2008年10月01日

ひとつの時代の幕が降りた

野球界の一つの時代に幕が降りた日でしたね。
清原選手の引退試合。多くのお客さんが京セラドームに足を運んだようです。
そして海外からは、あのイチロー選手も清原選手の最後の勇姿を見守るために駆けつけました。
期待されていたホームランは無かったものの、ツーベースヒットを放ち有終の美を飾りました。

PL学園でKKコンビとして、桑田投手と共に活躍した清原選手。
憧れの巨人には桑田投手が選ばれ、清原選手は西武ライオンズに入団しました。
そしてあの素晴らしい活躍を見せたのです。

私が印象に残っているのは、巨人vs西武の日本シリーズでのシーン。
西武が優勝に大手をかけ、9回ツーアウトまでこぎつけた時。
ファーストを守る清原選手が泣いているのを、カメラは見逃しませんでした。
そして解説者も「清原が泣いています」と解説。
この時は単に優勝が嬉しくて泣いているだと思っていましたが、後から巨人に入団したかった事実を知りました。
憧れの巨人に入団できなかった悔しさ、その巨人には最大の友人の桑田投手が選ばれた。
そして今、その巨人を倒して日本一になろうとしている。
複雑な思いの中で込み上げてきた涙だったのでしょね。

多くのファンに見守られ、最後のゲームを戦い抜いた清原選手。
最後はケガとの戦いで、思う存分プレーは出来なかったと思いますが、最後の最後までファンに見守られて戦い抜いた事は、本人にとってもとても幸せな事だったでしょう。
奇しくもソフトバンクの王監督も、今シーズン限りで監督を辞任します。
球場から偉大な選手、そして偉大な監督が、また一人消えていく寂しさ。
そんな事を感じた引退試合でした。

王監督に憧れて野球をしていた清原選手、そして清原選手に憧れていた野球少年が今、プロ野球界で活躍しています。
これからも日本の野球界を盛り上げていくために、球場の外から王監督も清原選手も応援して行く事でしょう。
偉大なる王監督、そして清原選手に「お疲れ様そしてありがとう」という言葉を、全国の人々が贈っていることと思います。

セリーグは阪神と巨人が優勝をかけて、デッドヒートを繰り広げています。
クライマックスシリーズそして日本シリーズと、これから盛り上がっていくプロ野球。
そして来年にはWBCが開催されます。
日本の野球界、ますます頑張ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記