日新しい校舎に引っ越したばかりでした。
ですので私も初めて新しい校舎に足を踏み入れました。
作りはやはり学校ですが、ドアの部分がオシャレに出来ていたり、教室に扇風機が付いていたり暖房もついているようで、これまでの校舎とは比べ物にならないくらい快適そうな教室でした。

しかし子どもたちは何も変わっていませんでした(笑)
元気いっぱいに授業を受けていましたが、それでも親が来ているので、いつもよりはおとなしい方だったようです。
息子も私の方を時々見ては、授業を受けていました。
やはり親の目が気になるのでしょうね。

息子の行動を見ていると、やはり私の子どもだなぁ〜と強く思います。
顔は私とは似ていませんが、性格はやはり私に似ている気がします。
集団の中で目立つ事が好きでは無いのですが、自分の主張はしっかりとしたいタイプ。
息子もそんなタイプだと思います。

そして親に認めて欲しいという思いが強いように思います。
今の息子を見ていると、私の子どもの頃を見ているような気持ちになるのです。
しかし、私は自分が息子くらいの時に、授業参観に親が来た時の事を全く覚えていません。
何故なんでしょうね?本当に記憶が無いのです。
もしかして授業参観に来ていなかったのでしょうか?
それなら逆に悲しい記憶として残っているハズなので、授業参観には来ていたと思います。

しかし本当に記憶が無いんですよね(^^;)
私の記憶の中では、授業参観がそんなに重要な物では無かったのでしょうか。
もしかしたら息子も、こうやって毎回私が授業参観に来ている事を、大人になった頃には忘れているのかも知れませんね。
「え〜お父さん授業参観なんか来てたっけ?」等と言われそうな気がします。

そもそも周りはお母さんばかりですからね(笑)
でも、今日はお父さんも2人ほど来ていたので、少し気が楽でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記