2008年10月15日

中国産冷凍食品の恐怖再び

また中国産の冷凍食品で、殺虫剤入りの物が見つかりました。
冷凍のインゲンを食べた主婦が、異変に気づき農薬入りのインゲンである事が分かりました。
今年始めの毒ギョウザの問題も、まだ原因が明らかになっていないところに、またもや殺虫剤入りの冷凍食品の登場です。
これはもう明らかに残留農薬等ではありません。

我が家では毒ギョウザ問題が起きる前から、極力中国産は買わないようにしていました。
そして毒ギョウザ問題が起きてからは、絶対に中国産食品は買わないようにしています。
いくら安くても、さすがに我がの、そして何より子どもたちの健康や生命を脅かすリスクを背負ってまでは買いたくありません。
オーバーな言い方かも知れませんが、これはもう事故ではなく完全な事件です。
明らかに食品テロなのです。

しかし絶対に中国産食品が口に入っていないという保証はありません。
スーパーで売っている食材は、原産国を確認できますが、これも100%信用できるとは言い切れません。
現に原産国を偽ったウナギなど、本当に沢山の産地偽装が行われています。
それに、外食をした場合には、食材の原産国までは分かりません。
同様にコンビニのお弁当や、お弁当屋さんの食材も、きっと中国産が入っていると思います。

100%中国産を排除する事は不可能だと思いますが、明らかに目に見える物は排除しています。
多少高くても国産の物を買うようにしています。
自給率のアップに少しでも貢献しないとね(笑)

しかし、驚いたのは、あの毒ギョウザ事件で中国産の輸入が減ったのに、また元に戻っているようです。
喉元過ぎれば熱さ忘れるとは良く言ったもので、皆安さと便利さに魅かれて、また中国産を買うようになっていたのですね。
しかし、立て続けに起きている中国産の食品問題で、今後中国産離れが起きる事は確かです。
そしてようやく食品メーカーも生産体制を考え直すところが出てきているようです。
消費者は安さよりも安全を求めているのです。

きっと中国側は今回のインゲンの問題も、ギョウザの時と同じように、「中国国内での安全管理は万全だ。日本で混入された可能性が高い。」と言い切るのでしょうね。
中国共産党の言う事は、もう何も信用できなくなってきています。
日本の政府も厳しく追及してほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと