2008年10月31日

ハッピーハロウィン

今日はハロウィンなんですね。
日本でもだいぶ定着してきているみたいですが、やはりクリスマス程の定着は感じませんね。
スーパー等の商品にはハロウィンを狙ったお菓子等が多数ありますが、私自身ハロウィンって言われても、今一つピンときません。
アメリカ等は、ハロウィンからそのままクリスマスへと続いて行くのでしょうね。

10月も今日で終りなので、明日からついに11月です。
いよいよ年末の足音が近づいてきた感じですね。
11月に入ると一気にクリスマスモードになりますね。
毎年、この時季の街の煌めきは、ワクワク感を与えてくれます。
特に何をする訳ではないのですが、家族でショッピングに出かけるだけで、大きなツリーなどを見てクリスマス気分を堪能できます。

昨年はUSJに行ったのですが、今年も頑張って行きたいですね。
昨年はまだ娘が1歳半で、全く何も分からない状態でしたので、楽しむ事も出来なかったと思います。
今年はきっと大はしゃぎするのが目に浮かびます。
行けるかどうか分かりませんけどね。

仕事も忙しくなってきたので、一生懸命仕事して、年末には家族でUSJに行けるといいなぁ〜と思っています。
本当はディズニーランドに行きたいんですけどね。
私もまだ行った事ないので、一度は家族で行きたいのですが、東京行くだけで結構な金額ですからね。
麻生総理が経済支援策として、高速道路の1000円ポッキリ構想を発表したので、それを使って行こうかな(笑)
でも、確かETCのみなんですよね。
我が家の車にはETCは付いていません。これを機につけようか(笑)

これから年末にかけて、何かと出費が増える時季ですが、使うとこには使い無駄なものは削減する努力をして行きたいですね。
経済不安が叫ばれていますが、必要な物とそうでない物と、しっかりと見極めて行く事が大事だと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月30日

旅に出たいと思う時

あなたは地図を見るのが得意ですか?不得意ですか?
女性の中には「地図を見るのは苦手」という方も多いでしょうね。
特に最近はカーナビが普及しているので、地図を見る必要性も薄れてきている気がします。

私も最近はカーナビを使って走る事が多いので、とんと地図を見なくなり、道を覚える事も少なくなりました。
昔はカーナビなんて無かったので、最新の地図を毎年買って、車に常備していたものです。
地図なんていつから買っていないか?その記憶すらありません。

しかし、私は地図を見るのは好きです。
地図って何かワクワクしませんか?
知らない所へ行く道順を、地図をたどる事で想像してしまいます。
そしてその場所に行ってみたくなるのです。
きっと私にお金と時間があれば、地図で適当な所を見つけて、ドライブに出かける事でしょう。

現実問題として、お金も時間も無いので、そんな夢のような事はできません(笑)
だからこそ、地図を見て想像を膨らませてしまうのでしょうね。
以前なら、地図を見て想像するだけでしたが、最近はインターネットの普及により、google Map等で地図だけでなく、航空写真も見れるようになりました。
こうなってくると、もう想像の世界だけでは無くなってきます。
突然リアル感が増してきます。

さらに日本だけでなく、世界中の町を見る事が出来るのですから、気分はすっかり世界旅行です。
最近はストリートビューなる物まで登場して、まるで車で走っているかのごとく、町の風景を見る事ができます。
あまりにも綺麗に見え過ぎるので、プライバシーの問題も指摘されています。

技術の進歩で、世界中の情報や写真が、自宅にいながら見れるようになりましたが、やはり実際にその場所に行ってみないと分からない事って沢山ありますよね。
パソコンの画面からでは伝わらない、現地の空気・温度・湿度・匂い・音etc。
人間の五感に頼る情報は、パソコンの画面からでは伝わってきません。

そして何より、現地で食べる食べ物は一番の喜びになるのです。
だから人は旅するのでしょうね。
現実を離れて、ひとときの夢の世界を求めて旅をするのでしょう。
さて、私も現実から逃れて旅でもしますか・・・・無理なので、googleMapで仮想旅行でもしてきます(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月29日

今シーズン初湯たんぽ

一気に寒くなってきました。
お鍋が美味しい時季になりましたね〜。
朝晩はかなり冷え込み、日中も汗ばむような陽気はなくなりました。
秋本番ってところですね。

今年は紅葉が例年より遅れるような事を聞きました。
まぁ毎年遅いような気もしますが、やはり地球温暖化が大きく影響しているのでしょうね。
こちらでは11月中旬頃が見頃なんですが、今年は11月下旬から12月上旬頃になるのかも知れません。
今年は紅葉の写真撮れるかなぁ〜。

朝晩の冷え込みが強くなってきたので、今夜はさっそく嫁さんが湯たんぽを引っ張り出してきました。
そうそう、寒い夜には、この湯たんぽのじんわりとした温もりが嬉しいんですよね。
今夜は湯たんぽで温まりましょう。

我が家では数年前から湯たんぽを活用していますが、お陰であまり風邪をひかなくなった気がします。
エアコンでは乾燥してしまうし、ストーブでは寝る起きは危険です。換気も必要だし。
その点、湯たんぽは足元からじんわりと温まって、本当に気持ち良く眠れます。
昔から頭寒足熱と言うように、やはり足元は暖めておくのが良いですね。

これから冬にかけて、また湯たんぽが大活躍のシーズンです。
暖い湯たんぽで、深まりゆく秋を、そして寒い冬を楽しめたらと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月28日

高橋尚子選手引退

本日、また一人の偉大なるアスリートが引退しました。
Qちゃんこと、高橋尚子選手。本当に長いことお疲れ様でした。
あのQちゃんスマイルと、常に前向きな姿勢、そして力強い走りに多くの国民がパワーをもらった事だと思います。

気がつけばあのシドニーオリンピック金メダルから、もう8年も経っているのですね。
高橋尚子選手ももう36歳になっていたなんて、時の流れを痛烈に感じます。
あのシドニーオリンピック金メダルの瞬間を、移動中のバスの中で見ていたのを、いまだに覚えています。
ちょうど嫁さんの病院の行事に、家族で参加していた時で、2位の選手が後ろからジワジワと走り寄ってくる恐怖を覚えながら、必死に応援していたのを思い出します。
金メダルを取った瞬間は、バスの中が歓声で溢れかえりました。

まだ息子が歩き始めたばかりの頃でした。
そんな息子が、もう小学三年生になっているのですから、それだけの歳月が流れているのですね。
その間、アテネオリンピックがあり、まさかの代表落ちという辛い経験を乗り越え、北京オリンピックに向けてチャレンジし、最後の最後まで頑張り通しました。

普通で考えれば、北京オリンピックの代表落ちが確実になった時点で、引退を表明しそうなものですが、その時点では高橋尚子選手自体が、まだ頑張れると言う思いだったのでしょうね。
本当に最後の最後まで、心身共に力を出しきったからこそ、今のこの時期に「引退」を決意したのだと思います。

会見では終始にこやかに、そしてテキパキと質問に答えていましたが、最後に「ありがとうございました」と言った瞬間に、目に涙があふれ出てきたのが印象的でした。
会見自体もマラソンと一緒で、終るまでは気を引締めて対応していたのでしょうね。
最後に「これで終り」と感じた瞬間に、いろんな思いが込み上げてきたのだと思います。
私たちが想像も出来ないような、苦しみ辛さを何度も何度も乗り越えて来た、そんな高橋選手だからこそ、最後の最後にあの涙を見せたのでしょう。

「諦めないで頑張れば夢は叶う」
常にそう信じて、そう語りかけて走ってきた高橋尚子選手。
その姿は多くの子どもたちに、夢を抱き夢に向かって走る事の素晴らしさを教えてくれたと思います。
これからは違う形で夢を抱いて、それに向かって再び走り出す事でしょう。

夢を持つ事の素晴らしさを、夢に向かって走る事の素晴らしさを教えてくれた、本当に素晴らしい選手だったと思います。
高橋尚子選手、長い間お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月27日

前半原油高・後半金融不安

原油高を受けてガソリンの価格が高騰したので、我が家でもなるべく車を控える事にしていました。
娘の送り迎えは、極力嫁さんが自転車で行くようにしています。
帰りが遅くなる場合は、私が車で迎えに行きますが、それ以外と雨の日以外は嫁さんが自転車で迎えに行きます。
すっかり生活パターンにもなってきて、お陰でガソリンの消費量が減りました。

車で送り迎えしていた時は、まず朝に送っていって一往復。
次に娘を迎えにいって二往復。
最後に嫁さんを迎えにいって三往復と、結構な車の使用頻度でした。
それが今では殆ど、息子の学童の迎えくらいしか走らせていません。

本日給油に行きましたが、ガソリンもだいぶ下がってきましたね。
それでもまだ150円台ですが・・・・。
一時期の180円台に比べると、少し安心します。
出来れば年内に130円台くらいまで下がってくれると嬉しいんですけどね。
ガソリンもそうなんですが、何より灯油が高いと、冬場は辛いです。

しかし、いつも思うのですが、ガソリンの価格ってもう少し落ち着いてほしいものです。
こんなに頻繁に値上がっていたら、全ての物に影響が及んできます。
今年前半は原油高のあおりで物価が高騰し、後半は金融不安で経済が不安定になり、そのツケは全て消費者に回ってくるんですからね。
バブル時代もそんなに恩恵を受けた覚えも無く、バブルがはじけるとそのツケだけ回ってきて、その後の景気回復も全く感じられない内に、また暗雲がのし掛かってきます。

結局、景気が良いのは一部の大金持ちの間でお金が回っているだけなんですよね。
それで景気が悪くなると、とたんに一般世間のところまで、そのツケが回ってくる。
原油価格高騰も、今回のアメリカ発の金融不安も、大金持ちの人間のマネーゲームが招いたツケです。
自分たちの尻拭いは自分たちでやってくれ。というのが一般世間の感覚だと思います。

これから年末にかけて、クリスマス・お正月商戦が始まりますが、財布の紐を固く締める人が増えるでしょうね。
我が家も必要以外の物は買わないように努力すると思いますが、あまりに何も買わない、どこも行かないでは、かえってストレスが溜るので、ほどほどにクリスマス・お正月を楽しめるといいなぁ〜と思います。
家族皆で揃ってクリスマス・お正月を迎える事が出来れば、それが一番幸せな事だと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月26日

母来たる

今日はお昼から、いつものように姉親子が来ていました。
そしてもう一人、実家の母親も来ていました。
昨日、大阪で私の従弟の結婚式があり、その後姉のところに泊まり、今日我が家へやって来たのです。
今夜我が家で一泊した後は、天理教の宿泊施設の詰所と呼ばれるところに、3週間ほど滞在します。
講習と呼ばれる、天理教のお勉強をするためです。

今日は26日で天理教では月に一度のお祭り「月次祭」ですが、10月は秋の大祭なのでいつも人が多いのです。
おまけに今回は日曜日。いつも以上に人が多いハズです。
お祭りは午前中で終っているのですが、参拝するために皆で教会本部に向かう事にしました。
やはり予想通り車が渋滞しています。
それでも何とか駐車場に入り、皆で参拝を済ませて来ました。

参拝場は東西南北から参拝が出来る「神殿」と、天理教の教えを広めた教祖(おやさま)の教祖殿、そして先人達の祖霊殿があり、間を長い回廊で回る事が出来ます。
小さな子どもたちにとっては、その長い回廊が楽しいようで、よく走っている子どもたちを見かけます。
そして我が娘もやはり走っていました(^^;)

先に走って行った息子と従弟を追いかけて、私たちを追い越しながら走り出した娘。
その時に「行くよ!」と命令口調で捨てぜりふを吐いて行きました。
その生意気な言い方と、よちよちと走る後ろ姿のギャップに、皆で大笑いしてしまいました。

あいにくのお天気でしたが、それでもやはり人は多かったです。
参拝をしている人々の笑顔を見ると、こちらまで笑顔になってくるんですよね。
やはり不思議なところです。
雨ですっかり涼しくなってきましたが、明日から3週間、母には頑張ってもらいたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月25日

日本シリーズそしてWBCへ

ついに巨人がクライマックスを制覇しましたね。
ペナントレース中は阪神の独走状態で、大きく離されていて、誰もが阪神の優勝を信じて疑わなかったと思います。
しかし結果はペナントレース、クライマックスシリーズともに巨人が制しました。

パリーグも西武がクライマックスを制したので、これでセ・パ共にペナントレース優勝のチームによる日本一シリーズになりました。
やはり短期決戦と言えどペナントレースを制したチーム力が上回ったという事ですね。
巨人・西武、どちらのチームが日本一になるのか楽しみですね。

しかし野球で心配なのは、来年行われるWBC(ワールドベースボースクラシック)の監督問題ですね。
一時は星野監督で決定のような雰囲気がありましたが、北京オリンピックの敗北以降、振り出しに戻った感がありました。
前回の監督である王監督が引退し、その王監督が星野監督を推薦する動きもあるようですが、イチローや松阪といった大リーグの選手が懸念する声を出したり・・・と、一筋縄ではいかないようです。

一つの選択肢として、日本シリーズの優勝監督が就任するという案も浮上しており、巨人か西武の監督がWBCの監督に就くかも知れません。
その方が誰もが納得する形になると思いますが、決定してから半年も無い期間で監督が勤まるのか不安でもあります。
前回の世界一を制した日本としては、北京オリンピックのような無様な負け方はしてほしくありません。
素晴らしい選手が沢山いるので、チーム力としては再び世界一に輝く可能性は高いと思います。後は監督次第ですよね。
そんな意味でも多くの選手から信頼・尊敬される監督が必要です。

そんな意味では、やはり王監督というのは別格の監督だったと言えるでしょうね。
星野監督も阪神タイガースを甦らせた素晴らしい監督ですが、その星野監督を持ってしても王監督には及ばない訳です。

WBCの監督が誰になるのか、心配ではありますが、選手達が納得する監督で決ってほしいと思います。
そして再び世界一に輝いて欲しいと思います。
その前に日本シリーズですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月24日

マスコミの誘導報道

「ホテルのバーは安い」という麻生総理の発言が問題視されているみたいですね。
庶民の感覚とかけ離れていると言う事で、マスコミが騒ぎ立てているようです。
確かにホテルのバーは安くなんかないと思います。
少なくとも私たち一般人にとっては、軽々しく行けるような場所では無いですね。

しかし、そんなに騒ぎ立てるほどの事でしょうか?
一国の総理が自分のお金で飲み食いしているのだから、それを問題として取り扱う必要なんて無いと思います。
それよりも税金のむだ遣いをしている方が、よっぽど問題視すべきですよ。
私から言わせると、そんなことを騒ぎ立てるマスコミの方が、庶民の感覚とかけ離れていると思います。

どうも「早く解散させよう」とか、「総理のマイナス点を引きだそう」とか、そんな誘導報道に思えて仕方ないんですよね。
マスコミが国の方針を決める訳ではありません。
解散は総理大臣にしか決定権が無いのですから、総理が判断するまで待つのが当然でしょう。
どうもマスコミは自分たちで情報を作ってそこに誘導したがる傾向にあります。
これは政治に限った事ではなく、今問題になっている相撲の八百長にしても、芸能界の様々な情報にしても、マスコミ自身が事実を作り上げていこうとしている気がします。
これってとても危険な事ですよね。

橋本府知事が朝日新聞を批判しましたが、これも同様の事が言えると思います。
これまでも当時の鳩山法務大臣を死神呼ばわりしたり、ダライラマ法皇を皮肉った川柳を掲載したり、とても報道とは呼べないものです。
報道って本来はありのままの状態で、私たちに届けられるべき物です。
しかし今のマスコミは、生の情報を自分たちの好みの味付けにして、私たちに届けています。
これでは真実が見えてきません。

麻生総理のホテルバー通いの事など、私たちは別に知りたいとも思いません。
それよりも麻生総理がどのような考えを持っているのか?そこが一番知りたいところです。
経済問題・環境問題・外交姿勢・拉致問題・食の安全・教育問題・医療問題etc。
どのように考え、どのように対応しようとしているのか。そこが知りたいのです。
麻生総理が晩に何食べていようが、何飲んでいようが、それは個人の自由じゃないですか。
そんな事を議論に出すマスコミの方が、私はおかしいと思います。
「麻生総理はこんな贅沢な食生活しているから、庶民の感覚は解りません。そんな総理に任せられますか?」とでも言いたいのでしょうか?
これこそマスコミの誘導だと思うのですが。

皆さん、マスコミの報道は話半分で見聞きしましょう。
私たちは自分の目で見て、耳で聞いて、そして自分の頭で考えましょう。
味付けされたマスコミの報道を鵜呑みにして、それが真実だと思い込んではいけません。
マスコミの皆さんも、本来の自分たちの使命を、もう一度原点に戻って考えて欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年10月23日

寝たふりは危険(笑)

気がつくと10月ももう後半です。
やばい年賀状が・・・・・・・・・・(T_T)
何かと忙しくて、なかなか年賀状に本腰を入れることが出来ません。
せめて夜、皆が寝静まってから考えようと思うのですが、最近娘がなかなか寝ません。
これまでなら9時半〜10時くらいの間に、気がつくと「寝ていた」ということが多かったのですが、最近は親が寝るまで寝ません。
さらに寝ようとベッドに入っても、なかなか寝ついてくれません。

おまけに私と嫁さんと両方いないと寝ようとせず、私が一人で部屋にいるとベッドを抜け出し、私と一緒に遊ぼうとするのです。
仕方ないので私も一緒にベッドに潜り込み、寝ているふりをして娘を寝かしつけるのですが、そのまま眠りに巻き込まれる事がしばしば(^^;)

息子の時もそうでしたが、なかなか寝ついてくれなくて、一緒に寝てしまう事って多かった気がします。
わざと寝息を粗くして「お父さんは寝ているんだぞ!!」と演技しながら、演技が本物になって寝てしまうパターンでした。
途中で目が覚めるのですが、もうすっかり深夜だったりすると、その時間から起きて作業なんてできません。
これからしばらく娘とも、そんな駆け引きが始まるのでしょうね(笑)

本当は9時くらいにはベッドに入って、子どもを寝かしつけてから、それから自分の時間を有効に使えたらいいのですが、どうしても共働きだと晩ご飯が遅くなります。
お風呂に入って、晩ご飯を食べて、次の日の準備をして・・・・等とやっていると、10時をとっくに過ぎてしまいます。

本当は午後10時から12時くらいにかけてが、一番アイデアや構想が沸きやすい時間帯なので、この時間に集中して創作や勉強が出来れば良いんですけどね。
周りも静かだし、集中しやすいのですが、娘が寝ない事には無理です(笑)

しばらく娘には「寝たふり作戦」で対向してみたいと思います。
自爆する確率が高いのですが、そこは自分の意志を強くもって、眠らないように頑張りたいと思います(笑)
娘よ〜早く寝てくれ〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月22日

息子の授業参観日

今日は息子の授業参観日でした。
前回は嫁さんが仕事休んで行けましたが、今回は休みは取れなかったので、いつも通り!?私が行きました(笑)

実は息子の学校は、校舎が古くなっていたので新校舎を建てていて、つい先日新しい校舎に引っ越したばかりでした。
ですので私も初めて新しい校舎に足を踏み入れました。
作りはやはり学校ですが、ドアの部分がオシャレに出来ていたり、教室に扇風機が付いていたり暖房もついているようで、これまでの校舎とは比べ物にならないくらい快適そうな教室でした。

しかし子どもたちは何も変わっていませんでした(笑)
元気いっぱいに授業を受けていましたが、それでも親が来ているので、いつもよりはおとなしい方だったようです。
息子も私の方を時々見ては、授業を受けていました。
やはり親の目が気になるのでしょうね。

息子の行動を見ていると、やはり私の子どもだなぁ〜と強く思います。
顔は私とは似ていませんが、性格はやはり私に似ている気がします。
集団の中で目立つ事が好きでは無いのですが、自分の主張はしっかりとしたいタイプ。
息子もそんなタイプだと思います。

そして親に認めて欲しいという思いが強いように思います。
今の息子を見ていると、私の子どもの頃を見ているような気持ちになるのです。
しかし、私は自分が息子くらいの時に、授業参観に親が来た時の事を全く覚えていません。
何故なんでしょうね?本当に記憶が無いのです。
もしかして授業参観に来ていなかったのでしょうか?
それなら逆に悲しい記憶として残っているハズなので、授業参観には来ていたと思います。

しかし本当に記憶が無いんですよね(^^;)
私の記憶の中では、授業参観がそんなに重要な物では無かったのでしょうか。
もしかしたら息子も、こうやって毎回私が授業参観に来ている事を、大人になった頃には忘れているのかも知れませんね。
「え〜お父さん授業参観なんか来てたっけ?」等と言われそうな気がします。

そもそも周りはお母さんばかりですからね(笑)
でも、今日はお父さんも2人ほど来ていたので、少し気が楽でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月21日

交通マナー以前の問題

「ひき逃げ」

嫌な言葉ですね。
交通事故で人を引いてそのまま逃げ去ってしまう行為。
ビックリして怖くなって逃げてしまうのが殆どなのでしょう。
人間パニックになると判断がつかなくなってしまいます。

しかし、最近ひき逃げでも悪質なひき逃げが多い。
先日は幼児の男の子を自転車ごとひいて、300m引きづりそのまま逃げた男が逮捕されました。
男の子は一命はとりとめたものの、重体をおってしまいました。

そして今日のニュースでは、大阪でサラリーマンが車にひかれ、3kmもの距離を引きずられて死亡してしまいました。
道路には引きずられた血の跡が残り、死亡したサラリーマンの男性は見るに耐えない姿に変わり果ててしまったようです。
そして引きずった跡には、蛇行した形跡があり、明らかに振り払おうとした形跡があるようです。

人をはねてしまったショックとパニックで逃げたのなら、まだ分からないでもありません。
ひき逃げ自体が決して許される行為ではありませんが、もし私が人をはねてしまったら、逃げないか?と自問しても絶対に逃げないと言い切れないと思うので、あえてそう書きました。
自分の身に振り掛かってみないと分からない。想像も出来ません。

しかし、3km引きずるって、どう考えても異常です。
気づいていない訳でなく、明らかに気づいていて振り払おうとすらしています。
3kmもの間に、冷静になって車を止める事は出来なかったのでしょうか。
おそらく引いた直後であれば、命は助かっていたと思います。

最近、車の運転でも自転車や歩行者の行動でも、見ていてヒヤッとする事がとても多い気がします。
交差点で減速もしないで右折・左折していく車。
最初から歩行者はいないものと思っているのでしょうか?

自転車や歩行者に対しても同様の事が言えます。
完全に車が止まってくれるものと思い込んでいる気がします。
平気で車の前を横切って行ったり、赤信号でも構わず横断歩道を渡ったり。
中には一旦停止もせずに、突然見通しの悪い路地から幹線道路に飛び出し、そのまま駆け抜けて行く自転車もあり、開いた口がふさがらない事もしばしば。

そして多いのがケータイを見ながら自転車を運転している人。
これは本当に危ないです。歩行者ともぶつかりそうになるし、絶対に回りが見えていません。
時々車を運転しながらケータイ見ている人も見かけます。
こういう人達ってケータイメール依存症なのでしょうか?

交通事故は誰にでも起り得る、最も身近な事故です。
そして誰しもが、加害者・被害者どちらにもなり得るのです。
「まさか自分がそんな目に遭うハズは無い」
誰でもそう思う事でしょう。私も自分が事故に遭うとは思っていません。
でも、「事故に遭うかも知れない」という気持ちを、常に持って運転するのとそうでないのとでは、自ずと運転が違ってきます。

今回のひき逃げは異常ですが、自分自身の身に起こり得ることとして考えなくてはいけません。
誰の身にも起り得る事として、皆が注意すれば交通事故は減っていくはずです。
「自分には起らない」と過信した気持ちが交通事故を引き起こすのだと思います。
皆さん、注意し過ぎると言う事は無いと思うので、慎重の上にも慎重に運転しましょう。

そして今回の大阪の引き逃げ犯は、殺人犯として捕まえて頂きたいと思います。
ひき逃げの検挙率は非常に高いので、犯人が捕まるのは時間の問題だと思います。
絶対に許せない行為です。

安全運転、今一度心がけましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年10月20日

娘の歌

娘の多弁さがパワーアップしてきています。
今日は一日、娘に振り回されていた嫁さんでした。

嫁さんが休みの日は、娘も基本的に託児所をお休みします。
嫁さんとしては、休みの日に集中的に家事をやりたいところですが、娘はそんな事おかまいなし。
洗濯物を干している嫁さんに向かって、「お母さんちょっと来て〜」を連呼。
最初は「ハイハイ」と機嫌良く向かう嫁さんも、何度も何度も呼ばれるとさすがに「ちょっと待ってて」と言うしかありません。
しかし娘はそれさえも許さず、しまいには「もうお母さん早く来て〜」と連呼。
一日中振り回された嫁さんは、かなり疲れ切った様子でした。

私も娘が居る日は正直仕事の効率が著しく低下します。
側にやってきては「お父しゃん」と話かけてくるので、仕事に集中できません。
つい最近までは「トトロ観る」と言って、トトロを見せていればおとなしくしていましたが、今はそうはいきません。
トトロを観ながらその内容を私に語りかけてくるのです。
私が「そうだね〜」と適当に返事すると「お父しゃん見てよ〜」と怒りだすのです。

そんな娘に一日振り回された嫁さんと私でした。
しかし、それでも笑顔で話しかけられると、ついつい顔が緩んでしまうのはやっぱり親バカですね。
特に歌を唄っているのを聞いていると、ついつい笑ってしまいます。
何曲か覚えてきているようで、中でも「どんぐりころころ」は本人の中で流行のようです。

一緒になって「どんぐりころころどんぶりこ〜♪」と歌うのですが、一ヶ所だけ絶対に指摘しても直さない歌詞があるのです。
一番の歌詞の最後の部分に「ぼっちゃん一緒に遊びましょう♪」とありますが、「こっちゃん一緒に遊びましょう♪」と歌い、何度言い聞かせても「嫌違う!」と言って聞かないのです。
これにはちゃんと理由があるのです。
それは、託児所で一番の仲良しの女の子が「こっちゃん」なのです。
娘にとってはいつも「こっちゃん」と一緒に遊んでいるので、聞きなれない「ぼっちゃん」の言葉よりも、「こっちゃん」の方が合っているのでしょう。
実際、毎日こっちゃんと遊んでいるので、歌も「こっちゃん一緒に遊びましょう♪」の方が娘にしてみたら自然なのです。

いくら言っても直らないので、当分はこのままでいいかな〜と思っています(笑)
本人にとっては楽しく歌える事が一番良いと思うので、娘にとっては「どんぐりころころ」は「こっちゃん」と遊ぶ歌になって行く事でしょう。
その内気がついて自分から修正する事と思います。

他にも「げんこつ山のたぬきさん」や「むすんでひらいて」など、どんどん覚えて歌っています。
女の子って歌や踊りがやっぱり好きなんですね。
これからも色んな歌を覚え、時に間違いながら笑わせてくれる事でしょう。
大人になるまで「どんぐりころころ」の歌を「こっちゃん」と遊ぶ歌だと勘違いして育ったりして(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月19日

公園に行きましょう♪

今日も昨日と同じく、朝から秋晴れのすがすがしい一日でした。
午前中はいつも通りに剣道の練習に行き、帰ってくると嫁さんが夜勤から戻ってきてました。
そしてお弁当を作ってくれていました。
実は昨日から「天気が良かったらお弁当持って公園でも行こう」と話していたのです。

お弁当を持って途中で飲み物を買って、近くの天理ダム公園に行きました。
あまり遠いと行くのに時間がかかるし、奈良公園辺りだと駐車料金がかかるので、手っ取り早い所に決定しました。
天気も良いので家族連れが来ているかな?と思いましたが、誰もいません。
木々のざわめきと、時折聞える鳥のさえずりの中、美味しくお弁当を戴きました。

嫁さんは夜勤明けなので、もう眠気が襲ってきています。
食べたらすかさず横になって眠りに入りました。
私と息子はバドミントンをしていたのですが、娘も一緒にやりたがるので、途中からドングリ探しに周辺を散策することにしました。

本当は遊具でたっぷり遊ばそうと思って来たのですが、来てみてビックリ。
全ての遊具に黄色いテープが張りめぐされていて、使ってはいけない事になっていました。
息子が小さい時から何度も来ていて、息子も何度もこの遊具で遊んでいたのです。
それなのに、何で使用禁止なっているのか分かりません。

おそらくここの遊具で遊んだ子どもが、ケガをしたとかで、親が市に文句をつけたのではないでしょうか。
最近、公園の遊具がどんどん無くなっていく現状を見聞きした事がありますが、まさかここもそうなっていたなんて。
本当にショックです。
いつも思う事ですが、子どもは多少危なくても遊具で遊ばせてあげるべきです。
幼児はまだ危険なので、当然親が一緒にいて危ない時には手を差し伸べるべきです。

私の単なる想像なのですが、子どもがケガをした等と文句を言う親は、子どもから目を離していてケガをしているのではないかと思います。
幼い内は親が一緒になって遊んで、小学生くらいになれば、それなりの運動能力がついてくるので、親が手を差し伸べなくても遊べます。
そして一緒に遊ぶ中で、親が「ふざけたら危ない」とか「こうやって遊んだらいい」とか教えてあげれば良いのです。

081019-1.jpg
【使えなくなっていた遊具 後ろの遊具も全て使用不可になっていた】

ドングリを拾った後は、一旦シートを広げた場所に戻り、おやつを食べました。
嫁さんは気持ちよさそうにぐっすりと寝ています。
そしておやつを食べ終ったら、今度はキャッチボール開始。
娘はしばらくジュースを飲みながら眺めていましたが、やはり自分も遊びたくなったのでしょう。
私のところに走り寄ってきたので、キャッチボールを止め、再び娘と散策する事にしました。

しばらくすると嫁さんが目を覚まし、今度は嫁さんと息子がバドミントンを開始。
娘は再び自分も参加しているつもりで、バドミントンの羽を追っかけて、嫁さんのところと息子のところを何度も何度も往復していました(笑)
一通り遊んで帰ってきました。
子どもたちも満足出来たかは微妙ですが(遊具が使えなかったので)、それなりに楽しんでくれたようです。

081019-2.jpg
【ドングリ探しに夢中の娘】

081019-3.jpg

081019-4.jpg
【すっかり秋の彩りです】
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月18日

睡魔に取り憑かれて

眠い・・・・・・。
とにかく眠い・・・・・・・。
寝ても寝ても眠い・・・・・・・。









突然スミマセンm(__)m

季節の変わり目だからでしょうか?
最近身体がだるくて眠くて眠くてしかたがありません。
夜もそんなに遅くまで起きている訳ではないのですが、日中に眠くて仕事にならない事が多いのです。

あまりに眠いのでちょっと30分ほど仮眠をすることもしばしば。
しかしそれでも眠気は覚めません。
集中力が欠けているのかも知れませんね。
アニマル浜口さんみたいに、気合いでも入れますか。

気合いだ!気合いだ!気合いだ〜!!
おい!おい!おい〜!


でも眠いや(-.-;)

晩ご飯食べた後に、横になってテレビなんて観ていたら、あっというまに眠気に襲われて夢の中へと誘われてしまいます。
あのうたた寝の瞬間が気持ち良いのですが、そこで寝るタイミングを逃してしまうと、今度は目が覚めてしまって眠れなくなる事が多い。
そして夜更かししてしまい、次の日にまた眠くなる・・・という悪循環。

やはり規則正しい生活が必要なんですね。
寝ても寝ても身体のだるさは取れないし、逆に身体が重くなって行く気がします。
マッサージでも行きたい気分ですが、身体を動かしてリフレッシュすることが大切かも知れません。
最近息子とキャッチボールとかもしていないので、ちょっと身体を動かしてみようかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月17日

北の幸・南の幸

先日、嫁さんの実家北海道から大量に食料が送られてきました。
ラーメンや魚、いくらにジンギスカンなど、北の幸がどっさりと届き、それまでスカスカだった我が家の冷凍庫は、一気に北の幸で賑やかになりました。
その日の晩ご飯は、早速ジンギスカンを食べ、先日はラーメンを食べました。
やっぱり美味しいですね〜。

と、喜んでいたところに、今日になって今度は私の実家奄美から大量に食料が送られてきました。
豚骨や貝、ジュースに野菜など、南の幸がどっさりと届き、賑やかだった冷凍庫に入りきれない状態になってしまいました。
冷凍庫に入っていて、冷蔵庫でもよさそうな物は全て移しましたが、それでも入りきれません。
届いた物で冷蔵庫でも良さそうな物を冷蔵庫に入れ、ようやく収まりましたが冷凍庫はパンク寸前です。

数日前までスカスカだった冷凍庫が、一気に北と南の幸で満タン状態になりました。
嬉しいですね。両方の実家にただただ感謝感謝です。
当分我が家の食卓は、北と南の幸が続く事だと思います。

本日の晩ご飯は早速南の幸を戴きました。
私は今夜は学童の話し合いで居なかったので、家族には先に晩ご飯を済ませてもらいました。
夜遅くに帰ってきてから残りの晩ご飯を食べました。
その中に巻き貝があったのですが、もう残り僅か、娘が貝好きなので沢山食べたようです。

私が帰って来た時も、まだ子どもたちは起きていて、娘は私が食べている所にやってきて、またもや貝を食べ始めました。
巻き貝なので楊枝で身を引きださなくてはいけません。
当然娘には出来ないので、ご飯食べている私に「食べる〜」と言って、貝を出すように催促してきます。
本当に貝好きです。息子はそうでも無いのですが、兄妹でも好みは違うのですね。

美味しい南の幸を戴きながら、黒糖焼酎を呑みました。
やはり奄美の食べ物には、奄美の黒糖焼酎です。
北の幸、南の幸、両方戴けるなんて、やはり我が家は恵まれていますね。
さぁ明日は何を食べようかな、
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月16日

新しい経済の時代を

世界の経済が揺れています。
株が暴落したと思ったら一気に反発して、そして再び暴落。
私は株はやっていないので、あまりピンときませんが投資家にしてみたら、買いか売りかそのタイミングは?と気が気でない事でしょう。

戦後日本は経済成長を遂げ、アメリカやヨーロッパと肩を並べる程の世界の経済大国になりました。
私たちの生活は豊かになり、恵まれた環境で育ってきたと、私自身思っています。
しかし、経済成長すればするほど、人間の欲という物は高まる一方だと思います。
いくら恵まれた環境になっても、さらに欲が高まり、もっともっと・・・・と求めていくのが人間の性なのかも知れません。

確かに向上心は必要なのですが、向上心と欲とは基本的に違いますよね。
私たちの暮らしは楽ではありませんが、世界を見渡せば、本当に恵まれた暮らしだと思います。
日本の経済は、そして世界の経済は完全に行き詰まっているのではないでしょうか。
これまでの資本主義の経済では、もう成長はしていかないのだと思います。

今の恵まれた環境の中で、さらに自分の欲を満たすものを求めるのでは無く、恵まれているという事をしっかりと認識し、さらに自分が満たされるには何が必要なのかを探らなければいけません。
人によってそれは違う事でしょう。人間関係であったり、家族であったり、仕事であったり、趣味であったり。
これからの自分を、人間としてどう成長させていくのか。そのために必要な事にお金をかけていく時代だと思います。

これまでのように、大量の物が出回り、大量の食料が出回り、それを大量に消費して大量に破棄していく時代は完全に終っています。
私たち日本人は、もったいない精神を取り戻し、物が大量に溢れる豊かさでは無く、心の豊かな生活を送る事が大切になってくる時代だと思います。
エコライフを送りながら人生を楽しめたら良いですね。
お金が無い貧乏人のつぶやきでした(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年10月15日

中国産冷凍食品の恐怖再び

また中国産の冷凍食品で、殺虫剤入りの物が見つかりました。
冷凍のインゲンを食べた主婦が、異変に気づき農薬入りのインゲンである事が分かりました。
今年始めの毒ギョウザの問題も、まだ原因が明らかになっていないところに、またもや殺虫剤入りの冷凍食品の登場です。
これはもう明らかに残留農薬等ではありません。

我が家では毒ギョウザ問題が起きる前から、極力中国産は買わないようにしていました。
そして毒ギョウザ問題が起きてからは、絶対に中国産食品は買わないようにしています。
いくら安くても、さすがに我がの、そして何より子どもたちの健康や生命を脅かすリスクを背負ってまでは買いたくありません。
オーバーな言い方かも知れませんが、これはもう事故ではなく完全な事件です。
明らかに食品テロなのです。

しかし絶対に中国産食品が口に入っていないという保証はありません。
スーパーで売っている食材は、原産国を確認できますが、これも100%信用できるとは言い切れません。
現に原産国を偽ったウナギなど、本当に沢山の産地偽装が行われています。
それに、外食をした場合には、食材の原産国までは分かりません。
同様にコンビニのお弁当や、お弁当屋さんの食材も、きっと中国産が入っていると思います。

100%中国産を排除する事は不可能だと思いますが、明らかに目に見える物は排除しています。
多少高くても国産の物を買うようにしています。
自給率のアップに少しでも貢献しないとね(笑)

しかし、驚いたのは、あの毒ギョウザ事件で中国産の輸入が減ったのに、また元に戻っているようです。
喉元過ぎれば熱さ忘れるとは良く言ったもので、皆安さと便利さに魅かれて、また中国産を買うようになっていたのですね。
しかし、立て続けに起きている中国産の食品問題で、今後中国産離れが起きる事は確かです。
そしてようやく食品メーカーも生産体制を考え直すところが出てきているようです。
消費者は安さよりも安全を求めているのです。

きっと中国側は今回のインゲンの問題も、ギョウザの時と同じように、「中国国内での安全管理は万全だ。日本で混入された可能性が高い。」と言い切るのでしょうね。
中国共産党の言う事は、もう何も信用できなくなってきています。
日本の政府も厳しく追及してほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年10月14日

新作「Snow Candle Light」「スターダストキャロル」

新作のお知らせです。
早いもので、もう10月の半ばになりました。
そろそろクリスマスグッズが売られ始めていますね。
私のイラストもクリスマスのイラスト2点です。

まずは1作目「Snow Candle Light」
081014-1.jpg

【Snow Candle Light】
クリスマスの夜。
雪の積もった森の中でスノーキャンドルに火が灯されました。
寒い森の中が灯火の揺らめきで暖く感じます。
ウサギの親子もキャンドルを眺めながらクリスマスを祝っているのでしょうか。
やわらかなキャンドルの光に聖夜は更けていきます。

あったかい雰囲気のイラストにしたくて、パステル調を意識して描いてみました。
キャンドルの炎って、とてもやわらかくて暖いイメージがしますよね。
大きな大きなキャンドルを灯したら、きっと森の中も暖くなるのではないかな〜。
こんな大きなキャンドルを灯してみたいものですね。

次は2作目「スターダストキャロル」です。
081014-2.jpg

【スターダストキャロル】
厳しい寒さの北極の空を、オーロラの光のカーテンが彩ります。
煌めく星たちは夜空に大きなクリスマスツリーを映し出しました。
極寒の大地を生き抜くホッキョクグマの親子へのプレゼントなのでしょうか。
澄みきった夜空にオーロラと星屑のクリスマスキャロルが響き渡っています。

1作目とは違い、凛とした痛いほどの空気の中をイメージして描きました。
極寒の地にオーロラと星屑が演出するクリスマス。
寒いからこそ美しいオーロラや、煌めく星屑が神秘的で暖さすら感じるような気がします。
そんな雰囲気を出してみたくて描いてみたのですが、いかがでしょうか。

イラストに関する感想など頂けると嬉しいです。
次はPOSTCARDの準備をしなくてはいけませんね。
10日程したらPOSTCARDとして販売できると思いますので、ご希望の方はisland Shopページを覗いて下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ

2008年10月13日

勉強し直しだ(^^;)

先日、仕事で使っているアプリケーションをバージョンアップしましたが、徐々に使っていく内にかなり変更点がある事がわかってきました。
これはかなり勉強し直さないといけなくなりそうです(^^;)
illustratorやPhotoshopに関しては、基本は分かっているのでまだ大丈夫ですが、問題はFlashですね。
Flashも基本は分かっているのですが、ActionScriptが大幅に変わっています。
これはさすがに教科書が必要です。

そんなわけで本屋さんに行ってActionScriptの本を買ってきました。
これを見ている人は何の話しかチンプンカンプンという人も多いかと思います。
ちょっと簡単に説明しますね。(私もそんなに詳しいわけではありませんが)

よくホームページで動的なコンテンツを見かけると思います。
トップページで簡単なアニメーションが再生されたり、イラストの部分をクリックして動かす事が出来たり、最近のホームページでは多いと思います。
この手の作業はすべてFlashで作られているのです。
またホームページのゲームもFlashで作られています。

特にゲームに関しては先程のActionScriptの知識が必須条件になってきます。
この部分をクリックすると色が変わるとか、イラストが変わるとか、ここで動きをストップするとか、動きに対する指示を行うのです。
このActionScriptを把握しないとFlashの使い道は半減すると言っても過言ではありません。
以前使っていたバージョンでも、ActionScriptを完全には理解できていなかったのですが、それなりに使ってはいました。
しかし、今回のバージョンからActionScriptの内容が大幅に変わり、以前の知識は全く通用しない状態です。

本屋さんで数あるFlashの参考本を見て回り、Flashの基本的な動きの本とActionScriptの本と、2種類購入してきました。
しかし、この手の本って結構な値段するんですよね〜。
ちょっと痛い出費でしたが、勉強のためには仕方有りませんね。
頑張って勉強して出費分の知識は得たいと思います。

Flashを使いこなせるようになると、ゲームはもちろんですが、ケータイのコンテンツも作れたりするので、本当にいろいろと利用範囲が増えます。
一気に使いこなせるようにはなれないと思いますが、少しずつ勉強していきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事

2008年10月12日

お散歩日和の日曜日

今日は朝から秋晴れのすがすがしい日曜日でした。
息子はいつもなら剣道の練習があるのですが、今日は試合があるため練習はお休み。
今日の試合は、道場から数名が選抜で参加する本格的な試合で、初心者の息子はお休みという事になったのです。

息子は朝から友達と遊びに出かけ、娘は自分も遊びに行きたくて、出かけていったお兄ちゃんを追って、玄関先で泣いていました。
お母ちゃんは部屋のお掃除をしていて構ってくれないし、完全にダダこね状態の娘でしたので、私が散歩に連れていくことにしました。

家の近くを歩いて回りながら、間も無く収穫のお米を見たりしていました。
娘に「みてごらんお米だよ」と言うと、分かったのか分からないのか定かではありませんが、「お米お米」と喜びながら稲穂を触っていました。
その後も散歩を楽しもうと歩き出しましたが、途中で「抱っこ抱っこ」と甘えてきたので、「お散歩は歩くものだよ〜」と言い聞かせながら、何とか家まで戻ってきました。

しかし、家に戻ってきても、やはりまた外に行きたいようで、今度はお母さんを誘いだそうと必死の娘。
玄関で自分で靴を履いて、「おかあさん、おさんぽよ」と何度も叫んでいました。
しかしお母さんはまだまだ掃除の途中です。
仕方ないので再び私が散歩に行く事にしました。

しかし、同じコースで歩いても、絶対に途中で抱っこを求められるのは明白。
そこで今度は公園に行く事にしました。
距離にして100〜150mほどの場所ですが、その間でもやはり抱っこを求めてきました。
「公園に行ったらブランコあるよ」とブランコで誘うと、今度は頑張って歩き出しました。
公園に着くと誰もいなくて、ブランコもすべり台も使い放題。
すべり台で滑って、ブランコで遊んで帰ってきました。

秋晴れの日曜日。
おしゃべりな娘と会話を交わしながら、お散歩三昧の日曜日でした。
こうやってお父さんとお散歩するのも今の内だけでしょうね。
あっという間に大きくなって、お父さんの事など見向きもしなくなるのでしょう(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月11日

真相は闇の中へ

突然飛び込んできたニュースにビックリしました。
ロス疑惑の三浦和義容疑者が、ロスで自殺したというニュース。
サイパンからロスに移送された直後の自殺。
何が自殺の原因だったのか?
そして何より罪に問われるべき人間だったのか否か。
全ては謎に包まれたまま終ってしまいました。

ロス疑惑の頃は、私はまだ学生で、世間で騒いでいる事が理解できていませんでした。
ただ「三浦和義」という名前だけは脳裏に刻まれ、後にサッカーで有名になった「三浦知良」が出てきた時に、「同じ名前だ」と驚いたものです。

日本では無罪が確定していますが、この判決も無罪になる証拠が揃っていた訳でなく、有罪となる証拠が十分で無いという判決だったようです。
どこまでもクロに近い無罪と言えるのではないでしょうか。

これは私の個人的な見方なので、「そうは思わない」と思う方もおられると思います。
私はどうしても三浦和義容疑者が、事件に関与していないとは思えないのです。
あれだけ世間が注目した事件の当事者が、その後テレビに出てきたり出来るものでしょうか?
普通なら愛する者を亡くし、自分にその疑いがかけられたら、身も心もボロボロになって、メディアに出てくるなんて出来ないと思います。

そして一年ほど前に、たまたまテレビで見た三浦和義容疑者の姿を見て、さらにその思いは強くなりました。
三浦和義容疑者が自宅近くのコンビニで万引きをしている様子が、防犯カメラに写っていて警察に通報されたニュースでした。
これまでにも何度か万引きで捕まっているようで、常習犯だったようです。

万引きくらい・・・と思う方もおられるかもしれませんが、万引きは犯罪者の入り口です。
それをやっている人間が、真当な事を口にしているとは、なかなか思えないのです。
まだ10代の若者ならまだしも、もういい歳したおじいさんと言ってもいい年齢です。
この件もあり、「三浦和義という人物は信じられない」というのが、私の思いです。

しかし、違う見方をすれば、長い裁判でようやく疑いが晴れていたのに、思いも寄らぬアメリカ警察の逮捕で、疲れ切ってしまったという事も考えられなくは無いです。
ただ、この場合はこの三浦和義という人物の人間性とは一致しない気がします。
それなら何故、ロスに行く前に自殺しなかったのか?
わざわざ事件の舞台であるロスに来てから自殺したのか。

まるでロスで始まった謎の事件を、当事者の自殺によってロスで終らせようとしたドラマのように思えます。
そして移送時にかぶっていた、謎めいた文字の入った帽子も、今回の自殺を臭わせていたのかも知れませんね。
自ら何かを演出してきた人のような気がします。
三浦和義容疑者にとっては、全てが自らの演出だったのではいかとさえ感じてしまいます。

真相は永遠に闇の中なのでしょうが、これから色々と問われる事が多いのは事実です。
まず、何故自殺させてしまったのか。
収容所では自殺を防止するために、自殺に使われそうな物は持ち込ませないハズ。
この件に関しては問われるでしょうね。
そして、日本で無罪判決で、何故アメリカでは逮捕ができたのか。
いろいろと問題定義が巻き起こるかも知れません。

最後になりましたが、三浦和義氏の御冥福をお祈り致します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月10日

一気にバージョンアップ

人は好奇心を無くした時に成長をしなくなるのかも知れませんね。

突然何の事?とお思いになるかと思います(笑)
ちょっと仕事に関係する話なのですが、私が仕事で使っているアプリケーションの事なのです。

以前にもつぶやいているので、ご存知の方もおられると思います。
私が仕事で主に使っているのは、adobeのillustrator・Photoshop。
Webに関してはMacromediaのDreamweaver・Fireworks・Flash等です。
しかし、バージョンがもう5年くらい古いバージョンのままなのです。

この5年の間に、adobeがMacromedeiaを買収し、全てのアプリケーションがadobe製になりました。
アプリケーションもどんどんバージョンアップし、私は古いアプリケーションのまま仕事をしていました。
特に問題も無く、不便に感じることも無く、このまま古いバージョンでも特に問題は無かったのですが、バージョンアップしておかないと次のバージョンが出た時点で、今使っているバージョンからのバージョンアップが出来なくなってしまうのです。

仕事で使う道具である以上、やはり常に最新の物を使える状態にしておきたいのは、この仕事をしている者、同じ考えだと思います。
しかしバージョンアップ料金も結構な値段です。
そのため二の足を踏んでいたのですが、バージョンアップ期限が今月いっぱいと言う事で、ついに決断してバージョンアップしました。

インストールしてみて、パッと見た感じは、特に劇的に変化した感じはありません。
しかし、細かい部分でいろんな機能が加わり、そして何よりアプリケーション間での連携が強くなっています。
私が使っていたバージョンでは、まだadobeとMacromedeiaが一つになる前のバージョンなので、アプリケーション間の互換が全くと言って良いほどありません。
illustratorで作ったコンテンツをFlashに貼り付ける。という作業一つにしても、一筋縄ではいかなかったのです。

illustrator・Photoshopに関しては、常に使っているアプリケーションなので、すぐに慣れると思いますが、Dreamwaver・Fireworks・Flashに関しては、あまり使わないので、また一から勉強し直しですね。
特にFlashは本当に忘れてしまっています。特にアクションが完全に分からなくなっています。

色々と触ってみて、分からない部分が多々有るのですが、これは逆にとても興味の湧く部分でもあり、「何か凄い事ができるのでは・・・」と好奇心をかき立てられています。
全てのアプリケーションを理解し、全ての機能を理解するのは不可能に近いですが、実施に仕事で使う部分から徐々に理解度を高めていきたいと思います。
Flashの方も、もう一度力を入れてゲームの一つでも作れるようになりたいと思います。

今回illustratorの機能で便利な機能があったので、一つ紹介しておきますね。
通常色を変更する場合は、その色の部分を選択して、カラーパレットで変更しなくてはいけないのですが、「ライブカラー」という機能を使うと、沢山の色を簡単に変更することが出来ます。
複雑な色を使う場合や、グラデーションの色の変更に力を発揮します。
私のようにillustratorで細かいイラストを制作している者にとっては、色を自由に操れるのは本当に素晴らしい機能です。

081010-1.jpg
【ライブカラーパレットを開きオレンジの部分を変更する】

081010-2.jpg
【オレンジの部分を赤色に変更しました】

081010-3.jpg
【今まではカラーパレットで一つ一つ変更していた】
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事

2008年10月09日

暑い一日、そして野球も熱い

思わずクーラー入れようか・・・・とすら思ってしまった。
今日は本当に暑い一日でした。
お天気が良かった事もありましたが、気温がぐんぐん上がり、汗ばむような気温に。
突然涼しくなって、慌てて長袖を着だしたのですが、今度はこの暑さ。
今日は朝から長袖でしたが、あまりの暑さに途中で脱いで、それでも暑くてサーキュレーター回していました。
本当に暑くてクーラー入れたくなるくらいの暑さでした。

部屋が暑くなると、PowerMacG5のファンが唸るのですが、今日は「真夏か!?」と思うくらいの勢いで唸っていましたね。
それだけ部屋の温度が上がっているということなんですね。

2階で仕事をしているのですが、時々1階に降りるとそれほど暑くなかったりします。
そして再び階段を登り、2階に着いたとたんにムッとする暑さが体中を包むのです。
家の1階と2階だけでこんなにも温度が違うのですね。
やはり熱い空気が2階に溜るのでしょうね。

熱いと言えば、今プロ野球も熱い戦いが繰り広げられていますね。
ちょっと強引な話題の引っ張り方ですが、セリーグのリーグ優勝争いで、巨人と阪神が熾烈な戦いを繰り広げています。
今年は阪神の優勝で決り!!と誰もが信じて疑っていなかったと思うのですが、最大13ゲーム差をひっくり返して、ついに昨日巨人が単独首位に立ちました。

いや〜こんな事ってあるんですね。
今日の試合は巨人が横浜に負けたので、阪神と0.5ゲーム差となりました。
まだまだどっちが優勝するか分かりません。
阪神ファンとしては、残りの試合を全勝して優勝の望みを期待したいところでしょう。
巨人ファンとしても、ここまでの勢いで、残りの2試合を勝って優勝を決めたいところでしょう。
どっちが優勝しても歴史に残る優勝争いですね。

リーグ優勝が決れば、その後クライマックスシリーズを制したチームが、日本シリーズに進出して日本一を争います。
セリーグは巨人・阪神・中日のどちらか。
パリーグは西武・オリックス・日本ハムのどちらか。
どのチームが日本一になるんでしょうね。

そして来年3月にはWBCが待っています。
まだ監督が決っていませんが、前回の監督の王監督はユニフォームを脱いだし、やっぱり星野監督になるのでしょうか。
しかし、北京オリンピックでメダルを逃した事で、批評が多く本人もあまりやりたくないのではないでしょうか。
ここは日本一になったチームの監督に、WBC監督を任せるってのはどうでしょうかね。
でも、前回のWBCで世界一に輝いた日本チームだけに、監督の責任も重大なので、適当に決めるわけにもいかないでしょうね。

セリーグの優勝がどうなるのか。
日本一のチームがどこになるのか。
そしてWBCの監督が誰になるのか。
楽しみながら見守りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月08日

蒟蒻畑製造中止

TVCMでもよく流れていた「蒟蒻畑」の製造が中止になったらしいです。
この商品、私はあまり買った事はありませんが、咽に詰らせて窒息死する事故が相次いだ事から、一時製造中止になったとか。再開の目処は立っていないようです。
確かにこれまでも何度かそんなニュースを聞いた記憶があります。

しかし、製造中止にすれば全て解決なのでしょうか?
咽に詰らせてしまったのは、殆どが幼児かお年寄りのようです。
蒟蒻畑って結構大きくてゼリー状で、幼児が口にするには大き過ぎる食べ物です。
これをそのまま食べさせてしまう方にも、問題があるような気がします。

蒟蒻畑を口にして窒息死してしまった幼児には、本当に可愛そうなのですが、これをそのまま食べさせてしまう親には問題は無いのでしょうか?
親の知らないところで口にしてしまったのではどうしようも無いですが、これをそのまま1〜2歳の子どもに親が与えていたとしたら、親の責任は無いのでしょうか?
企業側にも商品改良の責任はあるとは思いますが、その前に親が判断することがまず基本だと思うのですが、そう思うのは私だけでしょうか?

全ての事に言える事だと思うのですが、何かトラブルが起きると、すぐに企業や団体等に責任を求める人が増えてきている気がします。
悪い言い方ですが「クレーマー」と呼ばれる人々が多くなってきている気がするのです。
確かにクレームとして企業や団体に伝える必要がある場合も多々あります。
しかし、その前に自分が注意すべき事で、それを棚に上げてクレームを言う人が多い気がしています。

その延長線上が最近話題の、モンスターペイジェントやモンスターペアレントなのでしょう。
自分の権利や主張ばかりで、相手の立場になって考えない人が増えてきているのでしょうね。
私も人の事を言えるような、そんな立派な人間ではありませんけどね。
でも、常に自分の行いや言動を、振り返って反省するようには心がけているつもりです。
自分自身も気づかない内に、モンスター化してしまう可能性は無いとは言えませんからね。

いつも思う事ですが、これってやっぱり日本人の心が失われてきた結果なんですよね。
道徳心や謙虚な心、人を敬う心が捨て去られて、利益と権利ばかりを追い求めた結果なんだと思います。
やはり戦後の教育に問題の一因があった気がするなぁ〜。
蒟蒻畑の改良も必要ですが、我々日本人の心の改良も、もっと必要ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(6) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年10月07日

泣ける歌

思わず見てしまった。新しく始まった番組「誰も知らない泣ける歌」。
司会が西田敏行とクリームシチューの上田という、異色の組み合わせですが、西田敏行と言えばあまりにも涙腺が弱い事で有名。
何と言っても、あの探偵ナイトスクープでも涙を流す程です。
確かに感動するネタもありますが、「こんなんで泣くんかい」って思わずツッコミ入れたくなるほどの泣きっぷりです。

今日の「誰も知らない泣ける歌」でも、やはり予想通り泣きっぱなし。
でも、確かに胸にぐっと来る歌は多かったですね。
歌詞が良い事もありますが、その歌の生まれた経緯や背景に思わず涙するのでしょうね。

今日紹介された曲は、2曲は知っていて1曲はラジオで聴いた事がありました。後は全然知らない曲でした。
「糸」は結構有名な曲なので知っている人は多かったでしょうね。
私はやはりオリジナルの中島みゆきさんの糸が好きです。

歌って心に残るものですよね。
今でも中学時代に流行っていた曲を聴くと、中学時代の頃の記憶が蘇ってくるし、高校時代・社会人とそれぞれの時代の曲を聴くと、その頃の記憶が蘇ります。

しかし、ふと思ったのですが、この番組「誰も知らない泣ける歌」となっていますが、そんなに沢山の泣ける歌があるのでしょうか?
誰も知らない・・・とタイトルに入れている以上、ヒット曲は出せないので、曲を探すのに苦労しそうな気がするのですが。
でも、きっと探せばいろいろあるのでしょうね。

私の予想ではしばらく番組が続いたところで、「誰も知らない泣ける歌:ベスト盤」みたいなCDが発売されるのでは・・・と思っています。
発売されたら絶対に売れるでしょうね。実際私も欲しいと思うし(笑)

来週はどんな泣ける歌が出てくるのか楽しみです。
ホームページでは泣ける歌の募集もあるみたいなので、私も応募してみようかなぁ〜。
でも、誰も知らないような泣ける歌が・・・・無い(泣)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画

2008年10月06日

娘もバナナダイエット!?

今、世間では「バナナダイエット」なるものが流行っている事を、皆さんはご存知ですか?
私もチラッと小耳に挟んだ事はありますが、詳細は知りません。
何でも朝食をバナナと水で済ませるらしいのですが・・・・要は「朝ご飯を食べる」という意味合いで、バナナが栄養価が高く手っ取り早いという事なのだと思います。

このバナナダイエットの影響で、バナナがバカ売れでスーパーにバナナが無い事がしばしばあるようですね。
日本人って本当にブームに乗りやすいと言うか、流行に左右されますね。

しかし、我が家の娘も流行に乗ったのか、突然バナナを食べ始めました。
たまたま買ってあったバナナを食べ始めると、「バナナバナナ」と言い、次々とバナナを食べ、あっという間に一房食べ終ってしまいました。
おまけに昨日は最後の一本を自分で食べて、その後夕方に寝て起きた後に「バナナが無い」と大泣きしました。
自分で食べておいて、まるで誰かがバナナを食べてしまったような大泣きです。

そして今日も朝から「バナナ」を連呼。
ちょうど牛乳も切れていたので、お昼ご飯を食べたらスーパーへ買い物に行く事にしました。
しかし心配なのがバナナがあるかどうか?
バナナダイエットの影響でバナナが売り切れていたら・・・想像しただけで恐ろしいです(笑)
きっと娘はバナナ売場の前で泣き崩れてしまうでしょう(^^;)

しかし私たちの心配は要らぬ心配で終りました。
バナナ売場にはちゃんとバナナがありました。
でも、いつもと比べると、若干バナナの量が少ない気がします。
やはりこれもバナナダイエットの影響なのでしょうか。

念願のバナナをゲットした娘は超ご機嫌。
帰ってきてから早速一本食べました。
ご飯はそんなに食べないのに、バナナ等のフルーツやケーキ等の甘いお菓子は、本当に美味しそうに食べる娘。
もっとしっかりご飯を食べてほしいのですが・・・・(^^;)

バナナは二房買って来ましたが、これが無くなるのも時間の問題でしょうね。
何せ娘だけでなく、息子も食べますからすぐに無くなると思います。
そうすると、また娘のバナナ騒動が始まるのでしょうか。
バナナダイエットが沈静化するのが先か、娘のバナナ騒動がおさまるのが先か、しばらく我が家からはバナナが消える日は無さそうです(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月05日

託児所運動会

今日は朝から秋雨の一日でした。
一週間、今日の日の天気を気にかけていたのですが、結局雨になってしまいました。
今日は娘の託児所の運動会だったのです。

天気予報では午前中は何とかもって、午後から雨が降り始める・・・みたいに言っていたので、大丈夫だと思っていたのですが、朝起きて雨が降っていてショックでした。
しかしショックに落ち込んばかりもいられません。
朝ご飯を作り、子どもたちに食べさせて準備をしなくてはいけません。

午前中だけなので、お弁当は要りませんが、お茶を用意しカメラ・ビデオを用意し車で出発です。
雨なので託児所では行わず、体育館で行う事になっていました。
娘はまだ小さいので、児童席には行かず、私と一緒に観客席で見学します。
そして出番の時に親子で入場門に集合するのです。

しかし、お母さんの姿がありません。
実は今日は夜勤で仕事が終り次第駆けつけることになっているのです。
最悪、お母さんが間に合わない場合は、私が娘と出て、息子にビデオかカメラをまかせるつもりでした。
でも、何とかお母さんが間に合って、娘はお母さんと一緒に競技を楽しんでいました。

息子の時と違い、全く動じず難なく競技を終らせました。
娘のクラスの競技は、親子で障害物をクリアして、段ボールのネコバスに乗り、途中のドングリの木からドングリをとり、そのドングリをトトロに食べさえてあげるのです。
もちろん全て先生方の手作りの段ボール製です(笑)

娘はネコバスに乗ってドングリの木からドングリをとる時に、観客席にいる私たちに気づきました。
すると右手を顔の所に持ってきて、数秒間静止していまいた。
これは私がカメラを向けていたので、ポーズをとっていたのだと思います。
息子の時にはこんな余裕など全く無く、途中で嫌がってしまう事の方が大きかっただけに、同じ兄妹でも違うものだなぁ〜と思いました。

娘の競技はこれだけでしたが、小学生のリレーがあり、託児所を卒園した小学生がリレーを行いました。
もちろん息子も友達と参加していました。
体育館なので思う存分に走れなかった感じですが、友達と一緒に楽しんでいました。

秋晴れの下・・・とはいきませんでしたが、子どもたちの可愛らしい競技を楽しませてもらいました。
来年は娘もかけっこの競技があることでしょう。
息子は比較的早い方でしたが、娘は・・・・ちょっと心配ですね(笑)

081005.jpg
【娘の競技のラストシーン】
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月04日

剣道漬けの一日

今日は一日剣道漬けの日でした。
まずは朝8時から、和爾下神社という神社に行き、奉納練習をすることを神様に報告。
そして小学校の体育館で練習を開始しました。

日頃の剣道の練習は、土曜日は町の体育館で行い、日曜日は大学の剣道場をお借りして行っています。
市内に二つある剣道教室は、土曜日は各場所で連絡していて、日曜日は大学で合同練習しているのです。
今日はもう一つの剣道教室の方にお邪魔して、合同で練習を行ったのでした。

息子はまだ基礎の段階で、防具を着けていないので、他の人とは別メニューになります。
二人で基礎の練習をしているのですが、この二人がいつも練習中にふざけています。
同じ年齢と言う事も有り、二人揃うとすぐにお喋り始めたり、何か遊び出したりします。
見かねた高校生くらいのお兄ちゃんが、二人を引っ張り出してきて練習をさせたり・・・ということは日常茶飯事です。

今日もそんな感じで練習をしていました。
そして今日は合同での練習ということで、最後にゲーム的な事もして楽しんでいました。
それは面の上に風船をくくりつけて、その風船を叩いて割るゲームです。
生徒だけでなく先生方も風船を付け、誰それ構わず一斉に叩き始めます。
息子はまだ防具を着けていないので、最初は遠巻きに見ていましたが、その内自分たちもその中に飛び込んで風船を叩いていました。

もちろん息子達は防具を着けていないので、風船も付けていません。
叩かれる心配も無いので、思う存分叩いていました(笑)
日頃は厳しい先生方も、この時ばかりは生徒達の集中攻撃から逃げまくり、結局袋だたきにされ風船を割られていました。
礼儀作法を重んじる剣道ですが、たまにはこうやって遊ぶのも楽しいものですね。

午前中いっぱいまで、練習からおまけの遊びまで行い、夕方5時からはまたいつもの場所でいつもの練習です。
息子にとっては午前中の4時間と、夕方の2時間、みっちりと剣道に使った一日でした。

息子の基本も、素人の私から見てもかなり型になってきています。
もしかするとそろそろ防具を着けさせてもらえるかも知れません。
最初は「息子の気まぐれ」だと思って始めさせた剣道ですが、自分から「やりたい」と言い始めただけあって、やはりやる気はあるようです。

心も体もしっかりと鍛えてもらえるよう、頑張って剣道続けてほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月03日

嬉しい事二つ

今日はちょっと嬉しい事が二つありました。
一つは娘がおトイレでオシッコ出来た事です。
以前から何度かトイレでオシッコ出来た事はありますが、最近はおトイレに行くのを嫌がる傾向にあり、トイレトレーニングはなかなか成功しません。

そんな中、少しでもトイレでオシッコ出来た事の御褒美が有れば・・・と思い、トイレ目標表を作りました。
トイレでオシッコやウンチが出来たら、御褒美としてスタンプを捺してあげる事にしたのです。
そのための表を作ってトイレに貼りました。

ただし単なる表だけじゃ寂しいので、娘のイラストを描いて、同じようにアンパンマンのオマルに座っているイラストにしたのです。
するとどうでしょう。イラストを見て同じようにアンパンマンオマルに座りました。
でもすぐに「出ない」と言ってオマルを降りようとする娘。
そこでお母さんが「オシッコ出来たらペッタンしてあげるよ」よ言うと、オマルに座り直ししばらくしてオシッコ出来たのです。

御褒美としてスタンプを捺してもらった娘。
もちろん私も嫁さんも娘も大喜びです。
その後も一度は出なかったものの、二回目はまたオシッコできていました。
ちょっとした工夫で子どもって興味を示して出来るようになるものですね。

081003.jpg
【娘のイラスト入りの目標表】

そしてもうひとつ嬉しかった事は、POSTCARDの注文が入ってきたことです。
実は一年半ほど続けた楽天ショップの方を閉めてからは、当然のごとく注文はありませんでした。
そんな中、私が奄美に帰省している間に、以前楽天で注文して頂いたお客様から「POATCARDを注文したいのですが」と留守番電話が入っていました。
この時は返事が遅れた事もあり、お詫びとして私の方からPOSTCARDを贈らせて頂きました。

そして注文して頂くお客様がいる事を、改めて認識し急いで注文用のページを作成しました。
今回はそのページから全く別のお客様がご注文して下さいました。
そしてコメントも送って下さり、そこには【「星空デコレーション」に出会ってから大ファンです。
これからも素敵な作品を楽しみにしております。】と記されていました。

本当に嬉しいですね。
現在数ヶ所で委託販売させて頂いていますが、なかなかお客様の声と言うのは私の元へは届きません。
POSTCARDが売れてくれる事ももちろん嬉しいのですが、こうやってメッセージが届くのはもっと嬉しいですね。
これからの作品創りのエネルギーになります。

嫌な事件や不安な世界情勢のニュースばかりが飛び込んでくる今日。
私の描くイラストを楽しみにして下さる方がおられると言う事が、本当に嬉しく感じた日でした。
娘のおトイレと同じように扱ってしまってはいけない事ですが、嬉しい事と言う事で合わせて紹介させて頂きました(^^;)
これからも娘のトイレトレーニングも、私のイラストも頑張っていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月02日

そろそろ年賀状考案を

10月に入りました。
もう今年も残すところあと3ヶ月になってしまいましたね。
本当にあっという間です。

これから年末に向けて、あっと言う間に時間が過ぎていく事でしょう。
とりわけ急がなくてはいけないのが「年賀状の制作」です。
個人の年賀状ではなく、年賀状のデザインサンプルを制作しなくてはいけません。
毎年「今年は早めに・・・」と思うのですが、結局この時期になってしまいます。

もうコンビニやスーパーでは年賀状の受付が始まり、書店には年賀状のサンプル本が置かれています。
これからサンプルを作っているようでは遅いのですが、私の場合は知人・友人が依頼する程度なので、この時期でもいいのです・・・が、本当はもっと早くにやっておくべきですね(^^;)

来年の干支は丑なので、牛をモチーフにしたデザインを多数考える予定です。
意外と牛って難しいんですよね。
何種類デザイン出来るか分かりませんが、頑張ってみたいと思います。

毎年年賀状の制作から印刷まで受けているのですが、今年はデータを提供できる方法も考えてみたいと思っています。
Word形式で文字を自由に打ち込めるデータにして販売できればなぁ〜と思っているのですが、果たして実現できるか。

あっという間に10月に入ったので、ボチボチ気合いを入れて年賀状作りを頑張ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年10月01日

ひとつの時代の幕が降りた

野球界の一つの時代に幕が降りた日でしたね。
清原選手の引退試合。多くのお客さんが京セラドームに足を運んだようです。
そして海外からは、あのイチロー選手も清原選手の最後の勇姿を見守るために駆けつけました。
期待されていたホームランは無かったものの、ツーベースヒットを放ち有終の美を飾りました。

PL学園でKKコンビとして、桑田投手と共に活躍した清原選手。
憧れの巨人には桑田投手が選ばれ、清原選手は西武ライオンズに入団しました。
そしてあの素晴らしい活躍を見せたのです。

私が印象に残っているのは、巨人vs西武の日本シリーズでのシーン。
西武が優勝に大手をかけ、9回ツーアウトまでこぎつけた時。
ファーストを守る清原選手が泣いているのを、カメラは見逃しませんでした。
そして解説者も「清原が泣いています」と解説。
この時は単に優勝が嬉しくて泣いているだと思っていましたが、後から巨人に入団したかった事実を知りました。
憧れの巨人に入団できなかった悔しさ、その巨人には最大の友人の桑田投手が選ばれた。
そして今、その巨人を倒して日本一になろうとしている。
複雑な思いの中で込み上げてきた涙だったのでしょね。

多くのファンに見守られ、最後のゲームを戦い抜いた清原選手。
最後はケガとの戦いで、思う存分プレーは出来なかったと思いますが、最後の最後までファンに見守られて戦い抜いた事は、本人にとってもとても幸せな事だったでしょう。
奇しくもソフトバンクの王監督も、今シーズン限りで監督を辞任します。
球場から偉大な選手、そして偉大な監督が、また一人消えていく寂しさ。
そんな事を感じた引退試合でした。

王監督に憧れて野球をしていた清原選手、そして清原選手に憧れていた野球少年が今、プロ野球界で活躍しています。
これからも日本の野球界を盛り上げていくために、球場の外から王監督も清原選手も応援して行く事でしょう。
偉大なる王監督、そして清原選手に「お疲れ様そしてありがとう」という言葉を、全国の人々が贈っていることと思います。

セリーグは阪神と巨人が優勝をかけて、デッドヒートを繰り広げています。
クライマックスシリーズそして日本シリーズと、これから盛り上がっていくプロ野球。
そして来年にはWBCが開催されます。
日本の野球界、ますます頑張ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記