2008年10月08日

蒟蒻畑製造中止

TVCMでもよく流れていた「蒟蒻畑」の製造が中止になったらしいです。
この商品、私はあまり買った事はありませんが、咽に詰らせて窒息死する事故が相次いだ事から、一時製造中止になったとか。再開の目処は立っていないようです。
確かにこれまでも何度かそんなニュースを聞いた記憶があります。

しかし、製造中止にすれば全て解決なのでしょうか?
咽に詰らせてしまったのは、殆どが幼児かお年寄りのようです。
蒟蒻畑って結構大きくてゼリー状で、幼児が口にするには大き過ぎる食べ物です。
これをそのまま食べさせてしまう方にも、問題があるような気がします。

蒟蒻畑を口にして窒息死してしまった幼児には、本当に可愛そうなのですが、これをそのまま食べさせてしまう親には問題は無いのでしょうか?
親の知らないところで口にしてしまったのではどうしようも無いですが、これをそのまま1〜2歳の子どもに親が与えていたとしたら、親の責任は無いのでしょうか?
企業側にも商品改良の責任はあるとは思いますが、その前に親が判断することがまず基本だと思うのですが、そう思うのは私だけでしょうか?

全ての事に言える事だと思うのですが、何かトラブルが起きると、すぐに企業や団体等に責任を求める人が増えてきている気がします。
悪い言い方ですが「クレーマー」と呼ばれる人々が多くなってきている気がするのです。
確かにクレームとして企業や団体に伝える必要がある場合も多々あります。
しかし、その前に自分が注意すべき事で、それを棚に上げてクレームを言う人が多い気がしています。

その延長線上が最近話題の、モンスターペイジェントやモンスターペアレントなのでしょう。
自分の権利や主張ばかりで、相手の立場になって考えない人が増えてきているのでしょうね。
私も人の事を言えるような、そんな立派な人間ではありませんけどね。
でも、常に自分の行いや言動を、振り返って反省するようには心がけているつもりです。
自分自身も気づかない内に、モンスター化してしまう可能性は無いとは言えませんからね。

いつも思う事ですが、これってやっぱり日本人の心が失われてきた結果なんですよね。
道徳心や謙虚な心、人を敬う心が捨て去られて、利益と権利ばかりを追い求めた結果なんだと思います。
やはり戦後の教育に問題の一因があった気がするなぁ〜。
蒟蒻畑の改良も必要ですが、我々日本人の心の改良も、もっと必要ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(6) | TrackBack(0) | 私の思うこと